CGWORLDコラボ | フォトグラメトリー向けパソコン

CGWORLDコラボ | フォトグラメトリー向けパソコン SENSE∞フォトグラメトリー向けパソコン

多量の写真をつなぎ合わせ3D化するフォトグラメトリー向けソフトウェア「Reality Capture」を使用したフォトグラメトリー向けに最適なスペックのパソコンを検証、CG・映像専門メディア「CGWORLD」とクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成! これからはじめる初心者から、プロユーザーまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場! あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

フォトグラメトリー向けパソコン
CG・MOVIE GARAGE | フォトグラメトリー向けパソコン SENSE∞

※パソコン内の画像は背景3Dアーティスト 中村 基典 氏の作品です。

インテル Core プロセッサー / Windows10 標準搭載

フォトグラメトリー向けパソコン
CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。 そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

背景3Dアーティスト 中村 基典 氏監修、フォトグラメトリー向けパソコン

フォトリアルな3Dデータを作成する方法として定着しつつあるフォトグラメトリーは非常に手軽な方法ではありますが、大量の撮影データを合成し点群化、メッシュ化、テクスチャ化を行う一連の工程は、パソコンに非常に高い負荷がかかることで知られています。そこで今回、フォトグラメトリーを快適に行うためのスペックを、背景3Dアーティスト中村 基典 氏に実際のワークフローと同様に編集していただき最適なスペックを導き出し製品化いたしました。

CPU 検証の結果、8コア以上のコア数に加え高い動作クロックなど、コア数と動作クロックのバランスに優れるCore i9やCore X シリーズ プロセッサーが最も最適なCPUとなりました。CPUのコア数だけでなく、グラフィックスカードも併用するため、グラフィックスカードに演算の指示も行える処理速度に優れるCPUが必要になります。
グラフィックスカード 「Reality Capture」では、CUDAを使用したグラフィックスカードによる演算処理もCPUと並列して使用されるため、CUDAコア数の多いグラフィックスカードが最適となります。ビデオメモリ容量は大きくは影響しないため、コストパフォーマンスに優れるGeForceがおすすめのグラフィックスカードとなります。フォトグラメトリーによる3D化後、Unreal Engineなどで編集作業を行う場合、リアルタイムレイトレーシングが使用可能なGeForce RTXシリーズグラフィックスカードが最もおすすめの選択となります。
メモリ 検証の結果、メモリは16GBではやや不足し、32GBが最適な容量となりました。より大きなデータを扱う場合においてメモリが不足するようであれば適切増設するとよいでしょう。また、Unreal Engineを使用しての編集や同時にZBrushやSubstance Painterを起動するなど複数のソフトウェアを使用する場合においても32GB以上が最適な容量となります。
ストレージ 数百枚から数千枚の撮影データを読み込み、点群化する際に高速なSSDを使用することがおすすめとなります。また、Unreal Engineでの編集を行う場合、複数のバージョンをインストールして使用することから容量も500GB以上で必要に応じて増設をおすすめします。
ロゴ

CG・MOVIE GARAGE LINEUP

背景3Dアーティスト 中村 基典 氏が徹底検証

背景3Dアーティスト 中村 基典 氏

フォトグラメトリー快適化を実現するためのPCスペックは?
背景3Dアーティスト中村 基典 氏が徹底検証!

フォトリアルな3Dデータを取得する方法として定着しつつあるフォトグラメトリー。非常に手軽ではあるが、複数の撮影データを点群化、メッシュ化、テクスチャ化を行う一連の過程は、高い負荷がかかることで知られている。そこで今回、フォトグラメトリーを快適に行うための機材構成を探るため、3D背景アーティスト中村 基典 氏に「パソコン工房」のフォトグラメトリー向けモデルを検証してもらった。

特集記事を見る

背景3Dアーティスト 中村 基典 氏
CG専門学校卒業後、都内のゲーム開発会社に就職。モバイル/コンシューマーゲームのリアルタイムレンダリング3D背景制作全般に携わる。CGWORLD2018年12月号にて「フォトグラメトリーを活用したフォトリアルな神社アセット」を寄稿。UnrealEngineマーケットプレイスにて神社アセットを販売中。
http://motonak.jp/

メディア掲載

CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。