インテル Broadwell-Eとは |パソコン実験工房資料室

Broadwell-Eとは

「Broadwell-E」とは、2016年5月に発表された、第6世代インテルCore iプロセッサーファミリーの、ハイエンドデスクトップソリューションです。「第6世代」とはなりますが、アーキテクチャは「Skylake」ではなく、一世代前の「Broadwell」世代となります。末尾に追加されている「-E」はインテルコードネームの慣例的にハイエンドデスクトップシリーズを示しています。
アーキテクチャとしては一世代前となりますが、「Broadwell-E」はコア数が多く、マルチコア処理性能の高さから既に発売されているCore i7-6700の上位のCPUの扱いとなります。
※Broadwell(ブロードウェル)は、Skylake(スカイレイク)や、Haswell(ハズウェル)と同様、インテルの開発コードネームです。
※「Broadwell-E」の末尾の「-E」はハイエンドデスクトップシリーズを示します。Core i7-6700などの一般デスクトップCPUは「Skylake-S」と呼ばれています。

Broadwell-Eの主な特徴

  • 製造プロセスが「Skylake」と同じ14nmに微細化しました。
  • コンシューマデスクトップ向けとしては「初の」10コアCPUです。従来はXeonシリーズなどでしかラインナップされていませんでした。
  • 従来の「DDR4-2133」に加え、より高速なメモリ「DDR4-2400」をサポートしました。
  • 対応チップセットはCore i7-5960Xなどの従来のCPU「Haswell-E」と同じ「インテル X99チップセット」を採用し、CPUソケットも「LGA2011-v3」を使用することができます。
  • TDPが140WとなりCPUクーラーも「LGA2011-v3」対応のものをそのまま使用することができます。
モデルナンバーについて

Broadwll-Eの製品型番(モデルナンバー)は次のようなルールで命名されています。


Broadwll-Eモデルナンバー命名ルール

詳細スペックについて

  Core i7-6950X Core i7-6900K Core i7-6850K Core i7-6800K
コードネーム Broadwell-E
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 10/20 8/16 6/12 6/12
動作クロック 3.0GHz 3.2GHz 3.6GHz 3.4GHz
TurboBoost 3.5GHz 3.7GHz 3.8GHz 3.6GHz
キャッシュ 25MB 20MB 15MB 15MB
PCI-Express Gen 3.0
レーン数 40 28
メモリ 対応メモリ DDR4-2400
最大容量  
TDP 140W
64bitコード intel64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX2.0
仮想化 VT-x
VT-d
セキュリティ機能 XD ビット
TXT ×
AES
vPRO ×
対応ソケット LGA2011-v3
対応チップセット Intel X99 チップセット
前のページに戻る
Broadwell-E特集