3D CADモデリング・3Dプリントデータ作成に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

3Dプリントデータ作成に最適

Autodesk Fusion 360を使用した、3Dプリンタ向けの3Dデータ作成を快適に行なえるメシ。以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

Autodesk Fusion 360はCore i3のCPUでも動作します。これは3D CADデータの編集時にあまりCPUを使用しないためです。また、CPUを使用するレンダリング処理は、Fusion 360の場合はクラウド上で処理することができます。ローカル環境でシミュレーションやレンダリングを行なう場合はCPU性能が必要になりますので、Core i5以上のCPUをご選択ください。

グラフィックス

Autodesk Fusion 360での利用において、グラフィックスのチップグレードより、グラフィックスのメモリ容量がパフォーマンスに大きく影響します。入門向けには2GB以上のグラフィックスメモリが必須となるため、GeForce GTX 1650のグラフィックスの搭載がおすすめです。より綿密な制作を行なう場合は更にグラフィックスメモリが必要となるため、GeForce GTX 1660以上のグラフィックスがおすすめです。

メモリ

Autodesk Fusion 360で、適切なメモリ容量は作業内容により変化し、入門向けの制作であれば8GB程度でも動作します。Fusion 360においてのメモリは、グラフィックスに搭載するメモリで溢れたデータを格納する際に使用されます。大きなデータを扱う制作では、両方のメモリを使用する機会が多いため、16GB以上のメモリを搭載することでメモリ不足によるパフォーマンス低下を防ぐのに役立ちます。

ストレージ(SSD・HDD)

Autodesk Fusion 360でのストレージ速度はHDDでも十分動作します。Fusion 360やパソコンの立ち上げを速くしたい方や快適度を優先したい方には高速なSSDがおすすめとなります。

参考になったメシか?
はい いいえ