CGWORLDコラボ|スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン

3ds Max対応 スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン

無料で使用できる高機能3DCGツールとして、スマホ3Dアプリ開発者やCGモデラーに人気となる「Blender」を使用し、3Dモデリングに最適な環境を検証しました。CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ASUS」、そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成!これから3Dモデリングを学ぶ学生から制作現場で働くプロまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場! あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン
CGWORLDコラボ|スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン

GeForce® GTX グラフィックボード / インテル製CPU搭載 / 大容量メモリ搭載可能 / Windows 10標準搭載

CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

グラフィックカード モデリングの作業に加え、Cycles Renderやリアルタイムプレビューなどではグラフィックボードの性能が快適性に繋がります。Cycles RenderではCUDAが使用され、CUDAコアが多いほど高速にレンダリング処理を行うことができ、 同じCUDAコア数ならQuadroよりもGeForceの方がコストパフォーマンスに優れます。また、扱う素材やエフェクト処理などにもよりますが、ビデオメモリの容量も重要となり、最低でも2GB以上のビデオメモリが必要とされ4GB以上の搭載がおすすめとなります。
また、3D CG編集作業を実施する場合は、プロセッサーの動作クロックが高いほど快適です。制作用途に合わせて、プロセッサーを選択することでパフォーマンスの向上に繋がります。
CPU MUGENUP様のワークフローにおいては、グラフィックボードを稼働させるために十分な性能をもったCPUが必要となり、動作クロックとコア数のバランスとコストパフォーマンスを重視し、Core i5プロセッサーを搭載しました。 CPUを用いたレンダリング処理を多く行うワークフローの場合は、6コア以上のCore i7がおすすめとなり、コア数が多ければ多いほどレンダリング処理は高速になります。
メモリ MUGENUP様のワークフローにおいては、メインメモリは16GBあれば十分に動作します。Blender以外のソフトウェアやゲームエンジンを同時に起動し、並行して作業を進めるなどの場合には、必要に応じて32GB以上に増設するとより快適になります。
HDD/SSD ストレージの性能と、コストパフォーマンスを重視し、SSDをメインドライブとしています。カスタマイズでは、更に大容量のストレージをご選択頂ける他、SSDとHDDを組み合わせたツインドライブなど、お好みに合わせた構成が可能となります。
ロゴ

MUGENUP 小林 良平 監修
スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコン

様々な3DCG制作を行なうMUGENUPの小林 良平氏に監修いただき、「スマートフォン向けの3Dゲーム等に使用されるローポリの3Dキャラクターや背景のモデリングにおすすめのスペックを低予算で実現できるパソコン」をテーマとして、最適なパソコンスペックを検証しました。 検証ソフトウェアには、オープンソースで初期投資を抑えることができ、効率的なモデリング環境を実現できる統合型CG編集ソフトウェア「Blender」を採用しました。 「Blender」は監修元のMUGENUP様のワークフローの中でも使用されおり、ゲーム向けのローポリからハイクオリティな3Dモデリング等様々なシーンで活用されています。

検証の結果、グラフィックス性能が重要となり、ハイクオリティなモデル編集やテクスチャ編集が快適に行え、コストパフォーマンスに優れるNVIDIA® GeForce®をコラボモデルで搭載しました。

※スマホ3Dアプリ開発おすすめパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

INTERVIEW / MUGENUP 小林 良平×パソコン工房

小林 良平

予算10万円台“Blender”向けPCをMUGENUPが検証!

株式会社MUGENUP 小林 良平 氏にインタビュー!

小林 良平 氏のインタビューを見る

小林 良平
専門学校卒業後1995年、ゲーム開発会社に就職。その後、広告業界に転身し、Webディレクターをつとめた後、10年前からゲーム業界に復帰する。現在は同社のデジタル・クリエイティブ事業に携わり、登録クリエイターのディレクションを行いつつ、個人でもBlenderを使用する毎日。

株式会社MUGENUP

CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。