Excelでは、シートの保護とセルのロック機能を使うことで、特定のセルを変更できないようにすることができます。ここではその方法をご紹介します。

ソリューション最終更新日: 20210215

Excelで特定のセルを変更できないようにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelでは、シートの保護とセルのロック機能を使うことで、特定のセルを変更できないようにすることができます。シート全体ではなく、一部のセルだけ編集可能にすることで、それ以外のセルが変更できなくなります。シートに重要なデータがある場合、特定のセルを変更できないようにすることで、誤って書き換えてしまうことを防ぐことができます。
ここでは特定のセルを変更できないようにする方法をご紹介します。
※本記事の内容はExcel 2016 / Excel 2019にて確認しています。

特定のセルを変更できないようにする方法

1.編集してもいいセルをドラッグまたはクリックする

ここでは「セルC2~C6」を選択します。

セルをドラッグしたところセルをドラッグしたところ

2.選択したセルを右クリックして、「セルの書式設定」をクリックする

右クリックメニューにある「セルの書式設定」右クリックメニューにある「セルの書式設定」

3.タブの「保護」をクリックして、「ロック」のチェックマークを外す

セルの書式設定にある保護タブ

4.「OK」をクリックし、選択したセルのロックを解除する

「OK」をクリック

5.シートを保護する

タブの「校閲」を選択して、「シートの保護」をクリックします。

校閲タブにある「シートの保護」

もしくはシートのタブを右クリックして、「シートの保護」をクリックします。

シートの右クリックメニューにある「シートの保護」

6.「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックマークが入っていることを確認し、「OK」をクリックする

チェックマークが入っているところ

7.選択したオレンジのセルはロックが解除されているので編集ができ、緑の部分はシートの保護により変更できないことを確認する

編集できるセルとできないセル

変更のできないセルをダブルクリックすると、「変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。…」と表示されます。
このメッセージが表示されれば、変更できないように設定できたと確認できます。

メッセージが表示されている画面

シートの保護を解除する方法

タブの「校閲」を選択し、「シート保護の解除」をクリックすると解除することができます。

校閲タブにある「シート保護の解除」校閲タブにある「シート保護の解除」

シートの保護とセルのロックを使いこなそう!

以上、Excelで特定のセルを変更できないようにする方法をご紹介しました。セルのロックを解除することで一部が編集可能に、シートの保護をすることでそれ以外のセルを変更できないようにすることができます。ぜひ2つの機能を使いこなしてみてください。

確認環境:
Windows 10 (Home) 64bit (バージョン:1903)
Excel 2016 (バージョン:2003)、Excel 2019 (バージョン:2004)

ライタープロフィール 職人12号

期待のニューカマー!
真の職人目指して日々修業中です。

記事を
シェア