本記事では、Microsoftより発表されたWindows 11の発売日や無償アップグレード情報、必要スペックについて紹介いたします。

気になる製品最終更新日: 20210630

Microsoft Windows 11 発売情報・無償アップグレード情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【6/30更新】必要スペック要件の注釈などを更新いたしました。
Microsoftより、日本時間の2021年6月25日 0時に次世代Windowsの「Windows 11」が発表されました。ここでは、Windows 11の概要について速報いたします。

MicrosoftがオンラインイベントにてWindows 11を発表

Microsoftは、日本時間の2021年6月25日0時より「What’s next for Windows」というオンラインイベントを開催、そこで「Windows 11」を正式発表いたしました。
Windows 11はデザインやシステムを一新するなど、これまでにない大型アップデートのため、単なるWindows 10の改良ではなく、新たなWindowsである「11」を名乗ることになりました。

Microsoftイベント「What’s next for Windows」は、こちらでご覧いただけます(キャプションメニューで日本語が選べます)。
https://www.microsoft.com/en-us/windows/event

登場時期は2021年内・Windows 10からの無償アップグレードに対応

Windows 11の登場時期は、2021年内とされています。
ソフトウェアの販売形式ですが、現在のWindows 10は大型アップデート後にパッケージのバージョンが更新されて販売されるため、今回も同様と思われます。
なお、現在Windows 10をお使いの方は無償でアップグレードが可能ですが、スペック要件が変更されていますのでご注意ください。スペック要件につきましては記事後半にて紹介いたします。

Windows 11の主な特徴と機能

新デザインのUIによりスタートボタンが中央寄りに

Windows 11のデスクトップ画面は新UI(ユーザーインターフェース)やアイコンを採用し、スタートボタンなどがタスクバー左端から中央付近に移動したほか、ライブタイルがなくなるなどアイコンの構成も変更されています。丸みを帯びたガラススタイルのデザインとなり、新たなテーマも追加されています。

Windows 11 デスクトップ画面Windows 11 デスクトップ画面

スナップ機能を強化

マルチタスクでアプリケーションを利用する際に複数のウインドウを開きますが、Windows 11ではウインドウを整列させるスナップ機能が強化され、ユーザーが見やすい画面を簡単に選ぶことができます。

Windows 11のスナップ切り替え機能Windows 11のスナップ切り替え機能

ゲーム機能を強化

「Xbox」アプリの「Xbox Game Pass」や「Xbox Cloud Gaming」のユーザーインターフェースなどが統合されて扱いやすくなるほか、HDR非対応のゲームでも疑似的にHDR表示を可能にして臨場感あるプレイが楽しめる「AutoHDR」機能が搭載されました。
※AutoHDRはHDR対応のモニターとグラフィックスカードが必要になります。

HDR非対応ゲームを疑似表示可能にする「AutoHDR」HDR非対応ゲームを疑似表示可能にする「AutoHDR」

Androidアプリが実行可能に

Windows 11ではAndroid向けのアプリケーションが起動できるようになりました。ソフトウェアは「Amazon Appstore」からダウンロードすることになります。

Androidアプリ起動時の画面」Androidアプリ起動時の画面

その他改善点

その他、TeamsのOS統合に加え、デスクトップ画面の検索機能や、搭載ブラウザのMicrosoft Edge(Chromium版)のCPU、メモリ消費量低減化による動作速度向上、タッチ操作向けの新ソフトウェアキーボード採用など、従来機能の強化や改善も多数施されており、より使い勝手が向上しています。

Windows 11 必要スペック

Windows 11はWindows 10と比べ、メモリ容量やグラフィックスの要求スペックが上がりました。また、UEFIやTPM 2.0の対応が必須となるなど、動作条件が変更になっていますので、Windows 11のサイトや以下のリストをご確認ください。

※Windows 11のハードウェア最小要件は6月25日0時現在のスペックとなります。6/29に対応CPUが緩和されており、このハードウェア最小要件も今後変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

Microsoft Windows 11サイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

  Windows 10 64bit Windows 11
プロセッサー 1 GHz 以上のプロセッサーまたはシステム・オン・チップ(SoC)

1 GHz 以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサーまたはシステム・オン・チップ(SoC)
メモリー 2GB以上 4GB以上
ストレージ 32GB以上 64GB以上
グラフィックカード DirectX 9以上(WDDM1.0ドライバー)に対応 DirectX 12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
ディスプレイ 解像度 800 x 600 以上 対角サイズ9インチ以上
8ビットカラー対応
HD解像度(720p)
システムファームウェア UEFI、セキュアブート対応
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
インターネット接続と
Microsoftアカウント
アップデートの実行、一部の機能の利用およびダウンロードにインターネット接続が必要です Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

Windows 10 64Bit及びWindows 11 のハードウェア最小要件

取り急ぎ、Windows 11の概要について紹介いたしました。NEXMAGでは、発売などの情報に変化があり次第、当記事を更新いたします。また、Windowsやハードウェアの新製品登場の際には、パソコン工房WEB通販公式「@pc_koubou_web」より、いち早くお知らせします。その他お買い得情報、NEXMAGの最新記事のお知らせなど、パソコンライフを楽しくする情報を日々ツイートしていますので、ぜひフォローをお願いします。

ライタープロフィール 職人13号

テクニカルライターから巡り巡ってパソコン工房にやってきました。
「読みやすさ」をモットーに、文書作成やチェックを中心に担当していきます。
趣味はレトロゲームの攻略動画投稿などです。

記事を
シェア