価格抑えて入門向けのディープラーニング開発を行なえるおすすめ | デスクトップパソコン

めしやま

用途を絞ったライトユースに

ディープラーニングのサンプルコードを動かすなど、入門者の学習用パソコンなど簡単な処理をするとして割り切って使用する
方におすすめメシ。
以下のおすすめのスペックをご確認いただき、
あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
価格を抑えた パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

CPUのコア数は学習処理の前処理(画像の回転や拡大縮小などの処理)においても影響します。サンプルコードでの学習など、入門向けでのご利用であればCore i3やRyzen 3、Core i5、Ryzen 5のCPUでも十分に動作します。

グラフィックス

サンプルコードでの学習など、入門用としディープラーニングを体験したい方にはGeForce GTX 1660 SUPERやGeForce RTX 3060などのグラフィックスがおすすめです。※ご使用予定のフレームワークのドライバ対応状況は事前にご確認ください。NGCコンテナーで提供されているものもございます。

メモリ

加工するデータサイズに応じてご検討ください。多くの場合メモリ容量は8GB程度でも十分動作します。

ストレージ(SSD・HDD)

ディープラーニングではグラフィックス搭載メモリ、メインメモリ、ストレージの順でデータがプールされます。メインメモリから溢れるほどのデータを扱う場合は、高速なSSDを搭載することがおすすめとなります。

その他のディープラーニング開発を行なえるデスクトップパソコンはこちら
  • 最高環境!
  • コスパ重視!
  • 価格を抑えて
あなたはどれにするメシ?
近くのパソコン工房のお店で相談する

パソコンに詳しい専門スタッフと直接相談したい場合やお店にあるパソコンをすぐに持ち帰りたい方におすすめメシ!
また、お手持ちのパソコンのスペックアップなどのご相談も任せて欲しいメシ!

全国のパソコン工房店舗はこちら
参考になったメシか?
はい いいえ