AMD Ryzen™ プロセッサーとは | パソコン実験工房資料室

Ryzen とは

「Ryzen」とは、AMDより2017年3月に発売された、第1世代「Zen」マイクロアーキテクチャをはじめて採用するAMDの新たなCPUシリーズ「AMD Ryzenプロセッサー」です。 前世代である「Excavator」マイクロアーキテクチャに比べ、「Zen」マイクロアーキテクチャでは、CPUの動作クロックあたりの処理能力(IPC)が最大52%もの向上を果たしインテルCore iシリーズに匹敵する程の強力な処理能力を持ちます。 「Ryzen」シリーズ第1弾として、「Ryzen 7」がリリースされ、インテルCore i7シリーズの対抗製品と位置付けられています。

「Ryzen」の読み方

「ライゼン」と読みます。CPUのシリーズ名として「Ryzen 7」は「ライゼン セブン」と一般的には読まれています。 また、関連するワードとしてマイクロアーキテクチャ名である「Zen」は「ゼン」、「Excavator」は「エクスカベイター」と読みます。

「Zen」アーキテクチャとは

「Zen」アーキテクチャは、AMDの最新のCPUアーキテクチャとなり、「Bulldozer」、「Piledriver」、「Excavator」などが過去の名称に当たります。「Zen」アーキテクチャは、過去のアーキテクチャから大幅に方針を変更し、最新技術を惜しみなく投入し、動作クロックあたりの処理性能の大幅な向上と消費電力の改善を目標とし設計され、その結果、「Excavator」アーキテクチャに比べ消費電力はそのままに52%もの性能向上を果たしました。「Zen」アーキテクチャを特徴づける機能として、1コアあたり2スレッド処理(SMT)、最大20MBのキャッシュと改善されたキャッシュ効率、高精度なコアクロックブースト、高効率なFinFET製造プロセスなどがあげられます。

Ryzenの主な特徴

CPU

  • 「Ryzen」に採用される「Zen」マイクロアーキテクチャは、以前の「Excavator」マイクロアーキテクチャに比べ、クロックあたりの処理性能(IPC)が52%向上しました。
  • 「Ryzen 7」はすべて8コア16スレッドとなり、「Simultaneous Multi Threading」(SMT)技術を採用し理論スレッド処理が可能になりました。これはインテルでいうインテル ハイパースレッディング テクノロジーと同様の技術となります。
  • 「Ryzen 7」のキャッシュサイズは20MB(L3+L2)となりました。
  • すべてのモデルで倍率ロックフリーとなり、X370、B350のマザーボードと組み合わせることでオーバークロックに対応します。
  • 「Zen」マイクロアーキテクチャではAMD SenseMI(センスミー、センスエムアイ)テクノロジーを採用し、5つの代表的な機能「Pure Power」「Precision Boost」「Extended Frequency Range」「Neural Net Prediction」「Smart Prefetch」をもちます。
  • 「Pure Power」や「Precision Boost」により25MHz単位で細かく動作クロックを制御し、処理効率と電力効率のバランスをとります。
  • 「Extended Frequency Range(XFR)」により自動的に冷却状態(空冷、液冷、極冷)を感知し動的に電圧やクロックを変化させます。余裕がある場合通常よりも動作クロックを伸ばします。
  • 「Neural Net Prediction」や「Smart Prefetch」により予測精度を向上させ、先読込機能を強化しました。学習機能も向上し、キャッシュのヒット率を向上させました。
  • AMD Ryzen Master Utilityをサポートし、オーバークロックや電圧などの制御がOS上から可能です。
  • DDR4メモリをサポートし、PCI Express Gen3をx16レーン内蔵します。

GPU

  • Ryzenはグラフィック機能は内蔵しないCPUとなり、別途、グラフィックカードが必要になります。
  • GeForce GTXやRadeonのグラフィックカードをサポート、SLIやCrossFireXを組むこともできます。

※GPUを統合する第7世代APU Aシリーズ 「Bristol Ridge」と共通のSocket AM4採用マザーボードとなるため、グラフィック出力端子が付くマザーボードもありますが、「Ryzen」搭載時は映像出力はされませんのでご注意ください。

チップセット・その他

  • Socket AM4を新たに採用し、すでに発売されている第7世代APU Aシリーズと共通のソケットとなります。
  • 「Ryzen」に対応したチップセットとして、AMD X370、B350、A320チップセットがあります。この他、ITX向け専用チップセットがあります。
  • 「Ryzen」および「第7世代APU Aシリーズ」は共通のチップセット、マザーボードを使用することができます。※マザーボードの仕様によります。

AMD Ryzenのセグメント

AMD Ryzenプロセッサーは、第7世代APU Aシリーズに対しハイエンド~メインストリーム向けのセグメントとなり、強力なCPU処理を必要とするクリエイターやゲーム向けのCPUとなります。

セグメント プロセッサ コア/スレッド キャッシュ PCIe NVMe DDR4 USB
Ryzen 最大8コア/16スレッド 最大4+16MB x16 Gen3 x4 NVMe 2ch
最大2667
USB3.1
Gen1 x4
メインストリーム
第7世代APU
Bristol Ridge
4コア APU 2MB x8 Gen3 x2 NVMe
4コア CPU 2MB
エントリー
2コア APU 1MB

Ryzenのモデルナンバーについて

Ryzenの製品型番(モデルナンバー)は次のようなルールで命名されています。

モデルナンバーについて

Ryzen 7について

AMD Ryzenシリーズ最上位となるRyzen 7は、インテルCore i7と同等の位置づけとなり、高いパフォーマンスをもちます。すべてのCPUでオーバークロックに対応し、CPUの動作クロックや電圧、メモリ動作クロックを自由に変更することができます。

Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700X Ryzen 7 1700
コードネーム Summit Ridge
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 8/16 8/16 8/16
動作クロック 3.8GHz 3.4GHz 3.0GHz
Precision Boost 4.0GHz 3.8GHz 3.7GHz
XFR
(XFR幅2倍)
キャッシュ(L3) 16MB 16MB 16MB
PCI-Express Gen 3.0
レーン数 24
メモリ 対応メモリ DDR4-2667 / 2400 / 2133
最大容量 64GB
TDP 95W 65W
GPU 搭載なし
64bitコード AMD 64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX
仮想化 AMD-V
セキュリティ機能 NX ビット
AES
対応ソケット AM4
対応チップセット AMD 300シリーズ

Ryzen対応チップセットについて

Socket AM4をサポートし、AMD Ryzenシリーズだけでなく第7世代APU「Bristol Ridge」A 9000シリーズもサポートする共通のチップセットとなります。
※対応するCPU/APUはマザーボードの仕様によります。

チップセット AMD 300 シリーズ チップセット
X370 B350 A320
ソケット AM4
対応CPU AMD Ryzenシリーズ / 第7世代APU Aシリーズ
PCI Express レーンの最大数 8 6 4
PCI-Express 2.0
USB3.1ポートの最大数 2 2 1
USB3.0ポートの最大数 6 2 2
USB2.0の最大数 6 6 6
SATA Expressポートの最大数 2 2 2
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 4 2 2
RAID構成 0/1/10
CFX/SLI対応 ×
オーバークロック対応 ×