Radeon RX 480 AMD Polaris とは| パソコン実験工房資料室

Radeon RX 480 | AMD Polaris とは

「Radeon RX 480」とは、AMDより2016年6月に発表された、最新のAMD Polarisアーキテクチャを採用したRadeon RXシリーズのグラフィックカードです。
Polaris(ポラリス)はHawaii(ハワイ)やFiji(フィジー)などと同様、AMDの開発コードネームおよびアーキテクチャの名称です。
DirectX 12やValkunなどのAPIへの最適化をはじめとし、性能向上、VRへの対応などから、Windows 10と組み合わせることで最大パフォーマンスを発揮できるグラフィックカードです。
Radeon RX 480 (Polaris)の主な特徴

  • 製造プロセスが14nmとなり、前世代のRadeon R9 380(28nm)から比べて微細化しました。
  • ミニGPUあたりの演算ユニット数が増加し、全体としてCompute Unitコアの数が増加し、性能が向上しました。
  • 製造プロセスの微細化により、動作クロックが上昇し性能が向上するだけでなく、電力効率も向上しました。
  • グラフィックメモリは従来と同じ「GDDR5」となりますが、7Gbpsから8Gbpsへと高速化されました。
  • 高いフレームレートが必要なVRや、DirectX12、Valkunに対し最適化されました。
  • 従来はCPU処理を行っていたハードウェアスケジューラを内蔵し、3D描画と演算タスクをより動的に柔軟に実行できるようになりました。
モデルナンバーについて

Radeon RX 480を含むPolarisの製品型番(モデルナンバー)は次のようなルールで命名されています。


Polarisモデルナンバー命名ルール

詳細スペックについて


  RADEON™ RX 480
GPUコア(コードネーム) Polaris 10
製造プロセス 14nm FinFET
Direct X 世代 12
ストリーミングプロセッサ数 2,304基
定格クロック 1,120MHz
ブーストクロック 1,266MHz
メモリタイプ GDDR5
メモリバス帯域幅 224GB/s以上
メモリバス幅 256bit
メモリ転送レート 7Gbps以上
メモリ容量 4/8GB
接続インターフェイス PCI Express 3.0×16
CrossFireX 4Way
AMD FREESYNC™
TDP 150W
補助電源コネクタ 6pin