マンガ・イラスト制作に最適なスペックのおすすめパソコン

めしやま

創造を形にできる充実スペック

マンガやイラスト制作で人気のCLIP STUDIO PAINTがサクサク動作し、思う存分にデジタル制作に取り組むことができるメシ。以下のおすすめのスペックをご確認いただき、あなたにピッタリなパソコンを見つけてほしいメシ!

めしやま
パソコン納得アドバイザーめしやま
おすすめのスペックはこちら

CPU

CLIP STUDIO PAINTでの動作は、エントリークラスのCPUでも動作しますが、レイヤー数や書き込みの多い素材データの読書き、操作画面上でのペンの追従性はCPU性能が高いほど速くなります。ミドルクラス以上のCPUを搭載することでスペックにゆとりができ、操作がよりスムーズになり時間短縮が行なえます。

グラフィックス

2Dイラストやアニメーション作成であればCPUの内蔵グラフィックスで十分に動作します。3Dモデルの作成や3Dオブジェクなどを編集する場合は、グラフィックス性能が必要となるため、カスタマイズ画面よりグラフィックスをご選択ください。

メモリ

CLIP STUDIO PAINTでの動作は、8GB程度のメモリ容量でも動作します。プロの制作現場など、多数のファイルや多くのレイヤーを含むファイルを同時に開く場合は、16GB以上の搭載でメモリ不足を防ぐことができ、快適性を維持できます。

ストレージ(SSD・HDD)

CLIP STUDIO PAINTでの制作において、素材データの読込みにストレージ性能が大きく影響するため、高速なSSDの搭載がおすすめです。操作中のデータや使用頻度の高いデータはSSDに保存し、使用頻度の低いデータやバックアップデータは大容量のHDDを用意し保存する使い分けがおすすめです。

参考になったメシか?
はい いいえ