Windows10 動作環境 : よくある質問・サポート情報

Windows 10のシステム要件

Windows 10は、Windows 7/8.1とほぼ同じシステム要件となっていますので、基本的には、Windows 7/8.1が動作しているデバイスであればWindows 10が動作します。

  32ビット版 64ビット版
プロセッサー 1 GHz 以上のプロセッサーまたはSoC
但し、PAE (物理アドレス拡張)、NX (XD)、SSE2 をサポートしていること *1.
メモリー 2GB以上 2GB以上
グラフィックカード WDDM 対応ドライバーが提供されている DirectX 9.0 以上の GPU *3
ストレージ容量 16GB 以上の空き容量 20GB以上の空き容量
ディスプレイ 画面解像度 1024 x 600以上 *2

*1. Pentium4/Athlon 64より前の多くの 32 ビットプロセッサでは、これらの機能をサポートしていない場合があります(Pentium4 では一部のモデルで非対応となっています)。
※ Socket 939版のAthlon64シリーズでは、32ビット版Windows 10のみの対応となります。
*2 タッチを使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているディスプレイが必要です。

特定の機能をご利用いただくための追加要件

  • Windows Helloを使用するには、Windows生体認証フレームワークをサポートする特殊なカメラ(顔認識または虹彩検出)や指紋リーダーが必要です。
  • クライアントHyper-Vを使用するには、第2レベルのアドレス変換 (SLAT) 機能が必要です。さらに、4GB以上のメモリーが推奨されます。(Windows 10 Proのみ)
  • Miracastを使用するには、WDDM 1.3をサポートするディスプレイアダプターと、Wi-Fi DirectをサポートするWi-Fiアダプターが必要です。
  • Wi-Fi Direct印刷を行うには、Wi-Fi DirectをサポートするWi-Fiアダプターと、Wi-Fi Direct印刷をサポートするプリンターが必要です。
  • BitLocker To Go には、USBフラッシュメモリが必要です (Windows 10 Pro のみ)。
  • BitLockerには、TPM 1.2、TPM 2.0、USBフラッシュメモリのいずれかが必要です。 (Windows 10 Pro のみ)
  • InstantGoはコネクトスタンバイに対応したパソコンでのみ機能します。
  • デバイスの暗号化には、InstantGoおよびTPM 2.0に対応するPCが必要です。

システム要件は、Windows 10が動作する最小限の要件になりますので、パソコン工房ではより快適に Windows 10をお使いいただくため、システム要件に余裕を持たせたうえで、比較的新しいハードウェアへの導入をおすすめいたします。

歴代 Windows のシステム要件の変遷

Windowsのバージョン プロセッサー メモリー容量 ストレージ容量
Windows 10 (2015) 1GHz 1GB 16GB
Windows 8 (2012) 1GHz 1GB 16GB
Windows 7 (2009) 1GHz 1GB 16GB
Windows Vista (2006) 1GHz 1GB 40GB
Windows XP (2001) 300MHz 128MB 2GB
Windows 2000 (1999) 100MHZ 64MB 1.5GB
Windows 95 (1995) i486 8MB 55MB

※パソコン工房調べ、Windows Vista 以降は、32ビット版のシステム要件を記載しています。

Windows Vistaまで世代ごとに上昇してきたシステム要件が、Windows Vistaを頂点として変化の少ないことがよく分かります。
Windows 10でも、システム要件的には、Windows 8/8.1に引続き、Windows 7/Vistaとほぼ同等の要件を踏襲しています。
お手持ちのデバイスに Windows 10のインストールをご検討されている場合、Windows Vista世代のパソコンであれば、システム要件を満たせる場合もありますがWindows XP世代のパソコンの場合は、システム要件を満たせない可能性もあります。

Windows 10のことなら、国内最大級のパソコンショップ「パソコン工房」にお任せください。