RAW現像・写真編集に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

イメージ通りのレタッチを実現

高解像度の写真データやRAW現像で撮影された画像のプレビューやホワイトバランス・コンストラストの調整をサクサク快適におこなえるメシ!以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

RAW現像・写真編集を行なうにはCPUの動作クロックの高さとコア数の多さが有効となり、Core i5以上のCPUがおすすめとなります。動作クロックが高いほど等倍表示のプレビューやカタログへの読み込みが高速になり、時間短縮に繋がります。コア数の多さはRAW現像処理において有効に働くため処理の高速化に役立ちます。

グラフィックス

RAW現像・写真編集ではCPU内蔵のグラフィックス性能でも動作します。画像の回転処理やエフェクト処理など、一部の処理ではグラフィックスを搭載することで快適になり、画面表示をスムーズに行えます。この場合の必要なグラフィックス性能はGeForce GTX 1650などで十分となります。

メモリ

Adobe Lightroomでのメモリ容量は8GBでも動作します。同時に使用する機会の多いPhotoShopなどのソフトウェアを使用する場合や多くのデータを扱う際に余裕を持たせたい方は、16GB以上の搭載がおすすめです。

ストレージ(SSD・HDD)

RAW現像・写真編集でのストレージ(SSD・HDD)は、HDDでも動作します。カタログファイルを保存する場所や元データの保存場所をSSDにすることで、カタログファイルへの読込時間がより短くなりスムーズな制作に繋がります。また、多くのデータを扱うことが多いため、あらかじめ大容量のストレージやセカンドストレージを用意することがおすすめです。

参考になったメシか?
はい いいえ