衣類の収納時に便利なアイテム「VAGO」。軽量コンパクトで出張や旅行のお供として便利な超小型 衣類圧縮マシンをご紹介します。

気になる製品最終更新日: 20180409

出張便利グッズ!超小型 衣類圧縮マシンVAGOレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「VAGO(ヴァーゴ)」は、専用の真空バッグ(圧縮袋)を使用して、衣類を圧縮できる超小型 衣類圧縮マシンです。 衣類の収納時に便利なアイテムで、特に出張が多いビジネスマンにはおすすめです! もちろ自宅用として使用してもOKです。 出張の出発時には旅行用のキャリングケースにきちんと収まっていた荷物なのに・・・なぜか帰り際に増えていませんか? 取引先から頂いた資料やサンプル品、ちょっとした家族へのお土産なんかがどうしても増えちゃうんですよね。 そんな時「VAGO」があれば、かさばる衣類を約半分の体積に圧縮してスペースを空ける事が出来ます。 また、圧縮して密閉状態を保てば、異臭防止・細菌増殖を防ぐ効果もあります。すばらしい! 本体自体は非常に軽量コンパクトだから、常時、キャリングケースやスーツケース、リュックやカバンに入れておいても邪魔になりません。 旅のお供として便利な超小型 衣類圧縮マシン「VAGO」を紹介します。

超小型 衣類圧縮マシン「VAGO(ヴァーゴ)」とは?

なんたって軽量コンパクト

超小型 衣類圧縮マシンという商品を初めて耳にする人もいると思います。簡単に言うと「布団や毛布を専用の圧縮袋に入れて、掃除機で空気を吸い込んでぺったんこにする」やつのコンパクト版です。「VAGO」は、専用の真空バッグ(圧縮袋)を使用して、衣類を圧縮できる超小型 衣類圧縮マシンになります。

軽量コンパクトな本体は、サイズが縦7㎝×横3.6㎝、重量はわずか77gしかありません。まさに手の平サイズです。バッテリーを内蔵していない為、スーツケースに入れたまま飛行機への持ち込みも可能です。付属している専用の真空バッグ(圧縮袋)は、Mサイズになります。専用真空バッグは、3種類(S/M/Lサイズ)が別売されていますので、必要に応じて買い足して下さい。

筒のような円柱状のVAGO本体は、円柱上部に電源スイッチ、下部にmicroUSBポート(メス)、円柱側面がインジケーター(2枚目写真)、インジケーターの反対側に真空バッグと接続するコネクタが付いています。スイッチ・ポート・インジケーター・コネクタについては、各使用場面で説明していきます。

パッケージ内容(VAGO本体、microUSBケーブル、専用真空バッグ(圧縮袋)Mサイズ、簡易マニュアル)パッケージ内容(VAGO本体、microUSBケーブル、専用真空バッグ(圧縮袋)Mサイズ、簡易マニュアル)

VAGO本体を正面から見たところ円柱上部に電源スイッチ、円柱側面(写真正面)がインジケーターになっているVAGO本体を正面から見たところ円柱上部に電源スイッチ、円柱側面(写真正面)がインジケーターになっている

キャリングケースのポケットに入れているところキャリングケースのポケットに入れているところ

USB給電だから、使い勝手良し

使用時の給電は、microUSBケーブルで行います。VAGO本体のmicroUSBポート(メス)にmicroUSBケーブルを接続して下さい。給電可能なUSBポートさえあればどこでも利用できるのは嬉しいですね。

ACアダプタ接続だとACアダプタ自体がかさばるし、海外で使用する場合は電圧変換器が必要だったりして面倒です。USB給電なら、例えば、ノートパソコンのUSBポートからの給電でもOKですし、モバイルバッテリーから給電する事も出来ちゃいます。インジケーターが緑色になっていれば、正常に給電されている状態です。

microUSBポート(メス)の部分microUSBポート(メス)の部分

付属のmicroUSBケーブル付属のmicroUSBケーブル

ノートパソコンのUSBポートから給電している様子ノートパソコンのUSBポートから給電している様子

モバイルバッテリーから給電している様子モバイルバッテリーから給電している様子

衣類の圧縮で空きスペースを作る!さらに異臭防止や細菌増殖を防ぐ効果も

衣類などを約50%まで圧縮することが可能です。空いたスペースに別の荷物を積めたり、一回り小さいバッグ やスーツケースで移動できるようになります。もちろ自宅にある洋服に使用しても良いです。

また、専用の真空バッグ(圧縮袋)は二重ストッパーになっています。完全に密閉されるので、異臭防止・細菌増殖を防ぐ効果もあります。

二重ストッパーの封をするプラスチック金具部分二重ストッパーの封をするプラスチック金具部分

衣類を入れてから、二重ストッパーに封をしてみよう衣類を入れてから、二重ストッパーに封をしてみよう

圧縮が完了した状態です。完全に密閉されている為、異臭防止・細菌増殖を防ぐ効果もあるようだ圧縮が完了した状態です。完全に密閉されている為、異臭防止・細菌増殖を防ぐ効果もあるようだ

VAGOの使い方は超簡単!

【1】衣類を専用の真空バッグ(圧縮袋)に入れます。
【2】真空バッグのコネクタのネジを外します。
【3】「真空バッグのネジを外したコネクタ」と「VAGO本体側面のコネクタ」の位置を合わせて、VAGO本体を時計回りに1~2回まわして接続します。※カチッという音などの接続完了音はありません。無理に回しすぎると破損する恐れがある為、注意してください。
【4】ノートパソコンのUSBポートやモバイルバッテリーに接続して給電します。給電状態になるとインジケーターが緑色になります。
【5】円柱状のVAGO本体上部にある電源スイッチを押すと圧縮が始まります。真空バッグ内の空気排出中はインジケーターが赤色になります。
【6】圧縮が完了するとインジケーターが緑色に変わります。VAGO本体を取り外して【2】で外した真空バッグのコネクタのネジを元に戻して下さい。

真空バッグの大きさや内容物により変わりますが、おおよそ下記の目安にて圧縮が完了します。

Sサイズ:約3分
Mサイズ:約5分
Lサイズ:約10~12分

【1】衣類を専用の真空バッグ(圧縮袋)に入れます。【1】衣類を専用の真空バッグ(圧縮袋)に入れます。

【2】真空バッグのコネクタのネジを外します。【2】真空バッグのコネクタのネジを外します。

VAGO本体側面のコネクタです。メス口になっています。VAGO本体側面のコネクタです。メス口になっています。

【3】VAGO本体を時計回りに1~2回まわして接続します。【3】VAGO本体を時計回りに1~2回まわして接続します。

【4】給電状態になるとインジケーターが緑色になります。【4】給電状態になるとインジケーターが緑色になります。

【5】真空バッグ内の空気排出中はインジケーターが赤色になります。【5】真空バッグ内の空気排出中はインジケーターが赤色になります。

【6】圧縮が完了するとインジケーターが緑色に変わります。VAGO本体を取り外して【2】で外した真空バッグのコネクタのネジを元に戻して下さい。【6】圧縮が完了するとインジケーターが緑色に変わります。VAGO本体を取り外して【2】で外した真空バッグのコネクタのネジを元に戻して下さい。

実際どのくらい圧縮できるのか?

実際に付属している専用の真空バッグ(圧縮袋)Mサイズにセーターとダウンジャケットを入れて、モバイルバッテリーで給電しながら圧縮してみました。

・セーターの素材:綿55%、アクリル18%、毛15%、ナイロン12%
・ダウンジャケットの中綿の素材:ダウン90%、フェザー10%

素材にもよりますが、セーターは約半分、ダウンジャケットに至っては約1/6になりました。ノギスで測ってみると圧縮具合は一目瞭然です!

【圧縮前】セーター厚み約5.19cm、ダウンジャケット厚み約7.12cm
【圧縮後】セーター厚み約2.57cm、ダウンジャケット厚み約1.15cm

試しで使用するセーターとダウンジャケットになります。試しで使用するセーターとダウンジャケットになります。

圧縮前のセーターの厚みは、約5.19cmです。圧縮前のセーターの厚みは、約5.19cmです。

圧縮前のダウンジャケットの厚みは、約7.12cmです。圧縮前のダウンジャケットの厚みは、約7.12cmです。

モバイルバッテリーで給電しながら圧縮している様子です。モバイルバッテリーで給電しながら圧縮している様子です。

圧縮後のセーターの厚みは、約2.57cmになりました。圧縮後のセーターの厚みは、約2.57cmになりました。

圧縮後のダウンジャケットの厚みは、約1.15cmになりました。圧縮後のダウンジャケットの厚みは、約1.15cmになりました。

出張便利グッズとしてVAGOはビジネスマンにおすすめ

私事ですが、1~2年程前に担当していた仕事の関係で、月1くらいのペースで海外出張に行っていました。そんな私の経験から、「VAGO」は出張便利グッズとしてビジネスマンにとっては重宝するはずです。

出張の出発時には旅行用のキャリングケースにきちんと収まっていた荷物も、取引先から頂いた資料やサンプル品、家族へのちょっとしたお土産などで、帰り際にはキャリングケースがパンパンになります。パンパンでも上手く収まれば良いのですが、収まりきれない荷物は手持ちになります。日本に到着して雨でも降っていたら、最悪です。

衣類を圧縮して荷物をキャリングケース1個分くらいにしておけば身軽に行動できますし、汗まみれのシャツや匂う靴下を密閉できるというのが素晴らしいですね!1度使ってみれば、便利過ぎて出張に欠かかせなくなると思います。

縮前のセーターとダウンジャケットを普通にキャリングケースへ入れたところ縮前のセーターとダウンジャケットを普通にキャリングケースへ入れたところ

圧縮した状態で2つ折にしたところ圧縮した状態で2つ折にしたところ

圧縮したセーターとダウンジャケットをキャリングケースに入れたところ高さが全然違います圧縮したセーターとダウンジャケットをキャリングケースに入れたところ高さが全然違います

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ]編集部アイコン画像
ライタープロフィール 職人10号

学生時代の店舗アルバイトをきっかけに就職し、現在Eコマースで仕事をしております。皆さんに知って欲しい「おもしろい製品」や「アイディア商品」を分かりやすく紹介させて頂きます。

記事を
シェア