CGWORLDコラボ|3Dペイントツール向けパソコン

3Dペイントツール向けパソコン | 動画編集向けパソコン SENSE∞ 3Dペイントツール向けパソコン

「Substance Painter」や「MARI」などの3Dモデルに直接テクスチャをペイントできる3Dペイントツールが快適に動作する環境を追求すべく、 CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ELSA」、そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成! これからモデリング&3Dペイントを学ぶ学生から、プロフェッショナル向けまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場! あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

3Dペイントツール向けパソコン
CGWORLDコラボ|3Dペイントツール向けパソコン SENSE∞

ELSA製 GeForce・Quadroグラフィックボード搭載 / 最新インテル製CPU搭載 / 大容量メモリ搭載

Substance Painter・MARI・Photoshop3Substance Painter・MARI・Photoshop
CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

森田悠揮氏監修 3Dペイントツール向けパソコン

クリーチャーデザイナーとして活躍される森田悠揮氏に監修いただき、モデリングした3Dデータへリアルタイムにペイントを行なう「Substance Painter」や「MARI」の3Dペイントツールが快適に動作するようスペックを調整しました。

Direct Xで動作する「Substance Painter」向けに最適な「GeForce GTX 1080」を搭載するスタンダートモデルと、 OpenGLで動作する「MARI」向けに最適な「Quadro P4000」搭載のアドバンスモデル、そしてさらに、 森田氏のワークスタイルを基に、作業する場所を選ばない持ち運びを重視した「Quadro P4000」を搭載した15.6型ノートパソコンをラインナップしました。 もちろん、スタンダードモデルでも「MARI」が、アドバンスモデル/ノートモデルでも「Substance Painter」が快適に動作しますのでご予算に合わせてお選びください。 いずれのモデルも3Dペイントツールによる高負荷を想定し、CPUにはインテルCore i7とメインメモリに32GBを標準搭載しております。

スタンダードモデルA、スタンダードモデルB、アドバンスモデル

※3Dペイントツール向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

「3Dペイントツール向けパソコン」はこちら!
すべての3Dペイントツール向けパソコンを見る

3Dペイントツール向けパソコンのスペックポイント

3Dペイントツール「Substance Painter」や「MARI」での様々なシチュエーションを想定し、パソコンに搭載するパーツを厳選いたしました。
今回搭載するパーツについて、まとめておりますのでぜひご確認ください!

グラフィックボード

3Dペイントツールで快適な動作を実現するグラフィックボード

3Dペイントツールごとに合わせたグラフィックボードの選択が重要となります。 Substance PainterはDirect Xを使用し動作するため「GeForceグラフィックボード」を利用することで高いパフォーマンスを発揮します。 MariではOpen GL動作であるため「Quadroグラフィックボード」が最適な組み合わせとなります。

プロセッサー

クリエイター作業で優れた処理能力を発揮するインテル製プロセッサー搭載

3Dペイントツールにおける動作の安定性を考慮して、すべてのモデルでCore i7以上のプロセッサー(CPU)を搭載しました。 3Dペイントツールと合わせて行なう機会が多い、レンダリングも実施する場合はプロセッサーのコア数が多いほど快適になります。 また、アニメーションをつける作業を実施する場合は、プロセッサーの動作クロックが高いほど快適です。 制作用途に合わせて、プロセッサーを選択することでパフォーマンスの向上に繋がります。

メモリ

大容量メモリ搭載

作業難度に合わせたメモリ容量を搭載することで編集中の動作速度の低下を防ぎ、安定かつ軽快に創作活動に取り組むことができます。 3Dペイントツールの利用であればメモリ容量は16GB以上あると快適ですが、様々なソフトウェアを同時に扱う場合は32GB以上あると安心です。 また、4Kや8Kテクスチャなど膨大なデータ処理も行なうことを想定し、デスクトップモデルではお好みに合わせて64GB以上もご選択いただけます。

SSD

高速SSD搭載であらゆる作業をスピードアップ

プロの現場で要求される高速性を重視し、データの読み書きが高速なSSDをメインドライブとして搭載しました。 大容量の作品データはNASや外付けHDDで共有、管理することができるため、編集用パソコンでは作業時に必要なデータのみを高速に扱えるSSDが最適な選択となります。

INTERVIEW / クリーチャーデザイナー
森田悠揮×パソコン工房

StudioGOONEYS

3Dペイントツールを使い倒す!Substance Painter、MARIの快適動作環境とは?

クリーチャーデザイナー 森田悠揮氏にインタビュー!

森田悠揮さんのインタビューを見る

森田悠揮 (モリタユウキ)

フリーランスのデジタルアーティスト、キャラクターデザイナー。TV、映画、ゲーム、CM等に登場する生物や怪獣のデザイン、CG制作を中心に活動中。最近ではコンセプトアートも手がけている。非常にクオリティの高いクリーチャーを制作しているクリエイター。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

表示件数
並び替え
表示形式
    SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:619056

    [CG・MOVIE GARAGE]Substance Painter/Mari対応3Dペイント向けパソコン・ノートモデル

    iiyama

    Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
    Core i7-7700HQ
    モバイル インテル HM175
    32GB(16GB×2)
    480GB Serial-ATA SSD
    光学ドライブ非搭載
    Quadro P4000 8GB GDDR5
    15.6型(非光沢カラー液晶)
    フルHD(1920×1080ドット)

    通常価格

    296,980円(税別) ~
    SENSE-R029-i7SX-QVS-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:619093

    [CG・MOVIE GARAGE]Substance Painter/Mari対応3Dペイント向けパソコン・アドバンスモデル

    iiyama

    Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
    Core i7-7800X
    インテル X299 Express
    32GB(8GB×4)
    480GB Serial-ATA SSD
    DVDスーパーマルチ
    Quadro P4000 8GB GDDR5
    ミドルタワー / ATX
    700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

    通常価格

    324,980円(税別) ~
<< 前のページ 1 次のページ >>