第7世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (Kaby Lake)

第7世代インテル® Core™ プロセッサー Kaby Lake登場

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

第7世代 Intel® Core™ プロセッサー・ファミリー(Kaby Lake)登場!

パソコンのCPUとして好評だった「第6世代インテル® Core ™ プロセッサー」の後継機として、第7世代 Intel® Core™ プロセッサー・ファミリー(Kaby Lake・ケイビーレイク)がついに登場。

Kaby Lakeは、前世代となるSkylakeをベースに最適化が行われたアーキテクチャであり、Skylake同様に14nmプロセスルールで製造されています。前述の最適化により、Skylakeの同グレードCPUに比べて数百MHz程度クロックアップを達成するなど、基本性能が向上しました。これによりプレゼンテーションソフトの利用や動画再生の際にも、より快適な動作を実現します。メモリコントローラーも改良され、従来のDDR3のサポート(※1)に加えて、より高速に動作するDDR4-2133/DDR4-2400メモリに対応(※1)しました。

また内蔵グラフィックスであるIntel HD Graphicsも進化し、Intel HD Graphics 600シリーズへ変更されています。Intel HD Graphics 600シリーズはMFX(Multi Format codeX)、VQE(Video Quality Engine)が改良されており、動画のエンコードやデコード時の機能や性能が向上しています。

性能の向上だけでなく、最新のDirectX 12やOpenGL 4.4に引き続き対応し、4K動画などで使用されるCodec HEVCやVP9の10bit/HDR出力に対応しました。また5,120×2,880/30pの高解像度をサポートするDisplay Portや、HDMI2.0(※2)に対応し、4Kの動画編集など最新技術を駆使するクリエイターにとっても最適なCPUとなっています。

※1:実際の搭載可能メモリーはマザーボードメーカーの仕様に準拠します。 ※2:実際の搭載ディスプレイ出力端子はマザーボードメーカーの仕様に準拠します。

おすすめBTOパソコン

LEVEL-R027-i5-RN [Windows 10 Home]
LEVEL-R027-i7-RNR [Windows 10 Home]
LEVEL-R027-i7-TNR [Windows 10 Home]

第7世代 Intel® Core™ プロセッサー・ファミリー(Kaby Lake)関連情報

第7世代 Intel® Core™ プロセッサー・ファミリー(Kaby Lake)ベンチマーク

Kaby LakeとSkylakeの性能について、ベンチマークデータで比較しました。

CPU性能比較

Home と Creativeの2パターンで検証
※テスト用のビデオカードはGeForce GTX 1080 にて行っています

PC Mark 8
HOME Core i7-6850K(Broadwell-E)
4385
Core i7-7700K(Kaby Lake)
4827
Core i7-6700K(Skylake)
4641
Creative Core i7-6850K(Broadwell-E)
5578
Core i7-7700K(Kaby Lake)
6098
Core i7-6700K(Skylake)
5891

Core i7-7700KとCore i7-6700Kを比べると、順当に動作クロックの上昇分だけスコアが増加しています。一方で、動作クロックの高さがスコアとして有利に働くPC Mark8では、Core i7-7700KとCore i7-6850Kを比べると、Core i7-7700Kのスコアがコア数の多いCore i7-6850Kを 上回っています。一般的な用途(Webブラウジング、文章編集、簡単な動画の編集、ビデオチャットなど)においては、Core i7-7700Kが最も快適なCPUとなるでしょう。


内蔵GPU(Intel HD Graphics)比較

Core i7-7700KとCore i7-6700Kを用いた、内蔵GPUの性能比較

3D性能比較
Sky Diver Core i7-7700K(Kaby Lake)
4682
Core i7-6700K(Skylake)
4614
Fire Strike Core i7-7700K(Kaby Lake)
1276
Core i7-6700K(Skylake)
1265

僅かながらCore i7-7700KがCore i7-6700Kを上回っています。とはいえ、大きな差ではなくIntel HD Graphics 600シリーズとIntel HD Graphics 500シリーズのグラフィック性能はほぼ同等であるとみてよいでしょう。

Kaby LakeとSkylakeのベンチマークの詳細はこちら(実験工房) ※ベンチマークテスト環境についても実験工房のページをご確認ください。

Kaby Lake Skylake機能比較表

  Kaby Lake Skylake
対応チップセット インテル200シリーズ
インテル100シリーズ
インテル200シリーズ
インテル100シリーズ
対応ソケット LGA1151 LGA1151
製造プロセス 14nm 14nm
最大動作クロック 4.5GHz 4.2GHz
DDR4メモリ 2400 2133
インテルOptaneテクノロジー ×
インテルHDグラフィック 600シリーズ 500シリーズ
HDR対応 ×

Kaby Lakeについて詳しい情報はこちら(実験工房資料室)

Kaby Lake対応 Intel 200シリーズチップセット

Kaby Lakeに対応したチップセットとして、インテル200シリーズチップセットZ270/H270/B250/Q270がリリースされます。また従来の「H110」が最下位のグレードにおいてKaby Lakeに対応します。
なおCPUソケットにはLGA1151を引き続き使用することで、SkylakeとKaby Lake間にピン互換性を持たせています。
この互換性によってインテル200シリーズチップセットにおいても、Skylakeを使用することができ、同様にインテル100シリーズチップセットにおいてもKaby Lakeを使用(※)することができます。
インテル200シリーズチップセットは、インテルOptaneテクノロジに対応しており、M.2 SSDをキャッシュとして利用できます。さらにPCI-Expressレーンの数が増設されているため、これまで以上に容易にM.2ポートを活用して拡張性を持たせる事ができます。
※実際の対応状況はマザーボードメーカーの仕様によります。

チップセットシリーズ インテル 200 シリーズ チップセット
チップセット Z270 H270 B250 Q270 Q250
対応CPU Kaby Lake-S / Skylake-S
PCI Express レーンの最大数 24 20 12 24 14
USB3.0ポートの最大数 10 8 6 10 8
USB2.0の最大数 14 14 12 14 14
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 6
RAID構成 0/1/5/10 - 0/1/5/10 -
PCI-Express 3.0
サポートされるプロセッサー PCI Express ポートの構成 1x16, 2x8, 1x8+2x4 1x16 1x16 1x16, 2x8, 1x8+2x4 1x16
オーバークロック対応 ×
インテル® スマート・レスポンス・テクノロジー × ×
インテル®Optane™テクノロジー