3D CADモデリング・3Dプリントデータ作成に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

3Dプリントデータ作成に最適

Autodesk Fusion 360を使用した、3Dプリンタ向けの3Dデータ作成を快適に行なえるメシ。
以下のおすすめのスペックをご確認いただき、
あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

Autodesk Fusion 360を使用した3Dデータ作成は、Core i5やRyzen 5以上のCPUがおすすめとなります。Fusion 360はクラウド上でレンダリング処理ができますが、ローカル環境でシミュレーションやレンダリング処理を行う場合や本格的な制作環境を求める場合、Core i7やRyzen 7以上のCPUを搭載することで効率化が見込めます。

グラフィックス

Autodesk Fusion 360の利用においてどちらかといえば、グラフィックスのチップグレードよりもグラフィックスのメモリ容量の方がパフォーマンスに影響します。簡単なモデリングを行う場合は4GBのビデオメモリを持つ、GeForce GTX 1650 SUPERで十分な性能を発揮します。より多くの部品数を扱う場合は更にグラフィックスメモリが必要となるため、6GB以上のビデオメモリを持つGeForce GTX 1660 SUPERやGeForce RTX 3060 Ti以上のグラフィックスがおすすめです。

メモリ

Autodesk Fusion 360では、メインメモリにデータを展開するようになっていますので8GB以上、モデリングの規模によって16GB以上の搭載がおすすめです。大きなデータを扱う制作では、メモリを増やすことでパフォーマンスの低下を防ぐことができます。スカルプティングやレンダリング、シミュレーションを行う場合32GB以上など、さらに必要になりますので、用途に合わせて容量を選択してください。

ストレージ(SSD・HDD)

Autodesk Fusion 360では、3Dデータを展開する際にメインメモリにデータを展開し、メインメモリから溢れた分はストレージに格納されます。ストレージを高速なSSDにすることによって、データ処理の高速化につながります。※Fusion 360は、制作データをクラウド保存できますが、この場合はストレージ性能ではなく、ネットワーク速度が大きく影響します。

参考になったメシか?
はい いいえ