10G おすすめパソコン

10G おすすめパソコンについて

データ通信に広く普及しているLAN(Local Area Network)において、
現在主流になっている規格の1000BASE-T(1GbE)の10倍の速度を持つ新しい規格が10G BASE-T(10GbE)です。

10GbEには様々な規格が存在していました。
光ファイバーケーブルを用いたデータセンターや大規模な企業ネットワーク等の業務用途での利用が主だったため、導入に必要なコストは非常に高価でしたが、従来のLANケーブルと同じRj45端子に対応した本命とも言える規格である10GBASE-Tの登場により各社から個人でも導入しやすい価格帯の製品が発売されるようになり、2.5GbE、5GbEやWi-Fi 6といった新しい高速通信規格とともに今後の普及が見込まれています。

快適なインターネットライフの新時代

従来の1GbE光回線の10倍の速さを実現した10GbEは、4K(または8K)映像コンテンツの視聴が快適に行えるほか、PCゲームや家庭用ゲームのダウンロード時間を大幅に短縮することに加え、ゲーム実況など高画質なストリーミング配信を行うことができます。これにより今までのインターネット利用が革新的に変わります!

転送帯域(Gbps)
1G
BASE-T
1Gbps
10G
BASE-T
10Gbps

SSDの性能をフルに発揮する高速なデータ転送

今までボトルネックとなっていたインターネットのデータ転送帯域も10GbEを利用することで、SATA接続のSSDの性能をフルに発揮することが可能となりました!
加えて、SATA接続のSSDよりも高速にデータの読込・書込ができるPCI-Express接続のM.2タイプのSSD(NVMe SSD)においても、その性能を十分に発揮できます。
また、10GbEに対応するNASを利用することで、より高速なデータ管理も行えるようになります。

SATA接続SSDデータ転送速度比較
10/100
BASE-T
12.5MB/S
1000
BASE-T
125MB/S
10G
BASE-T
1250MB/S

10Gインターネット環境に必要なもの

10Gインターネットを利用する際はISP(インターネットサービスプロバイダ)との契約のほか、CAT6A以上のLANケーブル(CAT7推奨)が必要となります。
10GbEの詳しい内容については、10G 関連情報 「10GBASE-Tの基礎知識」をご覧ください。

LANケーブル比較
カテゴリー CAT7 CAT6A CAT6 CAT5e CAT5
帯域幅 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps 100Mbps
伝送帯域 600MHz 500MHz 250MHz 100MHz 100MHz
最大ケーブル長 100m 100m 100m 100m 100m

10G おすすめパソコンラインナップ

SENSE∞ / SOLUTION∞でも10GLANカードを選択可能

クリエイター向けパソコンSENSE∞とビジネス向けパソコンSOLUTION∞でも10GBASE-T高速LANカードをオプション選択できます。BTOパソコンのカスタマイズ(お見積り)画面で10GBASE-T高速LANカードをお選びください。

STEP1. BTOパソコン詳細ページでカスタマイズボタンをクリック

BTOパソコンの商品リストやバナーをクリックすると、BTO詳細ページにジャンプします。ここではスペック(仕様)についての詳しい情報が確認できます。さらに、BTO詳細ページの「基本構成からカスタマイズ・お見積り」ボタンをクリックすると、カスタマイズ画面に移ります。

STEP2. カスタマイズ画面の「内蔵ネットワークカード」を確認

画面をスクロールして、「内蔵ネットワークカード」の項目を確認します。パソコン工房おすすめの10GBASE-T高速LANカード はこちらで選択できます。その他のオプションもお選びいただき、ご購入の場合は「カートに入れる」をクリックすると、 オプションを変更したお客様だけのBTOパソコンがカートに追加されます。画面の案内に沿ってお手続きを進めてください。

※一部モデルや在庫状況によって選択できないことがあります。

10G環境におすすめの周辺機器

10G 関連情報