CGWORLDコラボ|デジタルスカルプティング向けパソコン SENSE∞

CG・MOVIE GARAGE | デジタルスカルプティング向けパソコン SENSE∞ 動画編集向けパソコン

3DCG制作に革新的な変化をもたらした「ZBrush」とレンダラー「KeyShot」が快適に動作する環境を追求すべく、CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ASUS」。そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成!これから「ZBrush」でCG制作を専門的に学ぶ学生やプロユーザーまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場! あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

ZBrush & KeyShot向けパソコン
CGWORLDコラボ|デジタルスカルプティング向けパソコン SENSE∞

※パソコン内の画像はデジタルスカルプター岡田恵太さんの作品です

最新インテル製CPU搭載 / Windows10 標準搭載

動画編集向けパソコン
CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

デジタルスカルプティング向けパソコン

Zbrush 4 + Keyshot 6にて動作検証いたしました。
・ZBrush ・KeyShot ・Substance Painter ZBrush KeyShot SUBSTANCE PAINTER

CPU 動作クロックとコア数のバランスを重視し、すべてのモデルでCore i7プロセッサーを搭載しました。
優れたパフォーマンスでCGモデリングやレンダリングに威力し、快速な動作を実現します。
メモリ 動作をスムーズに動かすパーツがメモリ。コラボレーションモデルでは大容量メモリの搭載に対応し、デスクトップモデルは標準で32GB(8GB×4)を搭載しています。作業量に合わせたメモリ容量を用意することで、CG編集中の動作速度の低下を防ぎ、安定かつ軽快に創作活動に取り組めます。
グラフィックカード CUDAを利用したレンダリング処理や、高ポリゴンモデルの編集などに高い処理性能を発揮します。
HDD/SSD データの大容量化に伴い、いずれのモデルも大容量のHDD/SSDをメインドライブとしています。
カスタマイズでは、更に大容量のドライブをご選択頂ける他、SSDとHDDを組み合わせたツインドライブなど、お好みに合わせた構成が可能となります。
ロゴ

デジタルスカルプティング向けパソコン LINEUP

動作クロックとコア数のバランスを重視し、全モデルにCore i7 以上のプロセッサーを搭載しました。
さらに、大容量メモリを搭載している為、多数のソフトも同時に快適に扱うことができ、上位モデルでは最大で128GB(16GB×8)搭載可能。
また、「CUDA」を用いたレンダリング処理を行えるようにグラフィックボード拡張に対応し、4K以上のテクスチャやポリゴン数の多いモデルでも止まることなく扱えます。
長時間作業に集中するクリエイターに最適なモデルです!パソコン性能を最大限に活かして自分の納得のいく作品を創りましょう!

※デジタルスカルプティング向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

※デジタルスカルプティング向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

ZBrushでの操作に最適なオプションをカスタマイズで選択可能!
お客様の作業環境に合わせてお選びください!

ペンタブレット

ペンタブレット
ZBrushでの3DCG作成に欠かせない必須アイテム。細かな表現を要する作業も快適にこなせます。

iiyama ProLiteモニタ

iiyama ProLiteモニタ
動画やCG制作も捗る!色域の広いIPSモニター

パソコンチェア

パソコンチェア
長時間の制作でも快適に。人間工学に基づく設計で快適な座り心地を追究したパソコンチェア。

マクロキー付マウス

マクロキー付マウス
ショートカットキーを登録して、作業効率がアップ!

カスタマイズページから選べます。

INTERVIEW / 岡田恵太×パソコン工房

岡田恵太

パソコン工房 デジタルスカルプティング向けパソコンを デジタルスカルプター岡田恵太が徹底検証

Digital Sculptorとしてクリーチャーなどの制作をメインに活動する岡田恵太氏にインタビュー!


岡田恵太さんのインタビューを見る

岡田恵太
1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。 2013年に退職し東京へ上京した後、1年ほど荷揚げ屋等をしながら ZBrushを独学で勉強し東京のゲーム会社へ就職。 2015年からフリーランスとなり、「Bloodborne DLC」を初め、主にクリーチャーなどの制作をメインに活動する。2017年3月新会社「Villard」を設立。
www.artstation.com/artist/yuzuki

イベントレポート

メディア掲載

CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。