インテル Core X シリーズ特集 価格・性能・比較

kv

第9世代インテル Core Xシリーズ登場!

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーは、最大18コア/36スレッドのマルチスレッド処理に優れる新プロセッサーです。

すべてのラインナップでTDPが165Wとなり動作クロックが高められ、PCI-Expressが44レーン(プラットフォーム全体で68レーン)がサポートされています。また、CPUコアとヒートスプレッダの熱伝導素材がソルダリング(STIM)へと変更され、より高いパフォーマンスを発揮するようになりました。

第9世代インテルCore X シリーズは「Core i9」「Core i7」のクラスから構成されます。チップセットは「インテル X299」を使用し、Core X シリーズと組み合わせることで、高速なNVMe対応のM.2 SSDやインテルOptaneメモリー、Thunderbolt3など、様々な最新テクノロジーを利用できます。

Core X シリーズにより、4K解像度以上でのクリエイティブ作業や最新ゲームタイトルのストリーミング配信など、膨大なデータ処理を快適にこなす事ができます。

第7世代インテルCore Xシリーズ搭載パソコン

第7世代インテルCore Xシリーズ搭載パソコンも好評発売中です。ゲームプレイやコンテンツ制作など様々な用途ごとに適したラインナップを取り揃えております。

Core X 単品パーツ&対応製品

Core X ベンチマーク

「PassMark / CPU Mark」での比較

CPU Mark
Core i9-9980XE (18コア/36スレッド)
30268
Core i9-9960X (16コア/32スレッド)
29755
Core i9-9920X (12コア/24スレッド)
26453
Core i9-9820X (10コア/20スレッド)
22368
Core i7-9800X (8コア/16スレッド)
20556
Core i9-7980XE (18コア/36スレッド)
27383
Core i9-7960X (16コア/32スレッド)
27108
Core i9-7920X (12コア/24スレッド)
24262
Core i9-7900X (10コア/20スレッド)
22184
Core i7-7820X (8コア/16スレッド)
19541

※ベンチマーク結果はパソコン工房が独自に測定したものです。

Core X シリーズ 性能比較

第9世代インテルCore Xシリーズの動作クロック数やコア数、TDP数などの気になる情報を一覧化いたしましたので、ぜひこちらもご確認ください。

  Core i9-9980XE Core i9-9960X Core i9-9940X Core i9-9920X Core i9-9900X Core i9-9820X
 
コア / スレッド数 18/36 16/32 14/28 12/24 10/20 10/20
キャッシュ 24.75MB 22MB 19.25MB 19.25MB 16.5MB 16.5MB
動作クロック 3.0GHz 3.1GHz 3.3GHz 3.5GHz 3.3GHz 3.8GHz
ブーストクロック 4.4GHz 4.4GHz 4.4GHz 4.4GHz 4.4GHz 4.1GHz
Intel TurboBoost
Max Technology3.0
4.5GHz 4.5GHz 4.5GHz 4.5GHz 4.5GHz 4.2GHz
メモリチャンネル数 4Ch
メモリ対応 DD4-2666
TDP 165W
  Core i9-7980XE Core i9-7960X Core i9-7940X Core i9-7920X Core i9-7900X
 
コア / スレッド数 18 / 36 16 / 32 14 / 28 12 / 24 10 / 20
キャッシュ 24.75 MB 22 MB 19.25 MB 16.5 MB 13.75 MB(L3)
動作クロック 2.60 GHz 2.80 GHz 3.10 GHz 2.90 GHz 3.30 GHz
ブーストクロック 4.20 GHz 4.20 GHz 4.30 GHz 4.30 GHz 4.30 GHz
Intel TurboBoost
Max Technology3.0
4.40 GHz 4.50 GHz
メモリチャンネル数 4
メモリ対応 DDR4-2666 DDR4-2666 / 2400
TDP 165 W 140 W
  Core i7-9800X Core i7-7820X Core i7-7800X Core i7-7740X Core i5-7640X
 
コア / スレッド数 8 / 16 8 / 16 6 / 12 4 / 8 4 / 4
キャッシュ 16.5 MB 11 MB(L3) 8.25 MB(L3) 8 MB 6 MB
動作クロック 3.80 GHz 3.60 GHz 3.50 GHz 4.30 GHz 4.00 GHz
ブーストクロック 4.40 GHz 4.30 GHz 4.00 GHz 4.50 GHz 4.20 GHz
Intel TurboBoost
Max Technology3.0
4.50 GHz (非対応)
メモリチャンネル数 4 2
メモリ対応 DDR4-2666 DDR4-2666 / 2400
TDP 165 W 140 W 112 W

※実際に搭載可能となるメモリはマザーボードメーカーの仕様により異なります。
※Core X シリーズは内蔵グラフィック機能を搭載していない為、画面出力にはグラフィックカードが必要です。

Core X 対応マザーボード

  • 新しいチップセットX299となり、各種機能が向上しました。
  • LGA2066へと変更され、従来のソケットLGA2011と同じ大きさですが、ピン数が増加しました。新旧ではピン配置に互換性はなく、X299は新しいCore X シリーズ専用のチップセットとなります。
  • チップセットとCPU間の接続がDMI3.0となり、X299側のPCI-Expressレーン、SATA3.0ポート、USB3.0ポートが増加しました。
  • PCI-Express接続のSSDが最大3台まで接続することができます。
  • インテル Optane テクノロジーに対応し、Optaneメモリを搭載しHDDなどの大容量低速デバイスのI/Oパフォーマンスを向上させることができます。
  X299 X99
対応ソケット LGA2066 LGA2011
オーバークロック対応
インテルSmart Soundテクノロジー ×
インテルOptaneメモリ ×
IRST
IRST Raid 0,1,5,10
IRSTのPCIeストレージドライバ対応 ×
IRST PCIe Raid 0,1,5,10 ×
ISRT
I/Oポートフレキシビリティ
ハイスピードI/Oレーン最大数 30 22
USBポート数(USB3.0数) 14(10) 14(6)
SATA3.0最大数 8 10
PCIeレーン数(Gen) 24(3.0) 8(2.0)
IRST PCIeポート最大数 3 0

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。