Windows 版 Microsoft Office Outlook 2016のショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキー最終更新日: 20151225

Microsoft Office Outlook 2016のショートカットキー一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 版 Microsoft Office Outlook 2016のショートカットキーをご紹介します。 キーボード操作でショートカットを使用することで、マウスより少ない操作量で作業が行え、生産性の向上が見込まれます。

Microsoft Office Outlook 2016ショートカットキー一覧

基本的なナビゲーション

ショートカットキー 説明
Ctrl + 1 メールに切り替える。
Ctrl + 2 予定表に切り替える。
Ctrl + 3 連絡先に切り替える。
Ctrl + 4 タスクに切り替える。
Ctrl + 5 メモに切り替える。
Ctrl + 6 フォルダー ウィンドウで [フォルダー一覧] に切り替える。
Ctrl + 7 ショートカットに切り替える。
Ctrl + . 次のメッセージに切り替える (メッセージを開いたまま)。
Ctrl + , 前のメッセージに切り替える (メッセージを開いたまま)。
Ctrl + Shift + Tab フォルダー ウィンドウ、Outlook のメイン ウィンドウ、
Shift + Tab [閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] の間を移動する。
Tab Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、
[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動する。
F6 Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、
[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動し、
Outlook リボンにアクセス キーを表示する。
Ctrl + Tab フォルダー ウィンドウまたは開いているメッセージ内で、
メッセージのヘッダー行の間を移動する。
方向キー フォルダー ウィンドウ内を移動する。
Ctrl + Y 別のフォルダーに移動する。
F3
Ctrl + E
[検索] ボックスに移動する。
Alt + ↑
Ctrl +
Alt + PageUp
[閲覧ウィンドウ] 内で前のメッセージに移動する。
Space [閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ下のテキストに移動する。
Shift + Space [閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ上のテキストに移動する。

電子メール メッセージ一覧内のグループを折りたたむか展開する。
Alt + B
Alt + ←
Outlook のメイン ウィンドウで前のビューに戻る。
Alt + → Outlook のメイン ウィンドウで次のビューに進む。
Ctrl + Shift + W [情報バー] を選択し、コマンドのメニューを表示する (使用できる場合)。

基本的なナビゲーションのショートカット表

検索

ショートカットキー 説明
Ctrl + E メッセージまたは他のアイテムを検索する。
Esc 検索結果をクリアする。
Ctrl + Alt + A 使用しているモジュールに応じて、検索対象を [すべてのメール アイテム]、
[すべての予定表アイテム]、または [すべての連絡先アイテム] に拡大する。
Ctrl + Shift + F [高度な検索] を使用する。
Ctrl + Shift + P 検索フォルダーを作成する。
F4 開いているアイテムの中でテキストを検索する。
Ctrl + H テキスト、記号、一部の書式設定コマンドを検索して置換する。
開いているアイテムの [閲覧ウィンドウ] で機能します。
Ctrl + Alt + K 検索対象を現在のフォルダーのアイテムに拡大する。
Ctrl + Alt + Z 検索対象をサブフォルダーに拡大する。

検索のショートカット表

フラグ

ショートカットキー 説明
Ctrl + Shift + G [フラグを設定] ダイアログ ボックスを開いてフラグを割り当てる。

フラグのショートカット表

色分類項目

ショートカットキー 説明
Alt + D [色分類項目] ダイアログ ボックスで、選択した分類項目を一覧から削除する。

色分類項目のショートカット表

アイテムまたはファイルを作成する

ショートカットキー 説明
Ctrl + Shift + A 予定を作成する。
Ctrl + Shift + C 連絡先を作成する。
Ctrl + Shift + L 配布リストを作成する。
Ctrl + Shift + X FAX を作成する。
Ctrl + Shift + E フォルダーを作成する。
Ctrl + Shift + Q 会議出席依頼を作成する。
Ctrl + Shift + M メッセージを作成する。
Ctrl + Shift + N メモを作成する。
Ctrl + Shift + H Microsoft Office ドキュメントを作成する。
Ctrl + Shift + S 現在のフォルダーに投稿する。
Ctrl + T 現在のフォルダーの返信に投稿する。
Ctrl + Shift + P 検索フォルダーを作成する。
Ctrl + Shift + K タスクを作成する。
Ctrl + Shift + U タスクの依頼を作成する。

アイテムまたはファイルを作成するのショートカット表

多くのアイテムで実行されるコマンド

ショートカットキー 説明
Ctrl + S
Shift + F12
保存する ([タスク] を除く)。
Alt + S 保存して閉じる ([メール] を除く)。
F12 名前を付けて保存する ([メール] のみ)。
Ctrl + Z
Alt + BackSpace
元に戻す。
Ctrl + D アイテムを削除する。
Ctrl + P 印刷する。
Ctrl + Shift + Y アイテムをコピーする。
Ctrl + Shift + V アイテムを移動する。
Ctrl + K 名前を確認する。
F7 スペル チェックを実行する。
Ctrl + Shift + G フラグを設定する。
Ctrl + F 転送する。
Alt + S 送信、投稿、または全員を招待する。
F2 フィールド内の編集を有効にする
([メール] ビューまたは [アイコン] ビューを除く)。
Ctrl + L テキストの左揃えを実行する。
Ctrl + E テキストの中央揃えを実行する。
Ctrl + R テキストの右揃えを実行する。

多くのアイテムで実行されるコマンドのショートカット表

電子メール

ショートカットキー 説明
Ctrl + Shift + I [受信トレイ] に切り替える。
Ctrl + Shift + O [送信トレイ] に切り替える。
Ctrl + Tab メッセージを送信するアカウントを選択する。
Ctrl + K 名前を確認する。
Alt + S 送信する。
Ctrl + R メッセージに返信する。
Ctrl + Shift + R 全員にメッセージを返信する。
Ctrl + Alt + R 会議出席依頼を付けて返信する。
Ctrl + F メッセージを転送する。
Ctrl + Alt + J メッセージに迷惑メールではないメールのマークを付ける。
Ctrl + Shift + I ブロックされた外部コンテンツを表示する (メッセージ内)。
Ctrl + Shift + S フォルダーに投稿する。
Ctrl + Shift + N 標準スタイルを適用する。
Ctrl + M
F9
新しいメッセージを確認する。
前のメッセージに戻る。
次のメッセージに進む。
Ctrl + N メッセージを作成する ([メール] の場合)。
Ctrl + Shift + M メッセージを作成する (任意の Outlook ビューから)。
Ctrl + O 受信メッセージを開く。
Ctrl + Shift + D スレッドを削除して無視する。
Ctrl + Shift + B アドレス帳を開く。
Insert 未読メッセージにクイック フラグを追加する。
Ctrl + Shift + G [フラグを設定] ダイアログ ボックスを表示する。
Ctrl + Q 開封済みにする。
Ctrl + U 未開封にする。
Ctrl + Shift + W 選択したメッセージで [メールのヒント] を開く。
F4 検索または置換を実行する。
Shift + F4 次を検索する。
Ctrl + Enter 送信する。
Ctrl + P 印刷する。
Ctrl + F 転送する。
Ctrl + Alt + F 添付ファイルとして転送する。
Alt + Enter 選択されたアイテムのプロパティを表示する。
Ctrl + Shift + U マルチメディア メッセージを作成する。
Ctrl + Alt + M ダウンロード対象としてマークを付ける。
Ctrl + Alt + U ダウンロード対象のマークをクリアする。
Ctrl + B (送受信が進行中の場合) 送受信の進捗状況を表示する。

電子メールのショートカット表

予定表

ショートカットキー 説明
Ctrl + N 予定を作成する ([予定表] の場合)。
Ctrl + Shift + A 予定を作成する (任意の Outlook ビュー)。
Ctrl + Shift + Q 会議出席依頼を作成する。
Ctrl + F 予定または会議を転送する。
Ctrl + R 会議出席依頼に対してメッセージで返信する。
Ctrl + Shift + R 会議出席依頼に対してメッセージで全員に返信する。
Alt + 1 予定表に 1 日間の予定を表示する。
Alt + 2 予定表に 2 日間の予定を表示する。
Alt + 3 予定表に 3 日間の予定を表示する。
Alt + 4 予定表に 4 日間の予定を表示する。
Alt + 5 予定表に 5 日間の予定を表示する。
Alt + 6 予定表に 6 日間の予定を表示する。
Alt + 7 予定表に 7 日間の予定を表示する。
Alt + 8 予定表に 8 日間の予定を表示する。
Alt + 9 予定表に 9 日間の予定を表示する。
Alt + 0 予定表に 10 日間の予定を表示する。
Ctrl + G 特定の日付に移動する。
Alt + =
Ctrl + Alt + 4
月ビューに切り替える。
Ctrl  +  → 翌日に移動する。
Alt + ↓ 翌週に移動する。
Alt + PageDown 翌月に移動する。
Ctrl  +  ← 前日に移動する。
Alt + ↑ 前週に移動する。
Alt + PageUp 前月に移動する。
Alt + Home 週初めに移動する。
Alt + End 週末に移動する。
Alt + –
Ctrl + Alt + 3
週全体のビューに切り替える。
Ctrl + Alt + 2 稼働日ビューに切り替える。
Ctrl + ,
Ctrl + Shift + ,
前の予定に移動する。
Ctrl + .
Ctrl + Shift + .
次の予定に移動する。
Ctrl + G 開いている予定または会議にパターンを設定する。

予定表のショートカット表

※「ビュー」の「予定表の日/週/月ビュー」と「カレンダー ナビゲーター」も参照してください。

連絡先

ショートカットキー 説明
Ctrl + Shift + D 新しい通話をダイヤルする。
F3
Ctrl + E
連絡先またはその他のアイテムを検索する (検索)。
F11 [アドレス帳の検索] ボックスに名前を入力する。
Shift + 文字キー 連絡先の表形式ビューまたは一覧ビューで、
特定の文字で始まる最初の連絡先に移動する。
Ctrl + A すべての連絡先を選択する。
Ctrl + F 選択した連絡先を件名としてメッセージを作成する。
Ctrl + N 連絡先を作成する ([連絡先] の場合)。
Ctrl + Shift + C 連絡先を作成する (任意の Outlook ビューから)。
Ctrl + O 選択した連絡先の連絡先フォームを開く。
Ctrl + Shift + L 配布リストを作成する。
Ctrl + P 印刷する。
F5 配布リストのメンバーの一覧を更新する。
Ctrl + Y 別のフォルダーに移動する。
Ctrl + Shift + B アドレス帳を開く。
Ctrl + Shift + F [高度な検索] を使用する。
Ctrl + Shift + . 開いている連絡先で、リストに記載されている次の連絡先を開く。
F11 連絡先を検索する。
Esc 連絡先を閉じる。
Ctrl + Shift + X 選択した連絡先に FAX を送信する。
Alt + D [住所の確認] ダイアログ ボックスを開く。
Alt + Shift + 1 連絡先フォームの [インターネット] の下に [電子メール 1] 情報を表示する。
Alt + Shift + 2 連絡先フォームの [インターネット] の下に [電子メール 2] 情報を表示する。
Alt + Shift + 3 連絡先フォームの [インターネット] の下に [電子メール 3] 情報を表示する。

連絡先のショートカット表

[名刺の編集] ダイアログ ボックス

ショートカットキー 説明
Alt + A [追加] ボックスを開く。
Alt + B ラベルが割り当てられているフィールドの選択時に、
[ラベル] ボックス内のテキストを選択する。
Alt + C [名刺の画像の追加] ダイアログ ボックスを開く。
Alt + E [編集] ボックスの先頭にカーソルを置く。
Alt + F [フィールド] ボックスを選択する。
Alt + G [画像の配置] ボックスの一覧を選択する。
Alt + K、その後 Enter 背景のカラー パレットを選択する。
Alt + L [レイアウト] ボックスの一覧を選択する。
Alt + R 選択したフィールドを [フィールド] ボックスから削除する。

[名刺の編集] ダイアログ ボックスのショートカット表

タスク

ショートカットキー 説明
Alt + C タスクの依頼を承諾する。
Alt + D タスクの依頼を辞退する。
Ctrl + E タスクまたはその他のアイテムを検索する。
Ctrl + Y [フォルダーへ移動] ダイアログ ボックスを開く。
Ctrl + N タスクを作成する ([タスク] の場合)。
Ctrl + Shift + K タスクを作成する (任意の Outlook ビューから)。
Ctrl + O 選択したアイテムを開く。
Ctrl + P 選択したアイテムを印刷する。
Ctrl + A すべてのアイテムを選択する。
Ctrl + D 選択したアイテムを削除する。
Ctrl + F タスクを添付ファイルとして転送する。
Ctrl + Shift + Alt + U タスクの依頼を作成する。
Tab
Shift + Tab
[フォルダー ウィンドウ]、[タスク] リスト、
または [To Do バー] の間で画面を切り替える。
Ctrl + Z 直前の操作を元に戻す。
Insert アイテムにフラグを設定するか進捗状況を終了にする。

タスクのショートカット表

テキストの書式を設定する

ショートカットキー 説明
Alt + O [書式] メニューを表示する。
Ctrl + Shift + P [フォント] ダイアログ ボックスを表示する。
Shift + F3 大文字と小文字を切り替える (テキストが選択されている場合)。
Ctrl + Shift + K 文字を小文字に書式設定する。
Ctrl + B 文字を太字にする。
Ctrl + Shift + L 箇条書きにする。
Ctrl + I 文字を斜体にする。
Ctrl + T インデントを設定する。
Ctrl + Shift + T インデントを解除する。
Ctrl + L 左揃え
Ctrl + E 中央揃え
Ctrl + U 下線
Ctrl + ]
Ctrl + Shift + >
フォント サイズを大きくする。
Ctrl + [
Ctrl + Shift + <
フォント サイズを小さくする。
Ctrl + X
Shift + Del
切り取る。
Ctrl + C
Ctrl + Insert
コピーする。(Ctrl + Insert は閲覧ウィンドウでは使用できません。)
Ctrl + V
Shift + Insert
貼り付ける。
Ctrl + Shift + Z
Ctrl + Space
書式設定を解除する。
Ctrl + Shift + H 次の語を削除する。
Ctrl + Shift + J 余白間に収まるように段落を拡大する。
Ctrl + Shift + S スタイルを適用する。
Ctrl + T ぶら下げインデントを作成する。
Ctrl + K ハイパーリンクを挿入する。
Ctrl + L 段落の左揃えを実行する。
Ctrl + R 段落の右揃えを実行する。
Ctrl + Shift + T ぶら下げインデントを減らす。
Ctrl + Q 段落書式を解除する。

テキストの書式を設定するのショートカット表

Web情報をアイテムに追加する

ショートカットキー 説明
Ctrl +マウスボタンクリック アイテムの本文内で URL を編集する。
Ctrl + K ハイパーリンクを挿入する。

Web情報をアイテムに追加するのショートカット表

印刷

ショートカットキー 説明
Alt + F、その後 P Backstage ビューで [印刷] タブを開く。
Alt + F の後に P、その後に F、1 開いているウィンドウのアイテムを印刷する。
Alt + S
Alt + U
[印刷プレビュー] から [ページ設定] を開く。
Alt + F、その後 P、次に I [印刷プレビュー] からプリンターを選択する。
Alt + F、その後 P、次に L [印刷スタイルの定義] を使用する。
Alt + F、その後 P、次に R [印刷オプション] を開く。

印刷のショートカット表

送受信

ショートカットキー 説明
F9 [このグループを送受信に含める] がオンになっているすべての定義済み
送受信グループに対する送受信を開始する。
これには、ヘッダー、完全なアイテム、指定したフォルダー、特定のサイズ
未満のアイテム、またはユーザー定義の任意の組み合わせを含めることが
できます。
Shift + F9 現在のフォルダーに対して、すべてのアイテム
(ヘッダー、アイテム、任意の添付ファイル)を取得する送受信を開始する。
Ctrl + M 送受信を開始する。
Ctrl + Alt + S 送受信グループを定義する。

送受信のショートカット表

Visual Basic エディター

ショートカットキー 説明
Alt + F11 Visual Basic エディターを開く。

Visual Basic エディターのショートカット表

マクロ

ショートカットキー 説明
Alt + F8 マクロを実行する。

マクロのショートカット表

フォーム

ショートカットキー 説明
InfoPath フォルダー内をクリックした後で Ctrl + N Office InfoPath フォームを作成する。
Ctrl + Shift + Alt + T Microsoft InfoPath フォームを選択する。

フォームのショートカット表

ビュー

表形式のビュー

ショートカットキー 説明
Enter アイテムを開く。
Ctrl + A すべてのアイテムを選択する。
PageDown 画面の一番下のアイテムに移動する。
PageUp 画面の一番上のアイテムに移動する。
Shift + ↑
Shift + ↓
選択しているアイテムを 1 つずつ増減する。
Ctrl + ↑
Ctrl + ↓
選択範囲を変更せずに、次のアイテムまたは前のアイテムに移動する。
Ctrl + Space アクティブなアイテムの選択状態を切り替える。

表形式のビューのショートカット表

グループが選択されている場合

ショートカットキー 説明
選択した単一のグループを展開する。
選択した単一のグループを折りたたむ。
前のグループを選択する。
次のグループを選択する。
Home 最初のグループを選択する。
End 最後のグループを選択する。
展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されて
いない右側の部分の最初のアイテムを選択する。

グループが選択されている場合のショートカット表

予定表の日/週/月ビュー

予定表の操作

ショートカットキー 説明
Alt + 日数と対応するキー 1 ~ 9 日分表示する。
Alt + 0 10 日分表示する。
Alt + – 週単位に切り替える。
Alt + = 月単位に切り替える。
Ctrl + Tab
F6
[予定表]、[タスク リスト]、[フォルダー一覧] の間を移動する。
Shift + Tab 前の予定を選択する。
前日に移動する。
翌日に移動する。
Alt + ↓ 次の週の同じ曜日に移動する。
Alt + ↑ 前の週の同じ曜日に移動する。

予定表の操作ショートカット表

日ビュー

ショートカットキー 説明
Home 稼働日の開始時刻を選択する。
End 稼働日の終了時刻を選択する。
前の時間のブロックを選択する。
次の時間のブロックを選択する。
PageUp 1 画面上の時間のブロックを選択する。
PageDown 1 画面下の時間のブロックを選択する。
Shift + ↑
Shift + ↓
選択している時間を増やしたり減らしたりする。
予定の中にカーソルが表示された状態で、
Alt + ↑または Alt + ↓
予定を上下に移動する。
予定の中にカーソルが表示された状態で、
Alt + Shift + ↑または Alt + Shift + ↓
予定の開始または終了時刻を変更する。
Alt + ↓ 選択したアイテムを次の週の同じ曜日に移動する。
Alt + ↑ 選択したアイテムを前の週の同じ曜日に移動する。

日ビューのショートカット表

週ビュー

ショートカットキー 説明
Home 選択した日の稼働時間の最初に移動する。
End 選択した日の稼働時間の最後に移動する。
PageUp 選択した日の 1 ページ分上の表示に移動する。
PageDown 選択した日の 1 ページ分下の表示に移動する。
Shift + 方向キー
Shift + Home
Shift + End
選択している期間を変更する。

週ビューのショートカット表

月ビュー

ショートカットキー 説明
Home その週の最初の曜日に移動する。
PageUp 前のページの同じ曜日に移動する。
PageDown 次のページの同じ曜日に移動する。

月ビューのショートカット表

カレンダー ナビゲーター

ショートカットキー 説明
Alt + Home 現在の週の最初の曜日に移動する。
Alt + End 現在の週の最後の曜日に移動する。
Alt + ↑ 前の週の同じ曜日に移動する。
Alt + ↓ 次の週の同じ曜日に移動する。

カレンダー ナビゲーターのショートカット表

[名刺] ビューまたは [連絡先カード] ビュー

ショートカットキー 説明
前のカードを選択する。
次のカードを選択する。
Home 一覧の最初のカードを選択する。
End 一覧の最後のカードを選択する。
PageUp 現在のページの最初のカードを選択する。
PageDown 次のページの最初のカードを選択する。
次の列で最も近いカードを選択する。
前の列で最も近いカードを選択する。
Ctrl + Space アクティブなカードの選択状態を切り替える。
Shift + ↑ 選択範囲を前のカードまで広げる。起点より後の
カードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。
Shift + ↓ 選択範囲を次のカードまで広げる。起点より前の
カードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。
Ctrl + Shift + ↑ 起点とは関係なく、選択範囲を前のカードまで広げる。
Ctrl + Shift + ↓ 起点とは関係なく、選択範囲を次のカードまで広げる。
Shift + Home 一覧の最初のカードまで選択範囲を広げる。
Shift + End 一覧の最後のカードまで選択範囲を広げる。
Shift + PageUp 前のページの最初のカードまで選択範囲を広げる。
Shift + PageDown 最後のページの最後のカードまで選択範囲を広げる。

[名刺] ビューまたは [連絡先カード] ビューのショートカット表

開いているカードのフィールドの間を移動する

フィールドとコントロールに移動する

ショートカットキー 説明
Tab 次のフィールドとコントロールに移動する。
Shift + Tab 前のフィールドとコントロールに移動する。
Enter アクティブなカードを閉じる。

フィールドとコントロールに移動するの間を移動するのショートカット表

フィールドの文字間を移動する

以下のキーを使用する前に、カード内のフィールドを選択します。選択されているカードのフィールドを選択するには、目的のフィールドをクリックします。

ショートカットキー 説明
Enter 複数行のフィールドに行を追加する。
Home 行の先頭に移動する。
End 行の末尾に移動する。
PageUp 複数行のフィールドでフィールドの先頭に移動する。
PageDown 複数行のフィールドでフィールドの末尾に移動する。
複数行のフィールドで前の行に移動する。
複数行のフィールドで次の行に移動する。
フィールド内の前の文字に移動する。
フィールド内の次の文字に移動する。

フィールドの文字間を移動するのショートカット表

タイムライン ビュー (タスク)

アイテムが選択されているとき

ショートカットキー 説明
前のアイテムを選択する。
次のアイテムを選択する。
Shift + ←
Shift + →
隣接する複数のアイテムを選択する。
Ctrl + ← + Space
Ctrl + → + Space
隣接しない複数のアイテムを選択する。
Enter 選択したアイテムを開く。
Home (アイテムがグループ化されていない場合は) タイムラインの最初のアイテム、
またはグループ内の最初のアイテムを選択する。
End (アイテムがグループ化されていない場合は) タイムラインの最後のアイテム、
またはグループ内の最後のアイテムを選択する。
Ctrl + Home (アイテムがグループ化されていない場合は) タイムラインの最初のアイテム、
またはグループ内の最初のアイテムを (選択せずに) 表示する。
Ctrl + End (アイテムがグループ化されていない場合は) タイムラインの最後のアイテム、
またはグループ内の最後のアイテムを (選択せずに) 表示する。

アイテムが選択されているときのショートカット表

グループが選択されているとき

ショートカットキー 説明
Enter
グループを展開する。
Enter
グループを折りたたむ。
前のグループを選択する。
次のグループを選択する。
Home タイムラインで最初のグループを選択する。
End タイムラインで最後のグループを選択する。
展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されて
いない右側の部分の最初のアイテムを選択する。

グループが選択されているときのショートカット表

日のタイム スケールで時間単位が選択されているとき

ショートカットキー 説明
タイム スケールに表示されているのと同じ時間を少しずつ戻す。
タイム スケールに表示されているのと同じ時間を少しずつ進める。
Tab、Shift + Tab アクティブなビュー、To Do バー、検索を切り替えて、
アクティブなビューに戻る。

日のタイム スケールで時間単位が選択されているときのショートカット表

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ]編集部アイコン画像
ライタープロフィール パソコン工房NEXMAG [ネクスマグ] 編集部

パソコンでできるこんなことやあんなこと、便利な使い方など、様々なパソコン活用方法が「わかる!」「みつかる!」記事を書いています。

記事を
シェア