PCの送り方

パソコンの送り方。売る際の手順と注意点を解説

最終更新日 : 2019/2/15

「パソコンってどうやって送ればいいの?」という疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか? 精密機器なのでどうやって梱包すればいいのか悩みますよね。

そこで、パソコンを買取に出す際の注意点、配送中に壊れにくいおすすめのパソコンの梱包方法など、パソコン買取ご利用時に知っておきたい点をまとめました。 この記事を読めば、パソコンの発送はバッチリマスターできます。

パソコンの買取をご利用の際は、ぜひ参考にしてください。

本記事は、当店の買取サービスを基準にした内容となっております。また、買取をお約束するものではございません。 パソコン工房の宅配買取サービスは買取センターへ着荷した状態での査定となるため、輸送時に発生した傷は減額対象となります。 万が一、当店査定時に不具合を発見した場合は、お値段がつかない場合がございます。

目次

  • ■ 送る前にチェックする注意点
  • 動作は問題ありませんか?
  • B-CASカードは抜きましょう
  • Office付きPCの注意点
  • Windows10にアップグレードしている場合
  • パソコンの付属品も入れましょう
  • ■ 梱包方法を写真で解説
  • 排気口は上にして輸送事故防止
  • 上下左右を保護しましょう
  • ■ パソコンを売る準備ができました

送る前にチェックする注意点

パソコン買取の場合、買取不可になってしまうような大きなトラブルは少ないのですが、送る前に知っておけば防げるような減額が発生する場合があります。

知っておきたい注意点を一つずつ見ていきましょう。

動作は問題ありませんか?

例えば、起動しない、画面が映らないなど、正常に動作しないパソコンは買取不可となりますのでご注意ください。

しかし、通常に使用できているパソコンであれば、大きな問題になる事は少ないです。

Windows10の正常な起動画面

この様に、デスクトップ画面まで普通に起動すれば、概ね問題ありません。

B-CASカードは抜きましょう

赤色のB-CASカードは当店にて破棄することができないので、買取が成立した商品に赤色のB-CASカードが挿さっていた場合は、B-CASカードのみご返送となります。

画像のように、大きなカードタイプと、スマホのSIMカードのような小さいタイプがあります。

その為、B-CASカードが挿さっていた場合、500円(返送料相当分)を査定結果から差し引いてのお振込みとなります。

B-CASカードを抜くだけで防げますので、テレビ機能付きPCをお送りの際は、必ずチェックしましょう!

Office付きPCの注意点

Office付きのパソコンを売る際、Officeが欠品していると大幅な減額が発生します。 送付時にOfficeがインストールされていても、査定時に初期化を行うため、Officeは消えてしまいます。再度Officeを使えるようにする為のインストールディスクやプロダクトキー、冊子などが必要になります。

Office付きパソコンは人気が高く買取価格も高くなる傾向があります。

Office付きパソコンの売り方については、別ページにまとめています。是非参考にしてください。


Office付きパソコンを高く売る方法

Windows10にアップグレードしている場合

Windows7やWindows8、Windows8.1は、Windows10へのアップグレードが可能となっています。 アップグレードしている場合、OSをもとに戻してお送りください。パソコン購入時に付属しているリカバリーメディア(初期化用メディア)を使用する事で、 もとに戻す事ができます。

OSインストールディスク

↑購入時に付属するリカバリーメディア

アップグレードした状態でも査定自体は可能ですが、OSが欠品となり、大幅減額もしくはお値段つかないケースがあります。

購入時にもとからWindows10が入っているパソコンや、OSのアップグレード等をしていなければ問題ありません。

パソコンの付属品も入れましょう

ケーブル類、ドライバディスク、マニュアル、リカバリディスクなどは忘れずに同梱しましょう。どれが付属品なのか判別がつかない場合、付属品であろう物は全て同梱しておくと安心です。

特に、ノートパソコンは起動の為のバッテリーとACアダプタが欠品している場合、買取査定ができず着払いでご返送となりますのでご注意ください!

梱包方法を写真で解説

しっかりと梱包する事で、輸送時の破損や故障などを防ぐことができ、買取価格の減額、査定不可などを防ぐことができます。 梱包方法をマスターして、あなたのパソコンをできるだけ高く売りましょう!

弊社への着荷した状態での査定となるため、輸送時に発生した傷や不具合は、減額対象となります。

排気口は上にして輸送事故防止

パソコンの中にはたくさんの部品が入っています。部品の故障、脱落を防ぐには、パソコンの向きが非常に重要です。

パソコンの排気口

排気口を上にすると、

パソコンの排気口

PCパーツは重力に対して逆らいません。これが逆の場合、PCパーツは絶えずケースにつられる形となり、細かいパーツやCPUファンの脱落が起こる場合があります。

排気口がない場合は、パソコンの端子が集まっている箇所(I/Oパネル)の位置で上下を判断してください。詳しくは下の画像をご覧ください。

I/Oパネル

ノートパソコンの場合は、特に注意することはありません。液晶側を上にして、地面と平行にしましょう。

上下左右を保護しましょう

傷がつかないようにしっかりと保護しましょう。保護には、紙などをグシャグシャに丸め、上下左右にしきつめればOKです。 また梱包後箱を揺らした際に、動かないか注意しましょう。ノートパソコンも同様です。

I/Oパネル

底面に丸めた紙を敷き詰めて、

I/Oパネル

四隅を保護して、

I/Oパネル

最後に上にも紙を敷き詰めましょう。

その際、付属品(ケーブル類、マニュアル、オペレーションディスク等)も忘れずに入れましょう!

注意 : パソコン工房の買取サービスご利用時は、本人確認書類を忘れずに入れましょう!

その後、封をした後にゆすってみて、動かなければOKです。

PCケース自体は比較的丈夫ですが、その分左右の保護が甘いと梱包自体を突き破ったり、輸送時の強い衝撃でへこんでしまったりします。しっかり保護しておきましょう。

これで梱包はバッチリです。

パソコンを売る準備ができました

売る準備はバッチリな状態となりました。では早速パソコンを売りましょう!

パソコン専門店のパソコン工房なら、セキュリティ、個人情報保護が徹底された査定システムで、お客様のパソコンを査定します!

今すぐ売りたい!そんな方は以下より宅配買取をお申込みください。ご自宅まで集荷に伺いますので、家にいながらパソコンが売れます。

パソコン買取申し込みの流れ

1買取申込をしよう
ネットで買取申込

Webフォームから買取申込を依頼しよう。
スマホからの申込もOK!
買取申込はこちら

次のステップへ
2ダンボールに詰めよう
売りたい物を詰める

売りたいものと本人確認書類をダンボールに詰めよう。
つめるだけだから簡単
本人確認書類は以下4種類のうち、いずれか1点でOK

  • 1.運転免許証のコピー
  • 2.各種保険証(国民健康保険・社会保険・共済保険など)のコピー(現住所記載のあるもの)
  • 3.パスポートのコピー
  • 4.住民票の写し(発行から3ヶ月以内の原本)

次のステップへ
3お近くの宅配所で発送しよう
売りたい物を送る

梱包したら弊社からの着払い伝票を待とう!

弊社から着払いの伝票をお送りさせていただきます。
受け取りましたらそちらを使用して発送をお願いいたします。

送料が無料になる条件
当店指定の佐川集荷ご利用で、買取上限価格が12,000円以上のパソコンを
1点以上ご送付で送料が無料になります。
※買取上限 : 商品発送時に、パソコン工房買取のページで公開されている商品の価格
※パソコン工房の買取ページで公開されていない物に関しては1点あたり買取上限価格が12,000円以上で対象になります。
※欠品・状態不良等で査定額が大きく減額になる場合は対象外となります。

当店が送料を負担
次のステップへ
4承認し、入金を待とう
銀行口座に入金

査定が完了致しましたら、お客様に査定結果をお送りします。
査定結果にご納得いただき、
お客様からの承認連絡を受けたその3銀行営業日に入金いたします。
(パソコンの査定にお時間をいただく場合がございます)

今すぐ売る
買取申込はこちら

申込後はメールの案内に従うだけなのでカンタン!