液晶モニタ

液晶モニタ

パソコンにとってモニタはキーボードなどの入力機器と共に欠くことの出来ない機器です。 以前はブラウン管のモニタが主流でしたが、現在はテレビ同様液晶パネルのものが主流となっています。 ブラウン管と比べて応答速度が遅いことが常で欠点ともされていましたが、様々な表示形式のパネルが開発されたことでブラウン管時代と遜色ないレベルになりました。


ウルトラワイドモニタ

平面・カーブ形状の2種類が販売されている21:9などの横方向に長いタイプの液晶モニタです。 デュアルディスプレイと似た使い方でモニタが1台ですむことと、フレームの境目を気にしないでいい点・電気代 節約などのメリットがあります。シネマスコープに対応した映像なら、映画館の臨場感が味わえたり、ゲームの解像度 が対応していると視野が広がるので、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか。


高解像度・4K液晶モニタ

長らくフルHD(1920×1080)の解像度が普及してきましたが、パソコンの高性能化から実用的な高解像度のデスクトップ 領域が可能になりました。スマートフォンやタブレットが4K映像を撮影可能や、投稿動画サイトの4K再生可能対応 になるなど、映像の高解像度化が広まっています。4K液晶モニタは、今までのフルHDの表示画素が4倍になり、高密度 のパネルからは非常に綺麗な映像を視聴可能にします。"


グレア・ノングレアとは?

グレア・ノングレアとは?

画面に光沢のある「グレアパネル」は写真や動画がくっきりきれいに見えます。 反対に、光沢の無い「ノングレアパネル」は、外光の映り込みが少なく、長時間疲れにくいといった特徴があります。

視野角ついて

視野角ついて

画面に対してどのくらいの角度範囲まで綺麗に見えるかを示し、一般的に角度が広いほど目線をずらした際の画質の変化が少なくなり、 快適に使用できます。


コントラスト比について

コントラスト比について

画面内の「白」と「黒」の輝度の比率になります。輝度は画面の明るさを表す単位で数字が大きいほど明るいこととなります。 コントラスト比は最大輝度となる「白」と最小輝度となる「黒」の比率となり、 この値が大きいほどメリハリのあるくっきりはっきりした画質になると言われています。

リフレッシュレートとは

リフレッシュレートとは

1秒間に画面を切り替える回数。PC用液晶モニタのリフレッシュレートは人間が映像を滑らかと感じる60Hz(1秒間に60回画面を切り替える)が主流です。 ゲーム用途などでさらなる滑らかさを求めて、120Hz以上のより高速な製品も発売されています。


応答速度について

応答速度について

画面の色の切り替わり速度のことで、一般的には「黒」→「白」→「黒」と切り替わりにかかる時間を指します。 速ければ速いほどスムーズな画面切り替えとなりますが、あくまでも「黒」→「白」→「黒」と変わるときのみの スピードを指していますのでこの数値が大きいからものすごく遅く見えるといったわけではありません。

パネル駆動形式について

  応答速度 視野角 コントラスト 色再現性 製造コスト
TN型 速い 狭い 普通 低い 低い
VA型 普通 普通 高い 普通 普通
IPS型 遅い 広い 低い 高い 高い

主にTN型、IPS型、VA型が流通しており、TN型は「安価で応答速度が速い」、IPS型は「視野角が広い、色再現性が良い」、 VA型は「高コントラスト、応答速度が速い」といった特徴をもちますが、各方式とも技術革新により苦手分野を補っています。


入力端子

入力端子

画質に有利なデジタル方式(DVI、HDMI、DisplayPort)と、互換性の高いアナログ形式(D-sub)があります。 接続するパソコン・モニタの両方で対応する規格のケーブルで接続を行います。 HDMI形式はAV家電製品で広く採用されているため入力ができると用途が広がります。

パネル用途別提案

UL規格とは

色再現性が必要なデザイン、映像編集用途ならIPS方式またはVA方式がお勧めです。 速度が必要なゲームや動画鑑賞ならTN方式が良いでしょう。それぞれ、発色の良さが必要ならグレアタイプ、 使用時間が長く、光の映り込みが気になる場合はノングレアタイプをお勧めします。


表示件数
並び替え

もっと見る