DAW・DTM 音楽制作・編集に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

思い通りの音を奏でよう

DAW・DTMによる音楽制作・編集で多くの音源データを使用しエフェクト処理を行なうような作業でも快適に動作するメシ。以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

DAW・DTMによる音楽制作にはCore i5以上のCPU搭載がおすすめです。音源やプラグインを複数立ち上げた場合や高サンプリング・ビットレート環境、バッファサイズを小さく設定した際に、CPU性能不足による音飛びやノイズの発生を予防し安定して作業をすることができます。

グラフィックス

DAW・DTMによる音楽制作ではCPU内蔵のグラフィックスだけでも十分動作します。

メモリ

音源の種類や同時に立ち上げる数によって要求されるメモリ容量が変わります。バンド編成やクラブサウンドといった楽曲の制作では8G程度でも動作しますが、オーケストラなどの大容量音源を複数同時に使用し制作をする場合は、更にメモリ容量が必要となり16GB以上の搭載がおすすめとなります。

ストレージ(SSD・HDD)

DAW・DTMにおいてのストレージは、データを読書きする際の静音性に加えて、DAW・DTMの立ち上げ時や音源、プラグインの読み込み時間を短縮できるSSDの搭載がおすすめです。また使用の音源によってはデータ容量が膨大となるため、音源に合わせてストレージのアップグレードや増設をおすすめします。

参考になったメシか?
はい いいえ