Linux動作確認情報

iiyamaPCにおけるLinux OSサポートについて

Linux動作確認情報

パソコン工房で発売中のiiyamaPCのサポートOSは、現行版Windowsとさせていただいておりますが、Windows以外のOSのご利用でもご検討いただけるよう、サポート対象外とした上で、Linux OSによる動作確認の情報を提供しております。

Linux動作確認情報をご利用いただくにあたっての注意事項

Linux動作確認情報をご利用いただくにあたり、以下の事項について留意のうえご利用をお願いいたします。

  • 本表のLinux各ディストリビューションの動作確認情報は、弊社が独自に確認を行った結果に基づき掲載しております。あくまでもご参考としてご活用下さい。
  • 動作確認はインストールや起動などの基本的な動作の確認のみを行なっています。すべての用途を想定した動作確認を行ったものではございません。
  • 動作確認は、標準構成で行っており、カスタマイズを行われることにより、異なる結果となる場合がございます。
  • 本情報に基づき、Linux各ディストリビューションを導入・利用されたことにより生ずる損害につきまして、 弊社では一切の責任を負わないものとします。
  • 本情報を含め、弊社ではLinux各ディストリビューションのインストール方法・設定方法のお問合せ、障害時のサポート対応などは承っておりません。あらかじめご了承下さい。
  • 対象BTOパソコンにはビジネス用パソコン、ゲーミングPCなど該当のチップセットを搭載した全ての取り扱いBTOパソコンを掲載しております。
  • 本情報は予告なしに変更する場合がございます。

デスクトップCPU搭載BTOノートパソコンでのLinux動作確認情報

対象BTOパソコン:
デスクトップCPU搭載BTOノートパソコン
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.6-1810)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか 〇※1 〇※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
無線LAN 無線LANへの接続が可能かどうか
内蔵webカメラ 内蔵webカメラが使用できるかどうか
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施 非搭載 非搭載
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 SATA接続の2.5インチ及びM.2のSSDにて動作確認を行っております。(なお当該のモデルのM.2スロットはSATA専用となっております。)

intel Z390チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報(CPU内蔵グラフィックモデル)

対象BTOパソコン:
Z390チップセット搭載BTOモデル(ミドルタワー) / Z390チップセット搭載BTOモデル(ミドルタワー)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.6-1810)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか 〇※1 〇※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 △※2
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること。
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること △※2
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※2 Intel Core i5 9600K CPU内蔵グラフィックスにて動作確認。インストール直後は解像度が低く表示されますが、「ソフトウェアの更新」で改善。

intel Z390チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報(グラフィックカード搭載モデル)

対象BTOパソコン:
Z390チップセット搭載BTOモデル(ミドルタワー) / Z390チップセット搭載BTOモデル(ミドルタワー)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.6-1810)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか 〇※1 〇※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 △※2 △※2
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること。 ×※3
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること △※2 △※2
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※2 GeForce RTX2070にて動作確認。OSインストールは可能ですが個別にVGAドライバのインストールが必要です。
※3 GeForce RTX2070を挿入した場合はサスペンドから復帰しませんでした。

AMD X399チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報

対象BTOパソコン:
X399チップセット搭載BTOパソコン(フルタワー)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.5-1804)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか ○ ※1 ○ ※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 ○ ※3 ○ ※3
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること × ※2
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること ○ ※3 ○ ※3
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※2 サスペンドに入る事は出来るが復帰できない。
※3 GeForce GTX 1050 2GB にて動作確認を行っており、その他のグラフィックカード装着時の挙動は確認しておりません。

AMD B350チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報

対象BTOパソコン:
B350チップセット搭載BTOパソコン(スリムパソコン)
B350チップセット搭載BTOパソコン(ミニタワーパソコン)
B350チップセット搭載BTOパソコン(ミニタワーパソコン)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.5-1804)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか ○ ※1 ○ ※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 ○ ※2 ○ ※2
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること。
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること ○ ※2 ○ ※2
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※2 AMD A6-9500 APU 内蔵グラフィックスにて動作確認を行っており、ビデオカード装着時の挙動は確認しておりません。

intel B360チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報

対象BTOパソコン:
B360チップセット搭載BTOパソコン(スリムパソコン)
B360チップセット搭載BTOパソコン(ミニタワーパソコン)
B360チップセット搭載BTOパソコン(ミニタワーパソコン)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.5-1804)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること ○ ※1
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか ○ ※2 ○ ※2
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 ○ ※3 ○ ※3
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること。
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること ○ ※3 ○ ※3
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 インストール直後はオンボードLAN使用不可。個別にLANドライバをインストールすると改善。
※2 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※3 Intel Core i3 8100 CPU内蔵グラフィックスにて動作確認を行っており、ビデオカード装着時の挙動は確認しておりません。

intel Z370チップセット搭載BTOパソコンでのLinux動作確認情報

対象BTOパソコン:
Z370チップセット搭載BTOパソコン(ミニタワー)
項目 確認方法 Ubuntu18.04LTS CentOS7(7.5-1804)
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか ○ ※1 ○ ※1
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認 ○ ※2 ○ ※2
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
サスペンドからの復帰 特別な設定無しでサスペンドから復帰すること。
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること ○ ※2 ○ ※2
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと

※1 2.5インチSSDをSATA接続にて動作確認を行っております。M.2 (NVMe) での確認はしておりません。
※2 Intel Core i7 8700 CPU内蔵グラフィックスにて動作確認を行っており、ビデオカード装着時の挙動は確認しておりません。

BTOパソコン(B85H3-M4搭載機)でのLinux動作確認情報

項目 確認方法 Ubuntu
14.04.1
Ubuntu
14.10
CentOS
6.6
CentOS
7.0.1
Fedora
21
Open
SuSE
13.2
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること ○ ※1
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送 ○ ※3 ○ ※3 ○ ※3
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する × ※2
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと ○ ※4

※1 ワイヤレスKBマウスセットはインストール時、インストール後ともに動作しない
※2 再起動を選択後5分程度してシャットダウンとなる、完全にシャットダウンしないなどがランダムに発生
※3 Windowsネットワークの参照にはファイアウォールの設定が事前に必要
※4 USBオーディオデバイスでは、再生サウンドデバイスの設定が必要

BTOパソコン(Z97-S01搭載機)でのLinux動作確認情報

項目 確認方法 Ubuntu
14.04.1
Ubuntu
14.10
CentOS
6.6
CentOS
7.0.1
Fedora
21
Open
SuSE
13.2
OSのインストール 特別な設定無しでインストールが完了すること ○ ※1
作成パーティションの確認 partedコマンドで確認、ドライブ全領域を使用しているか 自動作成 自動作成 自動作成 自動作成 自動作成 自動作成
X Window System の動作 解像度1920x1080の表示、マウス・キーボードの機能を確認
LANポート ネットワーク越しに 1GB以上のファイルを転送 ○ ※2 ○ ※2 ○ ※2 ○ ※2
ストレージ 1GB以上のフォルダを自己複製して確認
負荷ランニング 負荷ツールで一定時間稼働、この間停止・再起動しない事
再起動 10回連続繰り返し再起動する
CPUの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
メモリの認識 catコマンドで物理構成との一致を確認すること
VGAの認識 lspciコマンドで物理構成との一致を確認すること
光ディスクドライブ マウント、アンマウント、イジェクトするか、ファイルコピーも実施
サウンド youtube視聴で確認、音飛び、ノイズ混入がないこと ○ ※3

※1 ワイヤレスKBマウスセットはインストール時、インストール後ともに動作しない
※2 Windowsネットワークの参照にはファイアウォールの設定が事前に必要
※3 USBオーディオデバイスでは、再生サウンドデバイスの設定が必要