Windows 版 Microsoft Office Access 2016のショートカットキーをご紹介します。 キーボード操作でショートカットを使用することで、マウスより少ない操作量で作業が行え、生産性の向上が見込まれます。

ショートカットキー最終更新日: 20151225

Microsoft Office Access 2016のショートカットキー一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 版 Microsoft Office Access 2016のショートカットキーをご紹介します。 キーボード操作でショートカットを使用することで、マウスより少ない操作量で作業が行え、生産性の向上が見込まれます。

Microsoft Office Access 2016ショートカットキー一覧

デザイン時のショートカット キー

これらのショートカット キーは、Access でアプリをカスタマイズする際に使用できます。「デスクトップ データベースのショートカット キー」に記載されているショートカットの多くは、アプリをカスタマイズする際にも使用できます。

ショートカットキー 説明
Tab すべてのテーブルとビューで前に移動します (編集モードではない場合)。
方向キー テーブルまたはビュー セレクターを移動します。
F11 ナビゲーション ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
Tab ビューのコントロールで前に移動します (編集モードの場合)。
方向キー 選択したコントロールを移動します。
F4 選択したコントロールのプロパティを開きます、または閉じます。
Alt + F8 フィールド リストの表示/非表示を切り替えます。

デザイン時のショートカット表

実行時 (ブラウザー) のショートカット キー

これらのショートカット キーは、ブラウザーで Access アプリを使用する際に使用できます。また、ブラウザー自体に用意されているショートカット キーを使用することもできます。 ブラウザー内で操作を行っている場合、Tab、Shift + Tab、および方向キーを押すと、ビュー上のテーブル リスト、ビュー セレクター、アクション バー、検索ボックス、およびコントロールの間を移動できます。

ショートカットキー 説明
N 新しいアイテムを作成します。
Del アイテムを削除します。
E アイテムを編集します。
Ctrl + S アイテムを保存します。
Esc キャンセルします。/ ポップアップ ビューを閉じます。
/ フィルターを編集します。

実行時 (ブラウザー) のショートカット表

Access の標準的なショートカット キー

データベースを開く

ショートカットキー 説明
Ctrl + N 新しいデータベースを開きます。
Ctrl + O 既存のデータベースを開きます。

データベースを開くのショートカット表

印刷および保存を行う

ショートカットキー 説明
Ctrl + P 現在のオブジェクトまたは選択したオブジェクトを印刷します。
P
Ctrl + P
印刷プレビューから [印刷] ダイアログ ボックスを開きます。
S 印刷プレビューから [ページ設定] ダイアログ ボックスを開きます。

Esc
印刷プレビューまたはレイアウト プレビューを取り消します。
Ctrl + S
 Shift + F12
データベース オブジェクトを保存します。
F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス開きます。

印刷および保存を行うのショートカット表

コンボ ボックスまたはリスト ボックスを使用する

ショートカットキー 説明
F4
Alt + ↓
コンボ ボックスを開きます。
F9 ルックアップ フィールド リスト ボックス
またはコンボ ボックスの内容を更新します。
1 行下に移動します。
PageDown 1 ページ下に移動します。
1 行上に移動します。
PageUp 1 ページ上に移動します。
Tab コンボ ボックスまたはリスト ボックスを閉じます。

コンボ ボックスまたはリストボックスを使用するのショートカット表

テキストやデータの検索および置換を行う

ショートカットキー 説明
Ctrl + F [検索と置換] ダイアログ ボックスの [検索] タブを開きます
(データシート ビューおよびフォーム ビューの場合のみ)。
Ctrl + H [検索と置換] ダイアログ ボックスの [置換] タブを開きます
(データシート ビューおよびフォーム ビューの場合のみ)。
Shift + F4 [検索と置換] ダイアログ ボックスが閉じているときに、[検索と置換]
ダイアログ ボックスで指定したテキストと一致する次の箇所を検索します。
(データシート ビューおよびフォーム ビューの場合のみ)。

テキストやデータの検索および置換を行うのショートカット表

デザイン ビュー、レイアウト ビュー、またはデータシート ビューで作業する

ショートカットキー 説明
F2 データシートで、編集モード (カーソルが表示されるモード) と
ナビゲーションモードを切り替えます。
フォームまたはレポートで操作している場合は、Escキーを押すと
ナビゲーションモードを終了します。
F4 プロパティ シートに切り替えます
(フォームとレポートのデザイン ビューおよびレイアウト ビュー)。
F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。
F6 ウィンドウの上下の部分を切り替えます
(クエリのデザイン ビュー、および [フィルター/並べ替えの編集]
ウィンドウの場合)。
F6 フィールド グリッド、フィールド プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、
キーボード アクセス システムのアクセス キー、ズーム コントロール、
およびセキュリティ バーを順に切り替えます (テーブルのデザイン ビュー)。
F7 フォームまたはレポート上の選択されているコントロールから[ビルダーの選択]
ダイアログ ボックスを開きます (デザイン ビューのみ)。
F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択したプロパティから
Visual Basic Editorを開きます。
Alt + F11 Visual Basic Editor からフォームまたはレポートの
デザイン ビューに切り替えます。

デザイン ビュー、レイアウト ビュー、またはデータシート ビューで作業するのショートカット表

フォームとレポートのデザイン ビューでコントロールを編集する

ショートカットキー 説明
Ctrl + C 選択したコントロールをクリップボードにコピーします。
Ctrl + X 選択したコントロールを切り取って、クリップボードにコピーします。
Ctrl + V クリップボードの内容を、選択したセクションの左上隅に貼り付けます。

Ctrl + →
選択したコントロールを右に移動します
(レイアウトに含まれるコントロールを除く)。

Ctrl + ←
選択したコントロールを左に移動します
(レイアウトに含まれるコントロールを除く)。

Ctrl + ↑
選択したコントロールを上に移動します
(レイアウトに含まれるコントロールを除く)。

Ctrl + ↓
選択したコントロールを下に移動します
(レイアウトに含まれるコントロールを除く)。
Shift + ↓ 選択したコントロールの高さを高くします
(レイアウトに含まれるコントロールに使用すると、
レイアウトの行全体のサイズが変更されます。)
Shift + → 選択したコントロールの幅を広くします
(レイアウトに含まれるコントロールに使用すると、
レイアウトの列全体のサイズが変更されます。)
Shift + ↑ 選択したコントロールの高さを低くします
(レイアウトに含まれるコントロールに使用すると、
レイアウトの行全体のサイズが変更されます。)
Shift + ← 選択したコントロールの幅を狭くします
(レイアウトに含まれるコントロールに使用すると、
レイアウトの列全体のサイズが変更されます。)

フォームとレポートのデザイン ビューでコントロールを編集するのショートカット表

ウィンドウを操作する

既定では、Accessデータベースは、タブ付きドキュメントとして表示されます。ウィンドウ表示ドキュメントを使用するには、[ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックします。[Accessのオプション] ダイアログ ボックスで [カレント データベース] をクリックします。次に、[ドキュメント ウィンドウ オプション] の [ウィンドウを重ねて表示する] をクリックします。(オプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。)

ショートカットキー 説明
F11 ナビゲーション ウィンドウを切り替えます。
Ctrl + F6 開いているウィンドウを順に切り替えます。
Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、
指定したウィンドウを元の大きさに戻します。
Ctrl + F8 アクティブ ウィンドウが最大化になっていないときに、
サイズ変更モードにし、方向キーを押してウィンドウサイズを変更し、
Enter キーを押して新しいサイズを適用します。
Alt + Space コントロール メニューを表示します。
メニュー キー ショートカット メニューを表示します。
Ctrl + W
Ctrl + F4
アクティブなウィンドウを閉じます。
Alt + F11 Visual Basic Editor と以前のアクティブ ウィンドウを切り替えます。

ウィンドウを操作するのショートカット表

ウィザードを使用して作業する

ショートカットキー 説明
Tab ウィザード内でコントロール間のフォーカスを前に切り替えます。
Alt + N ウィザードの次のページに移動します。
Alt + B ウィザードの前のページに移動します。
Alt + F ウィザードを終了します。

ウィザードを使用して作業するのショートカット表

その他

ショートカットキー 説明
F2 選択したハイパーリンクの完全なハイパーリンク アドレスを表示します。
F7 スペル チェックを行います。
Shift + F2 [ズーム] ウィンドウを開き、
小さな入力領域にも式やテキストを入力しやすくします。
Alt + Enter デザイン ビューでプロパティ シートを表示します。
Alt + F4 Access を終了します。
Ctrl + F2 ビルダーを起動します。
Ctrl + →
Ctrl + ,
テーブル、クエリ、フォーム、またはレポート内で操作しているときに、
ビューを前方向に切り替えます。追加のビューが使用できる場合、
連続してキーを押すと使用できる
次のビューに移動します。
Ctrl + ←
Ctrl + .
テーブル、クエリ、フォーム、またはレポート内で操作しているときに、
ビューを戻る方向に切り替えます。追加のビューが使用できる場合、
連続してキーを押すと前のビューに移動します。
(Ctrl + . キーは、どのような状況においても、オブジェクトに
対しては使用できません。)

その他のショートカット表

ナビゲーション ウィンドウのショートカット キー

ナビゲーション ウィンドウの表示する

ショートカットキー 説明
F11 ナビゲーション ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + F ナビゲーション ウィンドウの [検索] ボックスに移動します。
(フォーカスが既にナビゲーション ウィンドウにある場合)。

ナビゲーション ウィンドウのショートカット表

[オブジェクト] リストを編集する、リスト内を移動する

ショートカットキー 説明
F2 選択したオブジェクトの名前を変更します。
1 行下に移動します。
PageDown 1 画面分下に移動します。
End 最後のオブジェクトに移動します。
1 行上に移動します。
PageUp 1 画面分上に移動します。

[オブジェクト] リストを編集する、リスト内を移動するのショートカット表

オブジェクト間を移動する、オブジェクトを開く

ショートカットキー 説明
Enter 選択したテーブルまたはクエリをデータシート ビューで開きます。
Enter 選択したフォームまたはレポートを開きます。
Enter 選択したマクロを実行します。
Ctrl + Enter 選択したテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、
またはモジュールをデザイン ビューで開きます。
Ctrl + G Visual Basic Editor で直前のウィンドウを表示します。

オブジェクト間を移動する、オブジェクトを開くのショートカット表

メニューを操作する

ショートカットキー 説明
メニューキー  ショートカット メニューを表示します。
Alt 
F10
アクセス キーを表示します。
Alt + Space プログラムのタイトル バーにプログラム アイコン メニューを表示します。

メニューまたはサブメニューの次のコマンドまたは前のコマンドを選択します。

左または右のメニューを選択するか、表示されたサブメニューと
メイン メニューを切り替えます。
Home
End
メニューまたはサブメニューの最初のコマンドまたは最後の
コマンドを選択します。
Alt 表示されているメニューとサブメニューを同時に閉じます。
Esc 表示されているメニューを閉じるか、表示されているサブメニュー
のみを閉じます。

メニューを操作するのショートカット表

ウィンドウおよびダイアログ ボックスを操作する

プログラム ウィンドウを使用する

ショートカットキー 説明
Alt + Tab 次のプログラムに切り替えます。
Alt + Shift + Tab 前のプログラムに切り替えます。
Ctrl + Esc Windows の [スタート] メニューを表示します。
Ctrl + W アクティブなデータベース ウィンドウを閉じます。
Ctrl + F6 次のデータベース ウィンドウに切り替えます。
Ctrl + Shift + F6 前のデータベース ウィンドウに切り替えます。
Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、指定したウィンドウを
元の大きさに戻します。

プログラム ウィンドウを使用するのショートカット表

ダイアログ ボックスを使用する

ショートカットキー 説明
Ctrl + Tab ダイアログ ボックス内の次のタブに切り替えます。
Ctrl + Shift + Tab ダイアログ ボックス内の前のタブに切り替えます。
Tab 次のオプションまたはオプション グループに移動します。
Shift + Tab 前のオプションまたはオプション グループに移動します。
方向キー 選択したドロップダウン リスト ボックス内でオプション間を移動するか、
オプション グループ内でオプション間を移動します。
Space 選択したボタンに割り当てられたアクションを実行するか、
チェック ボックスをオンまたはオフにします。
Alt+ 文字キー オプション名に含まれる下線付きの文字でそのオプションを選択、
あるいはチェック ボックスをオンまたはオフにします。
Alt + ↓ 選択したドロップダウン リスト ボックスを開きます。
Esc 選択したドロップダウン リスト ボックスを閉じます。
Enter ダイアログ ボックス内の既定のボタンに割り当てられた
アクションを実行します。
Esc コマンドを取り消し、ダイアログ ボックスを閉じます。

ダイアログ ボックスを使用するのショートカット表

テキスト ボックスで編集を行う

ショートカットキー 説明
Home エントリの先頭に移動します。
End エントリの末尾に移動します。

1 文字分左または右に移動します。
Ctrl + ←
Ctrl + →
1 単語分左または右に移動します。
Shift + Home カーソル位置からテキスト エントリの先頭までを選択します。
Shift + End カーソル位置からテキスト エントリの末尾までを選択します。
Shift + ← 選択範囲を 1 文字分左に移動します。
Shift + → 選択範囲を 1 文字分右に移動します。
Ctrl + Shift + ← 選択範囲を 1 単語分左に移動します。
Ctrl + Shift + → 選択範囲を 1 単語分右に移動します。

テキスト ボックスで編集を行うのショートカット表

プロパティシートを操作する

デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共にプロパティ シートを使用する

ショートカットキー 説明
F4 プロパティ シートの表示/非表示を切り替えます。

コントロールの選択ドロップダウン リスト内の選択を一度に
1 項目ずつ移動します。
PageDown
PageUp
コントロールの選択ドロップダウン リスト内の
選択を一度に 1 ページずつ移動します。
Tab コントロールの選択ドロップダウンリストからプロパティシートタブに
移動します。

タブは選択されており、プロパティは選択されていないときに、
プロパティ シート タブ間を移動します。
Tab プロパティが選択されているときに、タブ上で1つ下のプロパティに移動します。
Shift + Tab プロパティが選択されているときに、タブ上で 1 つ上のプロパティ
に移動するか、既に一番上の場合は、タブに移動します。
Ctrl + Tab プロパティが選択されているときに、前のタブに切り替えます。
Ctrl + Shift + Tab プロパティが選択されているときに、後ろのタブに切り替えます。

デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共にプロパティ シートを使用するのショートカット表

デザイン ビューでテーブルまたはクエリと共にプロパティ シートを使用する

ショートカットキー 説明
F4 プロパティ シートの表示/非表示を切り替えます。

タブは選択時、プロパティが選択されていない際に、
プロパティ シート タブ間を移動します。
Ctrl + Tab プロパティが選択されているときに、プロパティ シート タブに移動します。
Tab プロパティが選択されていないときに、タブ内の最初のプロパティに移動します。
Tab タブ上で 1 つ下のプロパティに移動します。
Shift + Tab タブ上で 1 つ上のプロパティに移動するか、
既に一番上の場合はタブ自体を選択します。
Ctrl + Tab プロパティが選択されているときに、前のタブに切り替えます。
Ctrl + Shift + Tab プロパティが選択されているときに、後ろのタブに切り替えます。

デザイン ビューでテーブルまたはクエリと共にプロパティ シートを使用するのショートカット表

デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共に [フィールド リスト] ウィンドウを使用する

ショートカットキー 説明
Alt + F8 [フィールド リスト] ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
Enter 選択したフィールドをフォームまたはレポートの詳細セクションに追加します。

[フィールド リスト] ウィンドウを上または下に移動します。
Tab [フィールド リスト] の上下のウィンドウ間を移動します。

デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共に [フィールド リスト] ウィンドウを使用するのショートカット表

テキストやデータを選択する

フィールド内のテキストを選択する

ショートカットキー 説明
Shift + → 選択範囲のサイズを 1 文字分右に変更します。
Ctrl + Shift + → 選択範囲のサイズを 1 単語分右に変更します。
Shift + ← 選択範囲のサイズを 1 文字分左に変更します。
Ctrl + Shift + ← 選択範囲のサイズを 1 単語分左に変更します。

フィールド内のテキストを選択するのショートカット表

フィールドまたはレコードを選択する
選択を解除するには、反対の方向キーを押します。

ショートカットキー 説明
Tab 次のフィールドを選択します。
F2 データシートで、編集モード (カーソルが表示されるモード) と
ナビゲーション モードを切り替えます。
フォームまたはレポートを使用している場合、Esc キーを押すと
ナビゲーション モードを終了します。
Shift + Space ナビゲーション モードで、カレント レコードが選択されている状態と、
カレント レコードの先頭フィールドが選択されている状態を切り替えます。
Shift + ↑ カレント レコードが選択されている場合に、前のレコードまで選択
範囲を拡張します。
Shift + ↓ カレント レコードが選択されている場合に、次のレコードまで選択
範囲を拡張します。
Ctrl + A
Ctrl + Shift + Space
すべてのレコードを選択します。

フィールドまたはレコードを選択するのショートカット表

選択範囲を拡張する

ショートカットキー 説明
F8 拡張モード (データシート ビューでは、ウィンドウの右下隅に
“拡張選択” と表示される)に切り替えます。繰り返し F8 キーを押すと、
単語、フィールド、レコード、およびすべてのレコードまで選択範囲が
拡張されます。

データシート ビューで、同じ行の隣接するフィールドまで選択範囲を拡張します。

データシート ビューで、隣接する行まで選択範囲
を拡張します。
Shift + F8 直前に行った選択範囲の拡張を取り消します。
Esc 拡張モードを取り消します。

選択範囲を拡張するのショートカット表

データシート ビューで列を選択し、移動する

ショートカットキー 説明
Ctrl + Space ナビゲーション モードのみで、現在の列を選択、または選択を解除します。
Shift + → 選択されている現在の列から 1 つ右の列まで選択範囲を拡張します。
Shift + ← 選択されている現在の列から 1 つ左の列まで選択範囲を拡張します。
Ctrl + Shift + F8 移動モードに切り替え、その後右方向キーまたは左方向キーを
押して、選択されている列を右または左に移動します。

データシート ビューで列を選択し、移動するのショートカット表

テキストやデータを編集する

カーソルが表示されていない場合は、F2 キーを押します。
フィールド内でカーソルを移動する

ショートカットキー 説明
カーソルを 1 文字分右に移動します。
Ctrl + → カーソルを 1 単語分右に移動します。
カーソルを 1 文字分左に移動します。
Ctrl + ← カーソルを 1 単語分左に移動します。
End 単一行フィールドではカーソルをフィールドの末尾に移動します。
複数行フィールドでは行の末尾に移動します。
Ctrl + End 複数行フィールドで、カーソルをフィールドの末尾に移動します。
Home 単一行フィールドではカーソルをフィールドの先頭に移動します。
複数行フィールドでは行の先頭に移動します。
Ctrl + Home 複数行フィールドで、カーソルをフィールドの先頭に移動します。

フィールド内でカーソルを移動するのショートカット表

テキストのコピー、移動、削除を行う

ショートカットキー 説明
Ctrl + C 選択したテキストをクリップボードにコピーします。
Ctrl + X 選択したテキストを切り取ってクリップボードにコピーします。
Ctrl + V クリップボードの内容をカーソルの位置に貼り付けます。
BackSpace 選択したテキスト、またはカーソルの左側の 1 文字を削除します。
Del 選択したテキスト、またはカーソルの右側の 1 文字を削除します。
Ctrl + Del カーソルの右側の文字をすべて削除します。

テキストのコピー、移動、削除を行うのショートカット表

変更内容を元に戻す

ショートカットキー 説明
Ctrl + Z
Alt + BackSpace
入力を元に戻します。
Esc カレント フィールドまたはカレント レコードの変更内容を元に戻します。
フィールドとレコードの両方の変更内容を元に戻すには、
Esc キーを 2 回押します。

変更内容を元に戻すのショートカット表

データシート ビューまたはフォーム ビューでデータを入力する

ショートカットキー 説明
Ctrl + ;  現在の日付を挿入します。
Ctrl + Shift+ : 現在の時刻を挿入します。
Ctrl + Alt + Space フィールドの既定値を入力します。
Ctrl + ‘ 前のレコードの同じフィールドの値を挿入します。
Ctrl + +  新しいレコードを追加します。
Ctrl + – データシートでカレント レコードを削除します。
Shift + Enter カレント レコードへの変更を保存します。
Space チェック ボックスまたはオプション ボタンの値を切り替えます。
Ctrl + Enter “短いテキスト” または “長いテキスト” フィールドに新しい行を挿入します。

データシート ビューまたはフォーム ビューでデータを入力するのショートカット表

カレント データによりフィールドを再表示する

ショートカットキー 説明
F9 ウィンドウ内のフィールドを再計算します。
Shift + F9 基になるテーブルに対して再クエリを行います。サブフォームの場合は、
そのサブフォームの基になるテーブルに対してのみ再クエリを行います。
F9 ルックアップ フィールド リスト ボックスまたはコンボ ボックスの内容を
更新します。

カレント データによりフィールドを再表示するのショートカット表

デザイン ビュー内を移動する

ショートカットキー 説明
F2 編集モードとナビゲーション モードを切り替えます。
F4
Alt + Enter
プロパティ シートを切り替えます。
F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。
F6 ウィンドウの上下を切り替えます (マクロ、クエリのデザイン ビュー、
および[フィルター/並べ替えの編集] ウィンドウの場合)。
Tab キーを押しても画面上の目的のセクションに移動しない場合に
F6 キーを使用します。
F6 デザイン ウィンドウ、プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、
アクセス キー、ズームコントロールを先に進む方向で切り替えます。
(テーブル、フォーム、レポートのデザイン ビューの場合)。
F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択した
プロパティからVisual Basic Editor を開きます。
Alt + F8 フォームまたはレポートで [フィールド リスト] ウィンドウを表示します。
既に [フィールド リスト] ウィンドウが表示されている場合は、フォーカスが
[フィールド リスト] ウィンドウに移動します。
Shift + F7 コード モジュールが開いているときに、Visual Basic Editor からフォーム
またはレポートのデザイン ビューに切り替えます。
Shift + F7 フォームまたはレポートのデザイン ビューに表示されたコントロールの
プロパティ シートからデザイン領域に切り替えます
(コントロールのフォーカスは保持される)。
Ctrl + C 選択したコントロールをクリップボードにコピーします。
Ctrl + X 選択したコントロールを切り取って、クリップボードにコピーします。
Ctrl + V クリップボードの内容を、選択したセクションの左上隅に貼り付けます。
ページのグリッドに沿って、選択したコントロールを右に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドに沿って、選択したコントロールを左に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドに沿って、選択したコントロールを上に 1 ピクセル移動。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールが
レイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上の
コントロールの位置と入れ替わります。)
ページのグリッドに沿って、選択したコントロールを下に 1 ピクセル移動。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールが
レイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置
がすぐ下のコントロールの位置と入れ替わります。)
Ctrl + → 選択したコントロールを右に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドは無視されます。
Ctrl + ← 選択したコントロールを左に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドは無視されます。
Ctrl + ↑ 選択したコントロールを上に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドは無視されます。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールが
レイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上の
コントロールの位置と入れ替わります。)
Ctrl + ↓ 選択したコントロールを下に 1 ピクセル移動。
ページのグリッドは無視されます。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールが
レイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置がすぐ下の
コントロールの位置と入れ替わります。)
Shift + → 選択したコントロールの幅を右へ 1 ピクセル広くします。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が
広くなります。)
Shift + ← 選択したコントロールの幅を左へ 1 ピクセル狭くします。
(集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が
狭くなります。)
Shift + ↑ 選択したコントロールの高さを下から 1 ピクセル低くします。
Shift + ↓ 選択したコントロールの高さを下から 1 ピクセル高くします。

デザイン ビュー内を移動するのショートカット表

データシート ビュー内を移動する

特定のレコードに移動する

ショートカットキー 説明
F5 レコード番号ボックスに移動します。次に、レコード番号を入力して、
Enter キーを押します。

特定のレコードに移動するのショートカット表

フィールド間およびレコード間を移動する

ショートカットキー 説明
Tab
次のフィールドに移動します。
End ナビゲーション モードで、カレント レコードの最終フィールドに移動します。
Shift + Tab
前のフィールドに移動します。
Home ナビゲーション モードで、カレント レコードの先頭フィールドに移動します。
次のレコードのカレント フィールドに移動します。
Ctrl + ↓ ナビゲーション モードで、最終レコードのカレント フィールドに移動します。
Ctrl + End ナビゲーション モードで、最終レコードの最終フィールドに移動します。
前のレコードのカレント フィールドに移動します。
Ctrl + ↑ ナビゲーション モードで、先頭レコードのカレント フィールドに移動します。
Ctrl + Home ナビゲーション モードで、先頭レコードの先頭フィールドに移動します。

フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表

データの表示画面を移動する

ショートカットキー 説明
PageDown 1 画面下に移動します。
PageUp 1 画面上に移動します。
Ctrl + PageDown 1 画面右に移動します。
Ctrl + PageUp 1 画面左に移動します。

データの表示画面を移動するのショートカット表

サブデータシート内を移動する

特定のレコードに移動する

ショートカットキー 説明
Alt + F5 サブデータシートからレコード番号ボックスに移動します。
次に、レコード番号を入力して、Enter キーを押します。

特定のレコードに移動するのショートカット表

データシートとサブデータシートの間を移動する

サブデータシート内のフィールド間またはレコード間を移動する場合も、データシート ビューと同じショートカット キーを使用できます。

ショートカットキー 説明
Tab データシート内の前のレコードの最終フィールドから、
サブデータシートに入ります。
Shift + Tab データシート内の次のレコードの先頭フィールドから、
サブデータシートに入ります。
Ctrl + Tab サブデータシートから出て、データシート内の次の
レコードの先頭フィールドに移動します。
Ctrl + Shift + Tab サブデータシートから出て、データシート内の
前のレコードの最終フィールドに移動します。
Tab サブデータシートの最後のフィールドから、データシートの
次のフィールドに移動します。
データシートから、サブデータシートを飛び越して、データシートの
次のレコードに移動します。
データシートから、サブデータシートを飛び越して、データシートの
前のレコードに移動します。

データシートとサブデータシートの間を移動するのショートカット表

フォーム ビュー内を移動する

特定のレコードに移動する

ショートカットキー 説明
F5 レコード番号ボックスに移動します。次に、レコード番号を入力して、
Enter キーを押します。フィールド間およびレコード間を移動する。

特定のレコードに移動するのショートカット表

フィールド間およびレコード間を移動する

ショートカットキー 説明
Tab 次のフィールドに移動します。
Shift + Tab 前のフィールドに移動します。
End ナビゲーション モードで、フォーム上の最後のコントロールに移動し、
カレント レコードにとどまります。
Ctrl + End ナビゲーション モードで、フォーム上の最後のコントロールに移動し、
最終レコードにフォーカスを置きます。
Home ナビゲーション モードで、フォーム上の最初のコントロールに移動し、
カレント レコードにとどまります。
Ctrl + Home ナビゲーション モードで、フォーム上の最初のコントロールに移動し、
先頭レコードにフォーカスを置きます。
Ctrl + PageDown 次のレコードのカレント フィールドに移動します。
Ctrl + PageUp 前のレコードのカレント フィールドに移動します。

フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表

複数ページのフォームのページ間を移動する

ショートカットキー 説明
PageDown 次のページに移動します。レコードの最後のページの場合は、
次のレコードの最後のページに移動します。
PageUp 前のページに移動します。レコードの最初のページの場合は、
前のレコードの最初のページに移動します。

複数ページのフォームのページ間を移動するのショートカット表

メイン フォームとサブフォームの間を移動する

ショートカットキー 説明
Tab メイン フォームの先行フィールドからサブフォームに移動します。
Shift + Tab メイン フォームの後続フィールドからサブフォームに移動します。
Ctrl + Tab サブフォームを閉じ、メイン フォームの次のフィールド、
または次のレコードに移動します。
Ctrl + Shift + Tab サブフォームを閉じ、メイン フォームの前のフィールド、
または前のレコードに移動します。

メイン フォームとサブフォームの間を移動するのショートカット表

印刷プレビューおよびレイアウト プレビュー内を移動する

ダイアログ ボックスおよびウィンドウを操作する

ショートカットキー 説明
Ctrl + P [印刷] から [印刷] ダイアログ ボックスを開きます。
S [ページ設定] ダイアログ ボックスを開きます (フォームおよびレポートのみ)。
Z ページの一部分を拡大または縮小します。
C
Esc
印刷プレビューまたはレイアウト プレビューを取り消します。

ダイアログ ボックスおよびウィンドウを操作するのショートカット表

他のページを表示する

ショートカットキー 説明
Alt + F5 ページ番号ボックスに移動します。次に、ページ番号を入力して、
Enter キーを押します。
PageDown
[ウィンドウ サイズに合わせる] が選択されている場合に、
次のページを表示します。
PageUp
[ウィンドウ サイズに合わせる] が選択されている場合に、
前のページを表示します。

他のページを表示するのショートカット表

印刷プレビューおよびレイアウト ビュー内を移動する

ショートカットキー 説明
下にスクロールします。
PageDown 1 画面分下にスクロールします。
Ctrl + ↓ ページの下端にスクロールします。
上にスクロールします。
PageUp 1 画面分上にスクロールします。
Ctrl + ↑ ページの上端にスクロールします。
右にスクロールします。
End ページの右端に移動します。
Ctrl + End ページの右下隅に移動します。
左にスクロールします。
Home ページの左端に移動します。
Ctrl + Home ページの左上隅に移動します。

印刷プレビューおよびレイアウト ビュー内を移動するのショートカット表

リボンのコマンド

リボンのキーボード ショートカット

1. Alt キーを押します。(現在のビューで使用可能な各機能の上に、キー ヒントが表示されます。実行している操作を取り消してキー ヒントを非表示にするには、Alt キーを押します。)

2. 使用する機能の上に表示されるキー ヒントに示されている文字のキーを押します。

3. 押した文字キーによっては、追加のキー ヒントが表示される場合があります。たとえば、[外部データ] タブがアクティブな状態で C キーを押すと、[作成] タブと、そのタブのグループに関するキー ヒントが表示されます。

4. 使用するコマンドまたはコントロール用の文字キーになるまで文字キーを押し続けます。場合によっては、コマンドが入ったグループの文字を最初に押す必要があります。

ヘルプ ウィンドウを使用する

ヘルプ ウィンドウからは、Office ヘルプのすべてのコンテンツを参照できます。[ヘルプ] ウィンドウには、トピックとその他のヘルプ コンテンツが表示されます。


ヘルプ ウィンドウ

ショートカットキー 説明
F1 ヘルプ ウィンドウを開きます。
Alt + Tab ヘルプ ウィンドウとアクティブなプログラムの間で切り替えます。
Alt + Home [プログラム名] のホームに戻ります。
Tab ヘルプ ウィンドウ内の次のアイテムを選択します。
Shift + Tab ヘルプ ウィンドウ内の前のアイテムを選択します。
Enter 選択されている項目のアクションを実行します。
Tab
Shift + Tab
ヘルプ ウィンドウの [<プログラム名> ヘルプの参照] セクションで、
次の項目または前の項目をそれぞれ選択します。
Enter ヘルプ ウィンドウの [<プログラム名> ヘルプの参照] セクションで、
選択された項目をそれぞれ展開するか折りたたみます。
Tab トピックの先頭にある [すべて表示する] または [すべて表示しない] を含め、
次の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。
Shift + Tab 前の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。
Enter 選択した [すべて表示する]、[すべて表示しない]、隠し文字、
またはハイパーリンクに対応するアクションを実行します。
Alt + ←
BackSpace
前のヘルプ トピックに戻ります ([戻る] ボタン)。
Alt + → 次のヘルプ トピックに進みます ([進む] ボタン)。
↑、↓ 現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に少しずつ
スクロールします。
PageUp、PageDown 現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に
大きくスクロールします。
Esc 直前の操作を停止します ([停止] ボタン)。
F5 ウィンドウを更新します ([更新] ボタン)。
Ctrl + P 表示中のヘルプ トピックを印刷します。(カーソルが現在のヘルプ トピック
にない場合は、F6 キーを押してから Ctrl キーと P キーを同時に押します。)
F6 ヘルプ ウィンドウ内の領域 (ツール バーと [検索] ボックス等) を切り替えます。
↑、↓ ツリー ビューの [目次] で、次のアイテムまたは前のアイテムを
それぞれ選択します。
←、→ ツリー ビューの [目次] で、選択したアイテムの展開および折りたたみを
それぞれ行います。

ヘルプ ウィンドウのショートカット表

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ]編集部アイコン画像
ライタープロフィール パソコン工房NEXMAG [ネクスマグ] 編集部

パソコンでできるこんなことやあんなこと、便利な使い方など、様々なパソコン活用方法が「わかる!」「みつかる!」記事を書いています。

記事を
シェア