4K動画編集に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

4K動画をリアルタイムで編集!

高い動作スペックが必要とされる4K動画編集をリアルタイムで行なえる強力なスペックを持ち、プロユースでも活躍できるメシ。以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

4K動画編集を行なうには、高いCPUの動作クロック数とコア数を持つインテル Core XシリーズのCPUが必要となります。CPUの動作クロックの高さはリアルタイムに編集をする際に必要となります。CPUのコア数が多いことで、マルチコアの並列処理時のパフォーマンスに影響しエンコード時間の短縮に繋がります。

グラフィックス

4K動画編集を行なうには、GeForce RTX 2060以上のグラフィックス搭載がおすすめとなります。より性能が高いグラフィックスを搭載することで、エンコード処理時やリアルタイム編集時のプレビュー表示を快適に行なえ、作業時間の短縮に繋がります。

メモリ

Edius ProやAdobe Premiere Proなどで4K動画編集を行なう場合は、メモリ容量は16GB程度でも動作します。エンコード処理や編集処理においてメモリの帯域が影響するため、2枚一組のデュアルチャンネルや4枚一組のクアッドチャンネルに対応する組み合わせがおすすめです。また、PhotoshopやAfter Effectsなどのソフトウェアを併用する場合やCG合成、シミュレーションなどを行なう場合は、作業内容に合わせてメモリ容量の追加がおすすめです。

ストレージ(SSD・HDD)

4K動画編集では、素材データの読み込みやデータ編集時、エンコード時にリアルタイムでストレージを参照します。大量のデータを演算処理するため、データ読み書きが高速なSSDが必要となります。また素材データ自体が高解像である場合や高フレームレートの場合はストレージ容量も必要となります。大容量のSSDや作業用のセカンドストレーシ用のSSD搭載がおすすめです。

I/Oカード

放送向けHDR「HLG方式」を取り扱いたい場合は、専用のI/Oカードの搭載が必要となります。I/Oカードを搭載することで、HLG方式の映像をリアルタイムプレビューが可能となります。

参考になったメシか?
はい いいえ