Adobe Photoshopの「多角形ツール」を使って、ギザギザのシェイプの作り方を解説します。

クリエイター最終更新日: 20220701

Photoshop 多角形ツールでギザギザのシェイプを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強調したい箇所に使えるアイテムとして便利な素材の1つが、ギザギザした状態のシェイプです。今回は、Adobe Photoshop(以下Photoshop)の「多角形ツール」を使って、ギザギザのシェイプの簡単な作り方を解説します。執筆は、長年のPhotoshopユーザーでありクリエイターの海津ヨシノリさんです。

※ここでの検証は、Adobe Photoshop 2022(バージョン23.2)で行っています。

「多角形を作成」パネルで多角形を作る

Photoshopを起動して、ツールパネルの「多角形ツール」をクリック。

「多角形を作成」パネルが開かれ、「星の比率」がデフォルトで「100%」と設定されています。

角数を「15」、「星の比率」はデフォルトの「100%」で「OK」をクリックすると、以下の多角形が生成されます。

ギザギザ具合を調整する

ここで「星の比率」を100%以下に調整すると、「星のくぼみを滑らかにする」にチェックを入れることが可能です。

「星の比率」を「50」%、「星のくぼみを滑らかにする」にチェックした状態だと、以下のようなギザギザのシェイプが生成できます。

トゲトゲを強調したいなら、「星のくぼみを滑らかにする」のチェックを外します。

トゲトゲが強調された状態に変わりました。

さらに「角数」を増やし、「星の比率」を下げて調整します。例えば、「角数」を「15」から「20」に、「星の比率」を「50」%から「20」%にしました。「星のくぼみを滑らかにする」のチェックは入れておきます。

下のようなイメージになります。「星の比率」を下げたことでギザギザ感が増して、「星のくぼみを滑らかにする」にチェックを入れたことで、食い込みの箇所に丸みができ、中央の空白部分が確保された状態です。

このように「多角形ツール」の「多角形を作成」パネルを使えば、簡単な調整作業で、細かく自分のイメージに合ったギザギザを手軽に作れます。

気に入った形状ができたら登録する

気に入った形状ができたら登録しておくと便利です。作成したシェイプを選択し、右クリックで表示されるパレットから「カスタムシェイプを定義」を選べば、登録できます。

ライタープロフィール 海津ヨシノリ

グラフィックデザイナー、イラストレーター、大学非常勤講師(跡見学園女子大学、二松學舍大学)。毎日blogにてソフトウェア手法に加え、日曜大工ネタや撮影などのTipsをアップロードする。2006年から月例セミナーを開催中。

http://www.kaizu.com/

記事を
シェア