話題のインテルOptaneメモリーを導入してみた

話題のインテルOptaneメモリーを導入してみた

2017-6-7

こんにちは、職人5号です。今回はKabylake世代で追加された機能のひとつである「Optaneメモリー」を入手できたので、早速試してみました。ちなみにOptaneの読み方は「オプテイン」です。

OptaneメモリーとはIntelとMicron(日本ではCrucialブランドのSSDやメインメモリで有名です)が共同で開発した高速メモリー技術「3D XPoint」を採用したSSDの事です。OptaneメモリーはSATA接続のHDDやSSDを高速化するキャッシュメモリーという位置付けとなっています。3D XPointは従来のSSDで採用されてきたNANDフラッシュよりもランダムアクセス性能に優れており、かつ耐久性も向上しているため、キャッシュメモリーとして使用するにはNAND型SSDよりも適しています。

Optaneメモリーの導入要件

今回の導入にあたって、下記の構成でトライしてみました。

  • 第7世代 Core iプロセッサ(Kaby Lake世代)
  • Intel 200シリーズのチップセット
  • Optaneメモリー対応BIOS(予めアップデートしておく必要があります)
  • Intel Rapid Storage Technology(IRST) Ver15.5以降(こちら[https://downloadcenter.intel.com/ja/product/55005/-RST-]よりダウンロードしてください)
  • Windows 10 64bit

が必要となります。
それではCore i7-7700KとASUS PRIME Z270-Aを使用して、実際にOptaneメモリーの導入を行ってみましょう。

Optaneメモリーの導入方法

  • CPUはCore i7-7700K
  • チップセットはIntel Z270(ASUS PRIME Z270-A)
  • BIOSはOptaneメモリー対応の0906
  • OSはWindows 10 64Bit(Build:1703)
  • IRSTドライバは最新のVer15.5.0.1051

Optaneメモリー導入条件をすべてクリアした構成にて、Optaneメモリーの導入を試みましたが、普通にOSとIRSTドライバをインストールしただけでは、Optaneメモリーの有効化はできませんでした。
そこで、マニュアルには記載されていない部分も含めて、実際にOptaneメモリーを有効化する手順を説明してみたいと思います。
※下記手順はASUS PRIME Z270-Aでの導入方法となります。

① BIOS設定

BIOSの設定箇所は以下の通りとなります。

1.「Advanced」タブ に移動し、「 PCH Storage Configuration」 ⇒ 「SATA Mode Selection」項目で『Intel RST Premium With Intel Optane System Acceleration(RAID)』を選択。

BIOS設定 01

2.「 PCH Storage Configuration」直下に追加された「M.2_2 PCIE Storage RAID Support」項目で『Enabled』を選択。
(※OptaneメモリーをM.2_1に搭載している場合は設定不要)

BIOS設定 02

3.「Boot」タブに移動し、「CMS(Compatibility Support Module)」 ⇒ 「Launch CSM 」項目で『Disabled』を選択。

BIOS設定 03

4.BIOSの設定を保存し再起動します。

5.「Advanced」タブに移動し、メニュー下部に「 Intel Rapid Storage Technology」 の項目が表れている事を確認し、BIOSメニューを抜けます。

BIOS設定 04

※注)BIOS設定で「Intel RST Premium With Intel Optane System Acceleration(RAID)」にしただけでは、Optaneメモリーは有効化できません。CMSを無効化し、UEFI BIOS Utility上でRAID設定が可能な状態になっている必要が有ります。

② OSインストール

画面に従ってWindowsをインストールして下さい。途中でRAIDドライバなどを組み込む必要はありません。

③ OS上での設定

1. IRST driver(Ver15.5以降)をインストール
2.タスクバーのシステムアイコンからインテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジーを起動
3.「インテルOptaneメモリー」タブを開き、『有効化』を選択

4.高速化させるドライブを選択(※今回はHDD1台のため自動的に選択されています)

5.設定完了後、再起動を要求されるので、再起動を選択

6.起動時からOptaneメモリーが有効化された状態になります

※注)BIOS設定で「Intel RST Premium With Intel Optane System Acceleration(RAID)」にしただけでは、「インテルOptaneメモリー」タブが存在しません。

なお、Optaneメモリーを無効化したい場合は、「インテルOptaneメモリー」タブを開き、『無効化』を選択すれば、Optaneメモリー設定を解除できます。

Optaneメモリーの効果

Optaneメモリーの効果を手軽に計測してみました。

① Crystal DiskMark

まずは、Crystal DiskMarkにて転送速度を計測してみました。

HDD単体

HDD単体

Optaneメモリー設定

Optaneメモリー設定

HDD単体時と比べると、シーケンシャル(Seq)でおよそ4.5倍になるなど、読み込み速度が大幅に向上している事が確認できます。

② OS起動時間

次いでOSの起動時間の違いを計測しました。今回は、電源ON~デスクトップ画面が表示されるまでの時間を計測しています。

  HDD単体(秒) Optaneメモリー設定(秒) Boost率
起動時間 68.6 25.0 274%

HDD単体時と比べると、起動時間が大幅に短縮されており、OS起動時の待ち時間がグッと短くなっています。これだけ違いが有れば、OSの起動時など普段のPC利用シーンでも動作が軽くなった事が体感できるでしょう。

まとめ

正直なところ、数年前(intel 6・7シリーズの頃)に有った intel Smart Response Technology(ISRT) の焼き直しと見えなくもないHDDの高速化方法ですが、安価に大容量のHDDを1台丸ごと高速化出来るという点でメリットは有りそうです。なにしろ、Optaneメモリーの価格を考慮しても、512GBのSATA SSDと同程度の価格で4TBの、1TBのSATA SSDと同程度の価格で8TBの、SATA SSDを上回る高速動作をする大容量デバイスが入手可能となる訳で、用途によっては変え難いメリットをもたらすかも知れません。
ただし、あくまで低速なSATAデバイスの高速化手段という位置付けゆえ、絶対的なパフォーマンスでは NVMe SSDには及びません。この辺は用途に合わせて選ぶと良いと思われます。
現在のところ、OSの起動ドライブ(Cドライブ)にしかOptaneメモリーを適用することができず、拡張ドライブ(Dドライブなど)には効果が乗りません。OSは通常のSSDに入れ、ゲームなどをインストールするための大容量HDD+Optaneメモリーといった使い方ができず残念な思いですが、今後のアップデートに期待しています。

執筆:パソコン工房 職人5号

ミドルタワービジネスパソコン SOLUTION∞ bz Tシリーズ

表2.テスト環境 SOLUTION-T027-i7K-HN-OptaneTest

CPU Core i7-7700K (4.2-4.5GHz/4コア・8スレッド/キャッシュ8MB/TDP91W)
マザーボード ASUS PRIME Z270-A (Z270チップセット / BIOS :0906 )
メインメモリ DDR4-2400 16GB (8GB x2)
GPU GeForce GTX 1060 6G リファレンス (ビデオメモリ 6GB)
ストレージ SEAGATE ST1000DM003
Optaneメモリー MEMPEK1W016GAXT(16GB)
IRSTドライバ Ver15.5.0.1051
電源 Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)
OS Windows 10 Home 64bit(バージョン:1703)