インテル Skylakeとは| パソコン実験工房資料室

Skylakeとは

「Skylake」とは、2015年8月に発表された、第6世代インテル Core iシリーズ プロセッサー ファミリーです。 「第6世代」とあるように、Core iシリーズもこれまでに多くの製品が発売されているため、どの時期の、どのモデルかを分かりやすくする目的でインテルの開発コードネームが通称で使われています。

※Skylake(スカイレイク)は、Haswell(ハズウェル)や、Broadwell(ブロードウェル)と同様、インテルの開発コードネームです。

Skylakeの主な特徴

  • 今までのインテル第4世代Core iシリーズであるHaswellや、第5世代Core iシリーズであるBroadwellでは、LGA1150ソケットでしたが、Skylakeからは、新しいCPUソケットLGA1151を採用しています。
  • Haswellと比較して、Skylakeは14nmプロセスで製造され、クロックあたりの性能が向上しています。
  • Skylakeでは、内蔵するグラフィック機能も一新され、性能の向上だけでなく、最新のDirectX 12やOpenGL 4.4対応し、4K動画などで使用されるCodec HEVCやVP9に対応しました。 また、4096×2304の高解像度をサポートするDisplay Portや、HDMI2.0(※)に対応し、4Kの動画編集など最新技術を駆使するクリエイターにとって最適なCPUとなっています。
    ※実際の搭載ディスプレイ出力端子はマザーボードメーカーの仕様によります。
  • メモリコントローラーも刷新され、従来のDDR3より高速に動作するDDR4メモリに対応(※)しました。
    ※実際の搭載可能メモリーはマザーボードメーカーの仕様によります。
モデルナンバーについて

Skylakeの製品型番(モデルナンバー)は次のようなルールで命名されています。


Skylakeモデルナンバー命名ルール

オーバークロック向け「Core i7-6700K」と「Core i5-6600K」について

2015年8月に第1弾として発売された「Core i7-6700K」と「Core i5-6600K」は、モデルナンバー末尾に「K」が付いた、特にオーバークロックをサポートする第6世代Core iシリーズです。 Haswellでは調節することの難しかった、ベースクロックの細かな変更を「Skylake」ではサポートしますので従来より柔軟なオーバークロックを行うことができます。

  Core i7-6700K Core i5-6600K
コードネーム Skylake
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 4/8 4/4
動作クロック 4.0GHz 3.5GHz
TurboBoost 4.2GHz 3.9GHz
キャッシュ 8MB 6MB
PCI-Express Gen 3.0
レーン数 16
メモリ 対応メモリ DDR4-2133
DDR3L-1600
最大容量 64GB(DDR4),32GB(DDR3)
GPU Intel HD Graphics530
TDP 91W
64bitコード intel64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX2.0
仮想化 VT-x
VT-d
セキュリティ機能 XD ビット
TXT ×
AES
vPRO ×
対応ソケット LGA1151
対応チップセット Intel 100 Series

通常版「Core i7-6700」、「Core i5-6600」、「Core i5-6500」、「Core i5-6400」、「Core i3-6320」、「Core i3-6100」について

2015年9月に第二弾として、Core i7とCore i5シリーズが追加されました。
TDPが65Wとなり、省電力性がHaswell世代と比較しても低下、電力効率の非常に高いCPUとなっています。

  Core i7-6700 Core i5-6600 Core i5-6500 Core i5-6400 Core i3-6320 Core i3-6100
コードネーム Skylake
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 4/8 4/4 2/4
動作クロック 3.4GHz 3.3GHz 3.2GHz 2.7GHz 3.9GHz 3.7GHz
TurboBoost 4.0GHz 3.9GHz 3.6GHz 3.3GHz 非対応
キャッシュ 8MB 6MB 4MB 3MB
PCI-Express Gen 3.0
レーン数 16
メモリ 対応メモリ DDR4-2133, DDR3L-1600
最大容量 64GB(DDR4), 32GB(DDR3)
GPU Intel HD Graphics530
TDP 65W 47W
64bitコード intel64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX2.0
仮想化 VT-x
VT-d
セキュリティ機能 XD ビット
TXT ×
AES
vPRO ×
対応ソケット LGA1151
対応チップセット Intel 100 Series

省電力版「Core i7-6700T」、「Core i5-6600T」、「Core i5-6500T」、「Core i5-6400T」、「Core i3-6300T」、「Core i3-6100T」について

こちらも2015年9月に第二弾として追加となった、型番の末尾に「T」のつく省電力モデルはTDP35Wの低消費電力モデルとなっています。

  Core i7-6700T Core i5-6600T Core i5-6500T Core i5-6400T Core i3-6300T Core i3-6100T
コードネーム Skylake
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 4/8 4/4 2/4
動作クロック 2.8GHz 2.7GHz 2.5GHz 2.2GHz 3.3GHz 3.2GHz
TurboBoost 3.6GHz 3.5GHz 3.1GHz 2.8GHz 非対応
キャッシュ 8MB 6MB 4MB 3MB
PCI-Express Gen 3.0
レーン数 16
メモリ 対応メモリ DDR4-2133, DDR3L-1600
最大容量 64GB(DDR4), 32GB(DDR3)
GPU Intel HD Graphics530
TDP 35W
64bitコード intel64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX2.0
仮想化 VT-x
VT-d
セキュリティ機能 XD ビット
TXT ×
AES
vPRO ×
対応ソケット LGA1151
対応チップセット Intel 100 Series

対応チップセットは、Intel 100シリーズチップセットとなり、第6世代Core iシリーズのLGA1151ソケットをサポートし、Skylake世代のCPU専用のチップセットとなります。

2015年8月5日にIntel 100シリーズチップセットの第一弾として、Z170チップセットが発売されました。Z170チップセットは、いわゆる“全部入り”のチップセットとなり、同時に発売されたCPU Core i7-6700Kのオーバークロックをサポートします。

  Intel® B150 Intel® H170 Intel® Z170
コードネーム Skylake
製造プロセス 22nm
TDP 6W
PCI Express レーンの最大数 8 16 20
USB3.0ポートの最大数 6 8 10
USB2.0の最大数 12 14 14
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 6 4 6
RAID構成 N/A 0/1/5/10
PCI-Express 3.0
サポートされるプロセッサー PCI Express ポートの構成 1×16 1x16, 2x8, 1x8+2x4
インテル® スマート・レスポンス
・テクノロジー
×
インテル® スモール・ビジネス
・アドバンテージ
×