Adobe Illustrator CCを使って簡単に矢印を描く方法を紹介します。「線」パネルでかんたんに様々なバリエーションの矢印を作成することができます。

クリエイター最終更新日: 20191119

Adobe Illustrator CCで矢印を書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢印を描くとき、多角形ツールで作った三角形と、線を組み合わせて…という作り方をしなくても、「線」パネルでかんたんに様々なバリエーションの矢印を作成することができます。

1.線をひく

Illustratorを起動したら、「新規作成」で新しいファイルを作成します。サイズは自由で大丈夫です。

「新規作成」から新しくファイルを作成する「新規作成」から新しくファイルを作成する

準備が整ったら、画面左のツールバーから、下図の「長方形ツール」を選択します。

そこで右クリックして「直線ツール」を選択します。

ちなみに、「¥」マークを押すとショートカットキーとして「直線ツール」を選択することができます。

長方形ツールを右クリックして「直線ツール」を選択長方形ツールを右クリックして「直線ツール」を選択

「直線ツール」を選択したら、アードボード上で自由に線を引っ張ります。

直線ツールでアートボードに線を描く直線ツールでアートボードに線を描く

次にツールバーから一番上の「選択ツール」に切り替えます。ここもショートカットキーが設定されていて「v」を押すと切り替えることができます。

選択ツールに切り替える選択ツールに切り替える

2.線パネルで設定を編集する

「選択ツール」に切り替えたら、上部メニューの「ウィンドウ」から「線」を選びます。

「ウィンドウ」→「線」を選択「ウィンドウ」→「線」を選択

「線ツール」を選ぶと「線パネル」が表示されます。

画面に「線パネル」が表示された画面に「線パネル」が表示された

もし線パネルが開いても上図のような表示の場合はオプションを表示させます。

線パネル右上のメニューバーをクリックすると、「オプションを表示」の項目が表示されるので、クリックします(下図赤枠)。

線パネルの「オプションを表示」をクリック線パネルの「オプションを表示」をクリック

オプションを表示すると、線に関する様々なオプションを設定できるようになります。

線パネル下部に表示されたオプション線パネル下部に表示されたオプション

新しく表示された部分に「矢印」項目があるのでクリックします。

様々な矢印のパターンの中から選べます。ここでは、「矢印7」を選択して作成しました。

反対側も同じように作成して下図のようになりました。

「矢印」項目で矢印のパターンを選択「矢印」項目で矢印のパターンを選択

一番上の項目にある「線幅」の数値をあげると、線の幅が広がりますが、線幅を太くすると、三角形の頭部分が大きくなり、とてもバランスが悪くなるので、その場合は「線」ウィンドウの中にある「倍率」を調整します。

線幅(上図赤枠)を太くすると矢印が大きくなりすぎるので「倍率(上図黄枠)」で調整線幅(上図赤枠)を太くすると矢印が大きくなりすぎるので「倍率(上図黄枠)」で調整

反対側も倍率を調整して整える反対側も倍率を調整して整える

Illustratorで矢印を簡単に描こう

今回は、Illustratorで簡単に矢印を描く方法をご紹介しました。

他のやり方でも矢印は作れますが、この方法を知っていれば簡単に矢印を作ることができるので、覚えておくと作業効率が格段に上がると思います。

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ]編集部アイコン画像
ライタープロフィール パソコン工房NEXMAG
[ネクスマグ] 編集部

パソコンでできるこんなことやあんなこと、便利な使い方など、様々なパソコン活用方法が「わかる!」「みつかる!」記事を書いています

記事を
シェア