Windows 7 セレクタブルOS

Windows 7 セレクタブルOSについて

Windows 7 セレクタブルOSとは?

パソコンをご購入後に、「32bit版OSを選んだが使いたいアプリケーションが64bit版専用だった」、「64bitOSにしたら今まで使っていた32bit版対応周辺機器が動かなくなった」といった、64bit版と32bit版に関する制限事項に当てはまるケースがあります。

このような時、パソコン工房の「セレクタブルOS」対応パソコンなら、Windows 7 インストールディスク(DVD)に64bit版と32bit版が同時収録されているため、用途や環境に応じて64bitと32bit、2つのOSを切り替える事ができ安心です。
※DSP版の Windows 7/Windows 8/Windows 8.1搭載モデルは対象外となります。

ご購入時に64bit版OSがインストールされている新しいパソコンで、32bit版OSのみ対応したアプリケーションソフトや周辺機器を使用したい場合、Windows 7 インストールディスク(DVD)を使用して再インストール時に「32bit」を選択する事で、 32bit版OSへ切り替えて使う事ができます。もちろん、いつでも再インストールを行う事により、32bitから64bitへ戻す事も可能です。

使いたい環境に合わせてWindows 7の64bit版と32bit版を変更できる、これが「Windows 7 セレクタブルOS」対応パソコンの最大のメリットです。

64bit OSを使用するメリット

64bit OSについて

4GBを超えるメモリが使えて、より高いパフォーマンスへ!

・4GBを超える大容量メモリを活用できる。
・高速な64bitアプリケーションが使用可能。
・32bit版に比べ、セキュリティが強化。
※64bit版OSでは動作が保証されていないソフトや、64bit版OS用のドライバーが提供されていない周辺機器の使用には、32bit版OSが必要です。

32bit OSを使用するメリット

32bit OSについて

従来主流だった32bit用の対応ソフトや周辺機器が豊富に使える!

・従来のソフト、ハードウェアとの高い互換性があり、移行が比較的簡単に行える。
・対応アプリケーションや周辺機器が非常に豊富なので、環境構築が容易です。

※32bit版OSでは、4GB以上のメモリをフルに認識する事ができず、3GB弱となります。(環境によって変動)
※すべてのソフトウェア・周辺機器の動作を保証するものではありません。

切り替え方法は?

64bit、32bitの切替は簡単!

データのバックアップを取ってから、再インストールするだけ!

「Windows 7 セレクタブルOS」対応PCには、64bit版と32bis版を同時収録したOSメディアが付属しているので、ご利用頂く環境(ソフトウェア、周辺機器など)に応じて新規インストールします。
※注意点としてOSを64bitから32bit、または32bitから64bitへ切り替える場合、ハードディスク内のデータは全て消去されます。そのため、OSの切り替えを実行する際は、必ず事前にデータのバックアップを行って下さい。

OSの再インストール・再設定、複数台の入替でお困りの際は

お困りの際はご相談下さい。

お近くの店舗・法人営業部にご相談下さい

OS再インストールや環境再設定の手間を省きたい、複数台の入替が必要だが手が足りない、など、お困りの場合はお近くの店舗、法人営業部にご相談下さい。 お客様独自の環境を新しいPCに設定して納品する、「キッティングサービス」など、お客様のお悩みを解決する各種メニューをご案内いたします。

全国の法人営業所一覧はこちら
全国の店舗情報はこちら

ご注意事項

・弊社出荷時の64bit版OSから32bit版OSへを変更した場合の動作保証はございません。
・ビット数を変更することにより、システムが認識するメモリ容量、アプリケーション・周辺機器などの動作状況が変わる場合がございます。
・64bit版OS、32bit版OSの同時使用、およびデュアルブート(パソコン起動時に、立ち上げるOSを選択できるインストール方法)は行えません。どちらか片方のみでのご利用となります。
・64bit版OS、32bit版OSの入れ替えは、全て新規インストールとなります。OSの切り替えを実行する際は必ず事前にデータのバックアップを行って下さい。

国内最大級のパソコンショップ「パソコン工房」にお任せください。3年保証も選択可能、安心してご購入いただけます。

表示件数
並び替え
表示形式
    検索結果は 0 件です。