コスパを重視してプログラミングが行なえるおすすめ | ノートパソコン

めしやま 左揃え

サクサク動く充実スペック

並列処理などを含む本格的なプログラミングがサクサク快適に動作し、仮想環境の構築までこなせてコスパが良いメシ。以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
コスパ重視! パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

四則演算や条件分岐の処理では、CPUの動作クロックの高さが重要です。並列処理を行なう場合は、CPUのコア数が多いほど有効となります。このため本格的にプログラミングやデータ集計を行なう場合は、動作クロックとコア数ともにバランスが取れているCore i5のCPUがおすすめとなります。

グラフィックス

2D描画を行なうプログラミングの場合は、CPU内蔵のグラフィックスで十分に動作します。

メモリ

プログラミングやデータ集計を行なう場合は、メモリ不足がパフォーマンスに影響を与えるため、8GB以上のメモリ搭載がおすすめです。またプログラミングで仮想環境の構築を行う場合は、更にメモリ容量が必要となるため、16GB以上のメモリ搭載がおすすめです。

ストレージ(SSD・HDD)

プログラミングでは、ストレージ速度を要求される場面が少ないためHDDの搭載で十分に動作します。パソコンの起動や統合開発環境の起動を少しでも短縮し快適度を向上したい場合は、高速なSSDの搭載がおすすめです。

その他のプログラミングが行なえるノートパソコンはこちら
  • 最高環境!
  • コスパ重視!
  • 価格を抑えて
あなたはどれにするメシ?
プログラミングが行なえるデスクトップパソコンを選ぶならこちら
コスパを重視してプログラミングが行なえるおすすめ | デスクトップパソコン
参考になったメシか?
はい いいえ