Adobe Photoshop 2022とペンタブレットを用いて、幅広い作品を残したマルク・シャガール(Marc Chagall)風の描画方法を、クリエイターのArtist HAL_さんが解説します。

クリエイター最終更新日: 20220705

Photoshop ペンタブレット操作でシャガール風描画を表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe Photoshop 2022(以下Photoshop)とペンタブレットを用いて、世界的に著名な画家の画風を再現する手順を解説します。ここでは、幅広い作品を残したマルク・シャガール(Marc Chagall)を取り上げます。フリー素材などを活かしながらタブレットで描画する方法を、クリエイターのArtist HAL_さんが解説します。

ベース画像を用意する

マルク・シャガール(1887年7月7日 – 1985年3月28日)は、パブロ・ピカソと並び称される20世紀を代表する画家です。油彩画や版画などの絵画だけでなく立体や壁画、モザイク、タピストリーと幅広い制作物があります。

ここでは、Photoshopとペンタブレット操作でシャガールの画風の作品を作りましょう。まずは今回の完成イメージをご覧ください。

今回は、シャガールが大好きだったとされるサーカスのインスパイアから、空に浮かぶ人物と、シャガール・ブルーと呼ばれる独特の青の世界を意識したサンプル作品を作ることにしました。作品作りの参考に、「シャガール 青」などで検索して出てくる画像群を参考にするといいでしょう。

今回は、以下のフリー素材をベースにしながら進めていきます。

“Unrecognizable ethnic man dancing break dance on embankment · Free Stock Photo”.Free Stock Photos · Pexels.2020.
https://www.pexels.com/photo/unrecognizable-ethnic-man-dancing-break-dance-on-embankment-5368927/

“水域の上を跳躍する青いスポーツブラと紫のショートパンツの女性:無料の写真素材”.Free Stock Photos · Pexels.2018.
https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1094095/

“Photo of Orange Tabby Cat With Red Handkerchief · Free Stock Photo”.Free Stock Photos · Pexels.2018.
https://www.pexels.com/photo/photo-of-orange-tabby-cat-with-red-handkerchief-1741205/

背景を青にする

女性と男性が空中でダンスをしている場面を想定し、背景にはシャガール・ブルーが広がるようにします。

まず新規ファイルを用意。筆者は、幅21cm × 高さ29.7cm、解像度は350pixelで商業印刷用の解像度で制作します。

背景を青く塗るために、Photoshopの「ブラシ」パネルで該当するブラシを選びます。「ブラシ」パネルは、ツールバーで「ブラシ」を選択するか、メニューバーの「ウィンドウ」→「ブラシ」を選択します。

今回はKyle’sブラシの水彩ブラシを使いました。Kyle’sブラシは、デフォルトだとブラシの数が限られています。そこで、Photoshop CCの有償メンバーなら無償でダウンロードが可能な、Kyle T. Webster氏が作成した1,000種類を超える特製Photoshopブラシをインストールしましょう。

ブラシは以下からダウンロードできます。

“Adobe Photoshop | Kyle T. Websterによる特製ブラシをダウンロード”.Adobe Photoshop.2021.
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop/brushes.html

ここでは上記より「WATERCOLOR」をダウンロード後、より適切なKyle’sブラシの水彩ブラシ「Kyle’s Real Watercolor」を選びます。その中で最初は、大きめの水彩ブラシで背景を青で全面に塗ります。にじみ具合が実際の水彩に近いことも確認できるでしょう。

この時点で背景イメージを確定させるわけではないので、まずは雰囲気重視で自分の加減で塗り重ねを進めましょう。

最終的に背景の上に3枚のレイヤーを重ねます。筆者はレイヤーの描画モードを下のレイヤーから「ソフトライト」「カラー比較(暗)」「乗算」にして重ねました。設定はみなさんの判断で適宜アレンジしましょう。

背景に人物を重ねる

ここで登場する人物の男女は、シャガールと彼の最愛の妻ベラを想定してみました。使用する素材写真はそれぞれ異なるシチュエーションですが、動きを優先して選びましょう。

写真素材に対して、メニューバーの「選択範囲」から「被写体を選択」を選びます。

実行した状態です。厳密でなく、おおよそが選択されていればOKです。

もう1枚の男性の素材も同様の手順で進めて、コピー&ペーストでキャンバス上に移し、それぞれ変形や回転などをしながら、自分の気に入った状態で配置します。

メニューバーより「編集」→「パペットワープ」を選択。作業前に人物のレイヤーは結合しておきます。全体が網で覆われた状態(三角形のポリゴンメッシュが広がった状態)になります。

メッシュ上をクリックすると、そこにピン(白い丸)が打たれ固定されます。いくつかのピンを打ち、固定させた後は1つのピンを動かし、メッシュ全体をコントロールしながら変形します。

同じ手順で猫素材もキャンバス上へ。ここでは、猫が2人を見つめているような配置にしました。

シャガール風ブラシのダウンロード

配置した男女について、空中ブランコに揺られながらダンスをしているイメージで考えることとしました。猫はこのブランコのファンで、演技を終えて降りてくる2人を花束で迎えるファンのような存在とします。また、シャガールの絵は画面の下の方によく街並みが描かれているので、この絵にも小さな家の光を描くことにしました。

2人の画像は「人物素材」という名前でレイヤーグループにまとめて、不透明度を20%程度に下げておきます。下絵レイヤーを作っておき、次からの作業に備えます。

ブラシ設定パネルのハンバーガーメニューより、「新規ブラシプリセット」を作ります。筆者は、下絵を描くために鉛筆のような「Chagall_pen」を用意しました。以下からダウンロードしてください。

ブラシは以下からダウンロードできます。

“ブラシ用ダウンロードURL”.NEXMAG.2021.
https://stylograph.com/nexmag/chagall2.abr

※筆者の都合などにより、データは削除される場合があります
※ダウンロードデータを第三者に配布したり、インターネット上で配信したりすることを禁止いたします

筆者が用意したファイル「chagall2.abr」をダウンロード後、ダブルクリックするだけで自動的にPhotoshopにシャガール描画用のブラシセットが実装されます。

では、素材写真をトレースしながらペンタブレットで描きましょう。足などは画像をそのままではなく、イメージに合うように調整しながら描きます。

鳥や魚たちも、サーカス一座のメンバーとして描き加えていきます。

下絵レイヤーの上に「人物」「動物」「背景」と3枚のレイヤーを作って、その後の作業をしやすくしておくのもいいでしょう。描く対象のレイアウトや色彩を考えながら、全体を青の統一した色で描き、他の色も部分的にアクセントとして入れています。

完成に向けて最終調整

引き続き、筆者が用意したブラシセットから、「ChagallePaint」を用いて描写します。このブラシはエッジが柔らかく、筆跡も残っているかのようにペイントできます。

光の方向を考えて、青の色に変化を付け人物レイヤーにペイントしていきます。下絵のスケッチ描画が邪魔になる箇所は、通常の消しゴムで消しながら進めます。

花の描画にもこのブラシは使えますが、「シェイプ」の「角度のジッター」の「コントロール」を「進行方向」に変えます。

するとブラシが、平筆のタッチを使ったように変化します。それでは花を増やしていきましょう。

ブラシ設定を調整した場合は、必ず新しいブラシとして保存しておきましょう。

最終調整に向けて、不透明度の調整やブラシサイズを調整しながら描き込みます。その際、カラーウィンドウはカラーホイールに変えておくと、微細な色を拾いやすくなります。

例えば、鳥の胴体にあるピンクは、尾の部分で用いた色をスポイトしていますが、不透明度を変えて異なる色を使っているように表現しています。

シャガール作品の動物たちは、目がアーモンド型で、まるで人格化されているような姿のものをよく見かけます。ここでは猫や魚、鳥にも反映しました。

人物や動物レイヤーの下に新規に「光」レイヤーを作り、サーカスのスポットライトをイメージして光を描き入れました。

背景レイヤーには、街並みのほかにサーカス団の楽器やピエロのような人物などを、ほとんど線描のように描き入れながらサーカステントの中の楽しさを演出してみました。あわせて、背景のシャガール・ブルーを調整します。

さらに前景レイヤーを作り、細部調整が完了したら作品完成です。下はこの時点の全レイヤーです。

シャガールの場合、作品のモチーフは元の状態から変形させていることが多いです。変形には、前述のパペットワープを使うのも一案です。全体の青基調の中に、ポイントとして赤や黄色を並べることで、いっそうシャガール風な作品世界が漂うでしょう。

最後に、改めて完成イメージをご覧ください。

ライタープロフィール Artist HAL_

KOTOPLANNINGアートディレクター。元デジタルハリウッド大学客員教授。コンピューターおよびアクリル絵の具を使った自然な表現手法によるポートレート作品を制作発表、アプリ解説書、絵本など数十冊出版

記事を
シェア