性能 ・比較 - Haswell Refresh(第4世代インテルCoreプロセッサー


Haswell Refreshで新しくなった機能をご紹介!

Haswell Refresh(第4世代インテルCoreプロセッサー)とは?

ここがすごい!Haswell Refresh(第4世代インテルCoreプロセッサー)最大の特徴

インテル最新CPUの第4世代インテルCoreプロセッサーは、統合型GPUの構造を根底から見直し、演算ユニットの数を最大2.5倍に増加。これによってグラフィックスパフォーマンスを従来比で約2倍に高速化。GPUが大幅に強化されています。 またGPUの進化のみに留まらず、L2キャッシュの効率を見直し、帯域を倍増。第3世代の「Ivy Bridge」と比べて、同じクロックで10%の性能アップするなど、多数のグレードアップが図られています。

Haswell Refresh(第4世代インテルCoreプロセッサー)シリーズ別で比較

第4世代インテルCoreプロセッサー比較表と第3世代インテルCoreプロセッサーを比較。CPUクロックなどは第3世代から変更がなく、グラフィック能力が変更となります。 また、ソケット形状も変更となりますので、マザーボードが別途必要となります。第4世代インテルCoreプロセッサー対応マザーボード

製品名 i7-4790K i7-4790 i7-4790S i5-4690K i5-4690 i5-4590 i5-4460 i5-4690S i5-4590S
アーキテクチャ Haswell Refresh
プロセス 22nm
ソケット LGA1150
対応メモリ DDR3-1600/1333
PCI-Express 3.0
コア(スレッド)数 4(8) 4(4)
動作クロック
(Turbo Boost)
4.0GHz
(4.4GHz)
3.6GHz
(4.0GHz)
3.2GHz
(4.0GHz)
3.5GHz
(3.9GHz)
3.5GHz
(3.9GHz)
3.3GHz
(3.7GHz)
3.2GHz
(3.4GHz)
3.2GHz
(3.9GHz)
3.0GHz
(3.7GHz)
キャッシュ 8MB 6MB
Graphics HD4600
TDP 88W 84W 65W 88W 65W
対応チップセット Intel 9シリーズ
製品名 i3-4360 i3-4350 i3-4170 i3-4150 G3450 G3440 G3240 G1850 G1840
アーキテクチャ Haswell Refresh
プロセス 22nm
ソケット LGA1150
対応メモリ DDR3-1600/1333 DDR3-1600/1333 DDR3-1333
PCI-Express 3.0
コア(スレッド)数 2(4) 2(2)
動作クロック
(Turbo Boost)
3.7GHz
(非搭載)
3.6GHz
(非搭載)
3.7GHz
(非搭載)
3.5GHz
(非搭載)
3.4GHz
(非搭載)
3.3GHz
(非搭載)
3.1GHz
(非搭載)
2.9GHz
(非搭載)
2.8GHz
(非搭載)
キャッシュ 4MB 3MB 3MB 2MB
Graphics HD4600 HD4400 HD
TDP 54W 53W
対応チップセット Intel 9シリーズ

チップセットを比較

Haswellと比べて明らかな相違点は、新機軸となるM.2スロットの有無。M.2の規格に対応した製品は従来のSATA 3.0を凌ぐ高速性能を有しているため、ハイスピードなデータ転送を可能にします。(M.2スロットは、マザーによって搭載していない可能性もございます)

チップセット比較表 Z97 Z87 H97 H87 H81
対応ソケット LGA1150 LGA1150 LGA1150 LGA1150 LGA1150
画面出力(最大) 3 3 3 3 2
オーバークロック機能 × × ×
Intel Rapid Storage Technology対応 × (AHCIのみ)
Intel Smart Response Technology対応 ×
Intel Rapid Start Technology対応 ×
USB 3.0ポート(最大数) 6 6 6 6 2
SATA 6Gb/s対応ポート(最大数) 6 6 6 6 2
PCI Express 2.0(5GT/s) 8 8 8 8 6
PCI Express M.2 対応 × × ×

第4世代インテルCoreプロセッサーで強化された統合グラフィック

これまで『インテル HD Graphics』と称されていた統合型GPUは、全部で5レベルに分類が変更され、 さらに上位2レベルのGT3eとGT3は『インテル HD graphics』から『Iris(アイリス) graphics』というブランドネームにアップデートされます。 第4世代Coreプロセッサーの最上位グラフィックでは、前世代に比べて約2倍ものグラフィックパフォーマンスを実現します。

グラフィックレベル グラフィック名
GT3e インテル Iris Pro graphics 5200
GT3(28W) インテル Iris graphics 5100
GT3(15W) インテル HD graphics 5000
GT2 インテル HD graphics 4600/4400/4200
GT1 インテル HD graphics

省電力性能がさらに向上

アイドル時の省電力機能にC6/C7/C8/C9/C10ステートが追加。数が増えるにつれアイドル時の電力消費が低減され、 C10ステートではなんとCPUの消費電力が45mW程度にまで抑えらます。尚、デスクトップパソコンで、C6/C7ステートを利用するためには0.05Aの電流を制御できる電源を用意する必要があります。第4世代インテルCoreプロセッサー正式対応電源
※C8/C9/C10はモバイル向けCPUのみの対応となります。

第4世代インテルCoreプロセッサーのことなら、国内最大級のパソコンショップ「パソコン工房」にお任せください。

前のページに戻る
Haswell Refresh特集