CGWORLDコラボ|Mayaアニメーター向けパソコン SENSE∞

CG・MOVIE GARAGE | 動画編集向けパソコン SENSE∞ Mayaアニメーター向けパソコン

3Dモデリングだけでなく、アニメーション制作やゲーム制作など様々なシーンで活躍する高機能な3D編集ソフトウェア「Maya(マヤ)」を快適に動作する環境を追求すべく、CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ASUS」。そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成!これから「Maya」でCG制作を専門的に学ぶ学生やプロユーザーまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場! あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

Mayaアニメーター向けパソコン
CGWORLDコラボ|Mayaアニメーター向けパソコン SENSE∞

Core i7プロセッサー搭載 / Windows 10標準搭載

CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

Mayaアニメーター向けパソコン

統合型3DCGソフト「Maya(マヤ)」をはじめ、一緒に使用される「デジタル合成ソフトウェア」「レンダラー」など快適に動作するように設計しました。
Maya・Nuke・V-Ray MAYA KeyShot 3D COAT

CPU 動作クロックとコア数のバランスを重視し、すべてのモデルでCore i7プロセッサーを搭載しました。アニメーション制作現場では動作クロックが重視されるため、コア数の多さよりもクロック数の高さを優先しCore i7-8700シリーズを採用しました。一方で、レンダリングスピードも重視されるコンポジット、ルックデヴェロプメント作業向けには、動作クロックの高さだけでなくコア数も重要となるためCore Xシリーズを最適なプロセッサーとし採用しています。
グラフィックカード 「Maya」によるアニメーション制作において、コストパフォーマンスと長時間作業での安定性を重視し「GeForce」を標準搭載しました。スタジオレベルのリギングやモーション編集を軽快にこなす他、改善されたMayaのビューポート2.0を使用することで処理フレームレートが向上します。また、同じパソコンで「3Dモデリング」も行う場合は「Quadro」が最適となります。3Dモデリングを行なう方はこちらをご確認ください。
メモリ 高解像度テクスチャデータや「Maya」だけでなく様々なソフトウェアも同時に扱うことを想定し、メモリの標準搭載容量を、16GB~32GBまでモデル毎に用意しました。作業量に合わせたメモリ容量を用意することで、編集中の動作速度の低下を防ぎ、安定かつ軽快に創作活動に取り組めます。
HDD/SSD プロの現場では制作過程で膨大になりやすい制作データをNASや外付けHDDで共有し、編集マシンは作業時に必要なデータのみを高速に扱える大容量SSDが好まれています。いずれのモデルも大容量SSDを標準搭載しておりますが、用途に合わせ更なるドライブ追加をカスタマイズから選択いただけます。
ロゴ

StudioGOONEYS様監修 Mayaアニメーター向けパソコン

映画VFX・ゲーム・CM・TVアニメなど、幅広いジャンルの映像作品を手がける3DCGプロダクション「StudioGOONEYS」様に監修いただき、「Maya」でのアニメ制作のさまざまなシチュエーションで快適に動作するよう調整しました。スタンダードモデルは「リギング」や「モーション」制作に最適なモデルとして調整し、グレード別に2種類用意しています。さらに「レンダリング処理」を行うコンポジット、ルックデヴェロプメントに対応できるアドバンスモデルもご用意しております。またアニメ制作現場で使用される様々なソフトウェアも同時に扱えるよう、メインメモリは16GB以上を標準搭載しました。上位モデルには32GBを搭載し、カスタマイズで最大128GB(16GBx8)まで搭載することができます。

※Mayaアニメーター向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。


INTERVIEW / Mayaアニメーター StudioGOONEYS×パソコン工房

StudioGOONEYS

自作派も納得できるMayaアニメーター向け構成とは?

アニメーション制作会社 StudioGOONEYSの斎藤 瑞季氏にインタビュー!

斎藤瑞季さんのインタビューを見る

斎藤瑞季
(StudioGOONEYS 代表取締役社長)

1981年生まれ。群馬県出身。
デジタルハリウッド大学大学院を第二期生として卒業後、2012年に株式会社StudioGOONEYSを設立。
これまでに手がけた主な作品としては、『疾走、ヤンキー魂。』(2014)やSUBARUの『VISIV』シリーズ(2013~2014)、『SHOW BY ROCK!!』など、ゲームからCM制作まで多岐にわたる。映画VFX・ゲーム・CM・TVアニメなど、幅広いジャンルの映像作品を手がける3DCGプロダクション。代表作に『SHOW BY ROCK!!』の3DCGパート制作などがある。約40名のスタッフのうち、映画VFX案件にかかわるスペシャリストが全体の2/3を占めており、大手スタジオと同様の方針でコンテンツパイプラインに投資をしている。

http://gooneys.co.jp/

10/1(日)第4回パソコン工房 Creator's Clinicを開催!

メディア掲載

CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。