iiyamaPCより発売された学生生活向け「iiyama キャンパスPC」について、その特徴や性能について紹介します。

気になる製品最終更新日: 20240201

学生生活で安心して使い続けられるiiyama キャンパスPC 2024年モデルフォトレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iiyama キャンパスPCは「学生生活に必要なパソコン」を徹底的に調査し、性能、機能、使い勝手、仕様、保証など様々な必要要件を満たすことで、学生生活は勿論のこと、社会人になっても安心して使い続けられるPCです。
また、毎年最新のモデルを採用しており、学生生活向けとしてだけでなく、メインPCとしても十分利用可能なスペックを備えています。

本記事では、iiyama キャンパスPC最新モデルの主な特徴や仕様について紹介したします。

iiyama キャンパスPCとは

iiyamaキャンパスPCは、新生活に向けてパソコンをお探しの学生の皆様が充実した学生生活を過ごすための手助けとなれるように、性能や機能だけでなく携帯性や保証なども満たしたパソコンです。
ここではiiyama キャンパスPCの14型ノートパソコン「STYLE-14FH124-i5-UCFXM [Windows 11 Home](以下「STYLE-14FH124-i5-UCFXM」)が実際にどのような性能や機能、保証などを揃えているか、紹介いたします。

※仕様一覧は記事の最後に記載しております。

オンライン授業に欠かせないWebカメラや、Wi-Fi 6E対応の高速無線LANを搭載

STYLE-14FH124-i5-UCFXMには、フルHD解像度をカバーする200万画素のWEBカメラを搭載、また高速無線LAN規格のWi-Fi 6E(IEEE801.11ax)に対応など、オンライン授業を快適にする機能が充実しています。
バッテリーも、動画を再生し続けて4.8時間、最大なら11.5時間駆動(※)が可能ですので、講義中にバッテリー切れとなる心配もほぼありません。

※JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 3.0)に基づいた測定を行っております。

高性能CPUと高速SSDを搭載

STYLE-14FH124-i5-UCFXMのCPUは、第13世代 インテル Core モバイル・プロセッサーのCore i5-1335Uを搭載しています。インテル Coreプロセッサーは、第12世代よりシングルスレッド処理性能を重視したPerformance-core(P-core)と、マルチスレッド性能を重視し電力効率に優れたEfficient-core(E-core)を同じシリコンダイ上に実装するハイブリッド・アーキテクチャーを採用し、大幅に性能が向上しました。
また、SSDは、高速なNVMe対応 M.2 SSDを搭載しており、OSやアプリケーションの起動や使用時にストレスを感じません。

Passmark Performance TestでCPU性能を計測
ここでは、ベンチマークソフトPassmark 9を用いて、CPUの総合的な演算性能を見ています。
それぞれのCore i5は、2022~2024年のキャンパスPC基本モデル搭載CPUです。また比較用として、第11~12世代はCore i7搭載の上位モデルも計測しています。

結果として、Core i5-1335Uは搭載メモリがDDR5に変わった影響もありますが、第11~12世代のCore i5はもちろん、Core i7も上回りました。このスコアならインターネットや動画視聴などの普段使いはもちろん、Officeや編集ソフトもさらに快適に扱えます。

Core i5-1335UベンチマークスコアCore i5-1335Uベンチマークスコア

なお、本製品には、PCのモニタリング&動作モード切り替えツールの「Control Center」がインストールされています。
動作モードは、「エンターテイメント」、「パフォーマンス」、「省電力」、「静音」の4種類があり、ACアダプタを接続している場合はエンターテイメントやパフォーマンス、外出先での使用時は静音や省電力に切り替えるといった、環境に応じた最適なパフォーマンスで使用可能です。

動作モードを簡単に切り替え可能なControl Center動作モードを簡単に切り替え可能なControl Center

CrystalDiskMarkでSSD速度を計測
次はストレージの速度を測るベンチマークソフトウェアCrystalDiskMark で搭載SSDを計測しました。複数の条件で読み込み速度(Read)と、書き込み速度(Write)を計測し、数値が大きいほど性能が高いことを示します。
SSDの最大性能を示す「SEQ1M Q8T1」の項目を見ると、読み込み速度は6000MB/s、書き込み速度は3000MB/sを超えており、OSやアプリケーション、データの読み込みも非常にスムーズです。

CrystalDiskMark計測結果CrystalDiskMark計測結果

重さ1kg未満かつ堅牢性に優れる筐体

STYLE-14FH124-i5-UCFXMは、重さ約0.93kg、そして厚さ20.2mmと薄型軽量のため、カバンにも入れやすく持ち運びの負担が少なくなります。そして、米国国防総省調達基準「MIL-STD-810G」(MIL規格:ミルスタンダード)が定めた基準を通過しており(※)、外出が多い人も安心してご利用が可能な堅牢性を誇ります。

※テストはMIL規格に基づき第三者機関が厳格な管理の下、実施いたしておりますが、当社が実際に同様の条件での動作や非破壊、非故障を保証するものではございません。故障、破損に関しましては当社の保証規定に準拠いたします。

安心して長く使える4年保証や買取保証付き、物損保証モデルも用意

通常のiiyamaPCは標準1年保証付き、そして延長保証で3~4年の選択が可能ですが、iiyamaキャンパスPCは学生生活を満遍なくサポートできるように、標準で4年保証付きとなっています。さらに、自然故障だけでなく持ち運び時の落下や水漏れなどのアクシデントによる破損や故障にも対応する物損保証付きモデルも.選択可能です。
また、STYLE-14FH124-i5-UCFXMを始めとした当社指定の14型ノートパソコンモデルでは、将来「もっと高いスペックのパソコンに買い換えたい」といった場合にも安心の「キャンパスPC最低買取価格保証」がついています。ご購入の際にあらかじめ2年後、4年後の最低買取価格保証期間と金額が提示されておりますので、計画的にご活用いただけます。

Office付きやメモリ・SSDを増設したBTOモデルもご用意

STYLE-14FH124-i5-UCFXMはWEB通販及び店頭でご購入可能な本体完成済みモデルのため、WEBでのマウス・ヘッドセット・インナーケースのセット購入は可能ですが、その他カスタマイズには対応しておりません。
BTOモデルではOffice付きモデルや、メモリ・SSDの増設モデルなどお好みに合わせてお選びいただけるほか、カスタムでは液晶モニター・ノートPC用クーラーなどの周辺機器も選択可能となっています。

本体の外観や端子を確認

次に、STYLE-14FH124-i5-UCFXMの付属品や、本体の外観や端子類、ソフトウェアについて紹介します。

本体と付属品
まずは本体や付属品を確認しましょう。本体のほか、ACアダプタ、各種マニュアル、保証書などが付属しています。

本体及び付属品一覧本体及び付属品一覧

本体と付属品
パネルを開けて正面から見た状態です。

液晶を開け正面からデザインを確認液晶を開け正面からデザインを確認

天面と底面
天面はシンプルなデザインで、iiyamaロゴが施されています。BTOモデルの場合、オプションで天板ロゴ(iiyama)なし」も選択可能です。

フラットでシンプルな天面フラットでシンプルな天面

底面は四隅にゴム足がありまず。また、前方左右にステレオスピーカーが搭載されているほか、型番やシリアルが印刷されているシールが貼ってあります。

本体の底面写真本体の底面写真

薄型でスリムベゼルのスタイリッシュデザイン

STYLE-14FH124-i5-UCFXMは、サイズが約幅322mm×奥行218mm×高さ20.2mm(※ゴム足含む)、重さは約0.93kg(バッテリー含む)と薄型軽量で、さらに液晶は幅5.7mmのスリムベゼルを採用しており、しまった印象のスタイリッシュデザインです。

液晶パネルとWEBカメラ
液晶パネルはフルHD(解像度1920×1080)の14型ノングレア(非光沢)タイプです。映りこみが少なく、授業や会議など長時間の使用でも目に負担がかかりにくくなっています。

液晶パネルとベゼル部分液晶パネルとベゼル部分

ベゼル上部の中央には、200万画素のWEBカメラ及びスピーカー、マイクが内蔵されており、ネットミーティングやWEB会議で活用できます。

200万画素のWebカメラを搭載200万画素のWebカメラを搭載

液晶パネルは180度開閉可能です。ミーティング時などで対面の相手と画面を共有しやすく、また立てかける様な置き方も可能といったメリットがあります。

液晶パネルは180度開閉可能液晶パネルは180度開閉可能

キーボードとタッチパッド
キーボードは日本語配列、アイソリューション対応のレイアウトです。主要キーのキーピッチは19mmを確保しており、キー入力がしやすくなっています。キーパッドは面積が広く、ジェスチャー操作にも対応しています。

キーボードとタッチパッドキーボードとタッチパッド

Thunderbolt 4など最新コネクタに対応

本製品は最新規格のThunderbolt 4 Type-Cコネクタを搭載しており、USB関連機器はもちろんThunderbolt接続の外付けGPUも使用可能など、幅広い周辺機器が利用できるほか、DP Altモードにも対応しておりDisplayPort出力が可能です。

また、USB PD(Power Delivery)対応のため、USB Type-C充電器での充電も可能です(※)。
※65W以上の出力可能なUSB PD対応機器(ACアダプター、モバイルバッテリー)が別途必要です。
※PD inのみの対応のため、本体から他の機器への高出力充電には対応していません。

右側面:左から電源ボタン、MicroSDカードリーダー、オーディオ、USB 3.0、セキュリティスロット右側面:左から電源ボタン、MicroSDカードリーダー、オーディオ、USB 3.0、セキュリティスロット

左側面:左からACアダプタ接続口、HDMI、USB 3.1、Thunderbolt 4(USB-Type-C)左側面:左からACアダプタ接続口、HDMI、USB 3.1、Thunderbolt 4(USB-Type-C)

学生生活を充実させるキャンパスPCに注目!

ご覧の様に、STYLE-14FH124-i5-UCFXMは薄型軽量で持ち運びやすいだけでなく、堅牢性に優れサポートも充実しており、持ち運びが多い学生生活で安心して使えるパソコンとなっています。
性能も第13世代インテル Core プロセッサーと高速SSD、最新規格のコネクタ搭載により、普段使いからOffice、編集ソフトやゲームもこなせるなど、機能性とスペックのバランスに優れた1台です。
なお、本記事では持ち運び向けのモバイルノートを紹介しましたが、15型ノートPCやゲーミングPC(デスクトップ)のBTOモデルもご用意しております。持ち運び、据え置きに関わらず、新生活用にパソコンが欲しい方すべてにオススメできるラインナップですので、ぜひiiyama キャンパスPCをご検討ください。

ご購入前相談も受付中

学生向けパソコン iiyama キャンパスPCについてのご相談は、お電話をはじめ、LINEやメールでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。詳細はキャンパスPCのページでご確認ください。

モデル名 STYLE-14FH124-i5-UCFXM [Windows 11 Home]
形状 14型(非光沢カラー液晶)
解像度 フルHD(1920×1080ドット)
OS Windows 11 Home
CPU型番 Core i5-1335U
メインメモリ DDR5-4800 (PC4-38400) 8GB(オンボード)
グラフィックス インテル統合グラフィックス
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
光学ドライブ 光学ドライブ非搭載
チップセット CPU統合チップセット
カードリーダー micro SDカードリーダー
オーディオ機能 High Definition Audio subsystem
スピーカー / マイク 内蔵ステレオスピーカー
カメラ 200万画素
LAN 無線:IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n対応 Wi-Fi 6E + Bluetooth 5
キーボード 日本語キーボード
マウス・ポインティングデバイス マルチタッチ対応タッチパッド
電源 ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー
外部端子 ヘッドフォン出力/マイク入力×1 ,USB3.0×1 ,USB 3.1×1 ,
Thunderbolt 4ポート(Type-C)×1 ,ディスプレイ出力(HDMI×1)
重量 約0.93kg(パソコン本体のみ、バッテリー含む)
※カスタマイズ内容により重量は異なります
サイズ 約幅322mm×奥行218mm×高さ20.2mm(※ゴム足を含む)

 iiyama キャンパスPC「STYLE-14FH124-i5-UCFXM [Windows 11 Home]」の仕様一覧

ライタープロフィール 職人13号

テクニカルライターから巡り巡ってパソコン工房にやってきました。「読みやすさ」をモットーに、文書作成やチェックを中心に担当していきます。趣味はレトロゲームの攻略動画投稿などです。

記事を
シェア