AMD Ryzen プロセッサー | 価格・性能・比較

AMD Ryzen 9 3950X登場

AMD Ryzen 9 3950X登場

第3世代Ryzenで追加されたRyzen 9シリーズに、更なるハイエンドモデルとしてAMD Ryzen™ 9 3950Xが追加されました。Ryzen 9 3950XはRyzen 7シリーズから倍増の16コア/32スレッドと、デスクトップ向けCPUとしては最大のコア数/スレッド数となっています。Ryzen 9シリーズは同価格帯の競合製品とほぼ同等のゲーム性能を実現しつつ、コア数/スレッド数の多さを活かして、クリエイター向けアプリケーションでは30%近く性能が向上しています。

Ryzen 9 3950XにはCPUクーラーが付属しませんので注意して下さい。TDPは105Wとなっていますが、最大限のパフォーマンスを発揮させるために水冷クーラーの使用が推奨されています。

第3世代AMD Ryzenプロセッサー「Ryzen 3000シリーズ」について

AMDより「Zen2」アーキテクチャを採用し、7nm製造プロセスで作られたRyzen 3000シリーズが登場しました。最初にRyzenが登場してから2回目の製品一新となり、「Zen2」アーキテクチャと製造プロセスの改善によりCPUのクロックあたりの処理能力(IPC)が最大15%も向上し、シングルスレッド、マルチスレッド共に強力な処理能力を獲得しました。
さらにPCI-Express Gen.4に対応し、X570チップセットと組み合わせることで、より高速なM.2 NVMe SSDや、グラフィックスカードを搭載することができます。 また、第3世代AMD Ryzenプロセッサーからは新たに、「Ryzen 9 シリーズ」が追加され、ハイエンドデスクトップ向けのRyzen Threadripperシリーズに匹敵するコア数/スレッド数となっています。

第3世代AMD Ryzenプロセッサー搭載BTOパソコン ラインナップ

第3世代AMD Ryzenプロセッサー パーツ・周辺機器 ラインナップ

第3世代AMD Ryzenプロセッサー のおすすめポイント

新しいZEN2コア搭載

最新の分岐予測技術技術「TAGE」搭載の「Zen2」アーキテクチャを採用

第3世代AMD Ryzenプロセッサー「Ryzen 3000シリーズ」には、第2世代までの「Zen」アーキテクチャを進化させた、新しい「Zen2」アーキテクチャが採用されました。「Zen2」アーキテクチャでは浮動小数点演算機能の大幅強化、倍増されたL3キャッシュ、最新の分岐予測技術「TAGE」による分岐予測精度の向上など、より効率的な処理が行われ、クロックあたりの処理性能(IPC)が最大15%向上、ゲーミング性能が最大21%向上するなど、ゲーミング性能やクリエイティブ作業効率が大幅に向上しました。

※Ryzen APUシリーズ(Ryzen 5 3400G/Ryzen 3 3200G)はZENコア搭載。

CPUで世界初の7nm製造プロセスの採用と、PCI Express Gen4をサポート

CPUで世界初の7nm製造プロセスの採用と、PCI Express Gen4をサポート

第3世代AMD Ryzenプロセッサー「Ryzen 3000シリーズ」は7nm製造プロセスルールで製造されており、第2世代に比べて動作クロックを引き上げられました。Zen2アーキテクチャによる演算性能の強化と7nmプロセスによる動作クロック向上の相乗効果によりCPUの処理性能が大幅に強化され、シングルスレッド性能が最大で15%向上しました。また、電力効率も大幅に向上しており、Zenアーキテクチャと同等の性能を半分の消費電力で、同等の消費電力なら25%の性能向上を実現しました。

AMD X570チップセットと組み合わせる事で、PCI Express 3.0の2倍の帯域を持つPCI Express 4.0 デバイスを使用する事が出来ます。今後登場してくるPCI Express 4.0対応のグラフィックスカードやM.2 NVMe SSDなどの高速・高性能なデバイスの性能を余すところなく引き出す事が出来ます。

※Ryzen APUシリーズ(Ryzen 5 3400G・Ryzen 3 3200G)は12nmプロセス採用、PCI Express 3.0対応です。

最上位モデルにRyzen 9 が追加

最上位モデルにRyzen 9 が追加

最上位モデルとしてRyzen 9 シリーズが追加されました。Ryzen 9シリーズはコア数/スレッド数がRyzen 7シリーズから増加されており、ハイエンドデスクトップ向けのRyzen Threadripperを除いて初めて10コア以上のCPUがRyzenに登場しました。Ryzen 9 シリーズは同価格帯の競合製品とほぼ同等のゲーム性能を実現しつつ、コア数/スレッド数の多さを活かして、クリエイター向けアプリケーションでは30%近く性能が向上しています。

第3世代AMD Ryzenプロセッサー 機能比較表

Ryzen 3000シリーズは内蔵GPUをもたないRyzen 9、Ryzen 7、Ryzen 5と、内蔵GPUをもつRyzen 5、Ryzen 3がラインナップされます。内蔵GPUを持つRyzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gは「Zen」アーキテクチャです。

Ryzen 9
3950X
Ryzen 9
3900X
Ryzen 7
3800X
Ryzen 7
3700X
Ryzen 5
3600X
Ryzen 5
3600
Ryzen 5
3500
Ryzen 5
3400G
Ryzen 3
3200G
アーキテクチャ Zen2 Zen+
製造プロセス 7nm 12nm
コア/スレッド 16/32 12/24 8/16 8/16 6/12 6/12 6/6 4/8 4/4
動作クロック 3.5GHz 3.8GHz 3.9GHz 3.6GHz 3.8GHz 3.6GHz 3.6GHz 3.7GHz 3.6GHz
TurboCore 4.7GHz 4.6GHz 4.5GHz 4.4GHz 4.4GHz 4.2GHz 4.1GHz 4.2GHz 4.0GHz
キャッシュ(L3) 64MB 64MB 32MB 32MB 32MB 32MB 16MB 4MB 4MB
PCI-Express Gen 4.0 3.0
レーン数 16 8
メモリ 対応メモリ DDR4-3200 / 2933 / 2667 / 2400 / 2133 DDR4-2933 / 2667 / 2400 / 2133
最大容量 128GB※1
TDP 105W 65W 95W 65W
GPU 搭載なし Radeon™ RX Vega 11 Graphics Radeon™ Vega 8 Graphics
64bitコード AMD 64
SIMD命令 SSE SSE4.1/4.2
AVX AVX2(256bit) AVX2(128bit)
仮想化 AMD-V
セキュリティ機能 NX ビット
AES
対応ソケット AM4
対応チップセット AMD X570・X470・B450・X370・B350 ※2 AMD X570・X470・B450・X370・B350・A320

※1.X570チップセット搭載時の最大容量です
※2.各マザーボードごとの対応BIOSが必要です。

AMD Ryzen シリーズ チップセット

第1世代Ryzenから続くSocket AM4プラットフォームを継続して使用しています。最新のX570チップセットだけでなく、AMD 400シリーズ(X470・B450)やAMD 300シリーズ(X370・B350)でも、対応BIOSが提供されていれば搭載可能となっています。そのため、以前に購入した第1世代Ryzenや第2世代Ryzen搭載のパソコンから、CPUだけを購入して第3世代Ryzenにアップグレードする事が出来ます。

チップセット AMD 500シリーズ AMD 400 シリーズ AMD 300 シリーズ
X570 X470 B450 X370 B350
ソケット AM4
PCI Express レーンの最大数 16 8 6 8 6
PCI-Express 4.0 2.0
USB3.1ポートの最大数 8 2 2 2 2
USB2.0の最大数 4 6 6 6 6
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 12 6 4 6 4
RAID構成 0/1/10
SLI対応 × ×
CrossFireX対応
オーバークロック対応

各CPU世代とチップセットの対応表

X570 X470 B450 X370 B350 A320
第3世代Ryzen CPU
(Ryzen 9 3900Xなど)
〇※2 〇※2
第2世代Ryzen CPU
(Ryzen 7 2700Xなど)
第1世代Ryzen CPU
(Ryzen 7 1800Xなど)
第2世代Ryzen APU
(Ryzen 5 3400Gなど)
第1世代Ryzen APU
(Ryzen 5 2400Gなど)
〇※2

※2.各マザーボードごとの対応BIOSが必要です。

第3世代AMD Ryzenプロセッサー 関連情報

AMD Ryzenシリーズ ベンチマーク

「PassMark」での比較

PassMark
AMD Ryzen 9 3950X(16コア/32スレッド)
32345
AMD Ryzen 9 3900X(12コア/24スレッド)
31523
AMD Ryzen 7 3800X(8コア/16スレッド)
23953
AMD Ryzen 7 3700X(8コア/16スレッド)
23240
AMD Ryzen 5 3600X(6コア/12スレッド)
20464
AMD Ryzen 5 3600(6コア/12スレッド)
20016
AMD Ryzen 5 3500(6コア/6スレッド)
15074

第2世代AMD Ryzenプロセッサー 搭載BTOパソコン・パーツ・周辺機器 ラインナップ

第2世代 AMD Ryzen 関連情報

AMDシリーズ情報