CGWORLDコラボ|3D CAD編集・解析向けパソコン

3ds Max対応 3D CAD編集・解析向けパソコン 3D CAD編集・解析向けパソコン

「Autodesk Inventor」や「SOLIDWORKS」などの3D CAD編集ツールや解析業務に使用される「Marc」や「SCRYU/Tetra」「Discovery Live」などのツールが快適に動作する環境を追求すべく、CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ASUS」、そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成!これからCAD設計、解析を学ぶ学生から、プロフェッショナル向けまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場!あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

3D CAD編集・解析向けパソコン
CGWORLDコラボ|3D CAD編集・解析向けパソコン

最新インテル製CPU搭載 / 大容量メモリ搭載 / Windows 10標準搭載

CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

Autodesk Inventor ・ SOLIDWORKS ・ Marc ・ SCRYU/Tetra ・ Discovery Live
Autodesk Inventor,Solidworks,Mark,SCRYU,Discovery Live
グラフィックカード 数万ポリゴンのCADデータを読み込み、編集を行うにあたり、パフォーマンスも大事ながら「安定性や信頼性を最重視する場合」最適なグラフィックスボードとしてQuadroの搭載がおすすめです。CAD編集を快適に行うためには、ビデオメモリが4GB以上搭載されたグラフィックスボードがおすすめです。
CPU 水野操氏のワークフローにおいてレンダリングや解析業務において必要となるCPUのコア数を重視し、すべてのモデルでCore i7以上のプロセッサー(CPU)を搭載しました。構造物の強度解析や熱流体シミュレーションの速度が最も重視され、プロセッサーのコア数が多いほど快適になります。
また、3D CG編集作業を実施する場合は、プロセッサーの動作クロックが高いほど快適です。制作用途に合わせて、プロセッサーを選択することでパフォーマンスの向上に繋がります。
メモリ 作業難度に合わせたメモリ容量を搭載することで編集中の動作速度の低下を防ぎ、安定かつ軽快に創作活動に取り組むことができます。CAD編集ソフトウェアや解析ソフトウェアだけでなく、様々なソフトウェアを同時に扱う場合のメモリ容量は32GB以上あると安心です。
HDD/SSD プロの現場で要求される高速性を重視し、データの読み書きが高速なSSDをメインドライブとして搭載しました。大容量の作品データはNASや外付けHDDで共有、管理することができるため、編集用パソコンでは作業時に必要なデータのみを高速に扱えるSSDが最適な選択となります。
ロゴ

mfabrica合同会社 水野 操 監修
3D CAD編集・解析向けパソコン

設計・製造分野における3D設計・データ作成、3Dプリンタによる試作サービス、CAEによる構造解析、3Dツール導入支援、各種コンサルティングなど幅広く活躍される水野 操 氏に監修いただき、3D CADデータの編集とレンダリング、さらに構造物の強度解析や熱流体シミュレーションまでのワークフローにて使用される「Autodesk Inventor」や「SOLIDWORKS」などのCAD編集ツールや「Marc」や「SCRYU/Tetra」「Discovery Live」などの解析ツールが快適に動作するようスペックを調整しました。

3D CADの制作規模に合わせて スタンダードモデル、アドバンスモデル、プロモデルの3段階で用意しており、いずれも「インテルCore プロセッサー」と「Quadroシリーズ」を搭載しています。スタンダートモデルでは、パーツなど中小規模のCADモデリングに最適です。さらにパーツを組み合わせた大規模なモデリングや、ハイディテールモデルを扱う方にはアドバンスモデルがおすすめです。
プロモデルは、大規模な3D CADモデリングはもちろん、解析業務(構造解析・流体解析)にも対応するパソコンとなります。

※3D CAD編集・解析向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

INTERVIEW / mfabrica合同会社 水野 操×パソコン工房

水野 操

設計・製造業で求められるスペックとは?3DCAD、3Dプリンタ、構造解析設計・製造業向けPCはこれだ!

mfabrica合同会社 水野 操 氏にインタビュー!

水野 操 氏のインタビューを見る

水野 操
設計・製造分野における3D設計・データ作成を筆頭に、3Dプリンタによる試作サービス、CAE(有限要素解析)による構造解析、3Dツール導入支援、各種コンサルティングなど幅広く業務を展開。ほかに株式会社プロノハーツと協同で、2017年に創業した株式会社解析屋を通して、若手設計者の育成事業にも乗り出している。

mfabrica合同会社

メディア掲載

CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。