AMD RYZEN プロセッサー | 価格・性能・比較

RYZENプレミアムフェスタ

ただいま開催中の『RYZENプレミアムフェスタ』では、当社指定の「Ryzen Threadripper」「Ryzen 7」「Ryzen 5」搭載のBTOパソコンと自作PC向けパーツセットを対象に特価セールを実施中です。最大10,000円OFFと大変お得に「Ryzen」が手に入るキャンペーンですのでぜひお見逃しなく!

セール対象の Ryzenプロセッサー一覧

Ryzen Threadripper シリーズ Ryzen 7 シリーズ Ryzen 5 シリーズ
Ryzen Threadripper 1920X
Ryzen Threadripper 1950X
Ryzen 7 1700
Ryzen 7 1700X
Ryzen 7 1800X
Ryzen 5 1400
Ryzen 5 1600

※本キャンペーンは2017年12月29日(金) 16:00までとなります。
※商品によっては早期終了する場合がございます。

セール対象ラインナップ

セール対象BTOパソコンラインナップ

この冬を楽しめるBTOパソコンをラインナップしました。3DCGや4K編集を快適に動作するクリエイターパソコン。 最新eスポーツゲームもバッチリこなすゲーミングパソコン。もちろん、コストパフォーマンス重視のパソコンも準備しています。ぜひラインナップをご確認ください!

セール対象パーツセットラインナップ

これから自作PCを始めたい方から、パソコンに詳しい方まで満足いただける豊富なラインナップを取り揃えました。キャンペーンを利用してワンランク上のプロセッサーへのアップグレードもしやすい、お得なキャンペーンですのでぜひお見逃しなく!

AMDファン注目!オリジナルグッズをプレゼント!

パソコン工房では、「Ryzen」シリーズを対象にプレゼントキャンペーンを開催中です!

Ryzenガールズ X'masトートバッグプレゼント!

2017年12月5日18:00より、Ryzenシリーズ搭載PCをご購入いただきましたお客様、先着200名様に「Ryzenガールズ X'masトートバッグ」をプレゼント!

プレゼントは先着順となり、無くなり次第終了とさせていただきます。

2017-12-05

Ryzenシリーズ搭載BTOパソコン ラインナップ

Ryzen & Radeon RX 動作確認済みゲームリストを公開中!

e-Sports大会でお馴染みのFPSタイトル「Rainbow Six Siege」や日本人プロゲーマー選手が多い「ストリート ファイター V」、人気のオンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV」など、多くのゲームタイトルで「Ryzen」での動作確認がされています。この秋ゲーミングパソコンで、思いっきりゲームを楽しみたい方は、ぜひこちらも合わせてご確認ください!

Ryzen & Radeon RX 動作確認済みゲームタイトル一覧

Ryzen 関連情報

「ZEN」アーキテクチャとは

AMD Ryzen 5で採用される「ZEN(ゼン)」アーキテクチャは、前世代の「Excavator」(エクスカベータ)アーキテクチャに対し、クロックあたりの命令実行数で40%の性能の引き上げを目標とし設計を行われましたが、最終的に「Excavator」アーキテクチャに比べ「ZEN」アーキテクチャは52%となる高性能・高効率を実現しました。

『Socket AM4』

AMD Socket AM4

Socket AM4は、AMDの新規のCPUソケットで、今後のAMDのプロセッサーは、GPU統合プロセッサーから、マルチコアのハイエンドプロセッサーまで全てがこのSocket AM4ひとつに統合されます。

※ 従来のSocket AM3+やSocket FM2+とは互換性がありません。また、CPUクーラーは、Socket AM4に対応した製品が必要になりますのでご注意ください。

Ryzen ベンチマーク

Ryzen の性能について、ベンチマークデータで比較しました。

「3D Mark Fire Strike」での比較

「3D Mark Fire Strike」のPhysics Scoreで計測を行いました。CPUに物理演算をさせてその処理速度を数値化したもので、CGレンダリングや動画のエンコードと同じくCPUのコア数の多さが有利に働くテストとなります。

3D Mark Fire Strike / Physics
AMD Ryzen Threadripper 1950X(16コア/32スレッド)
25707
AMD Ryzen Threadripper 1920X(12コア/24スレッド)
23431
AMD Ryzen 7 1800X(8コア/16スレッド)
19009
AMD Ryzen 7 1700X(8コア/16スレッド)
17481
AMD Ryzen 7 1700(8コア/16スレッド)
16465
AMD Ryzen 5 1600X(6コア/12スレッド)
16185
AMD Ryzen 5 1600(6コア/12スレッド)
15726
AMD Ryzen 5 1500X(4コア/8スレッド)
11775
AMD Ryzen 5 1400(4コア/8スレッド)
10778
AMD Ryzen 3 1300X(4コア/4スレッド)
8098
AMD Ryzen 3 1200(4コア/4スレッド)
6894
Intel Core™ i7-6900K(8コア/16スレッド)
19989
Intel Core™ i7-7700K(4コア/8スレッド)
14324
Intel Core™ i5-7600K(4コア/4スレッド)
9214
Intel Core™ i5-7500(4コア/4スレッド)
7870

順当にモデルナンバーが高いほど、スコアが高くなっています。コア数/スレッド数が同じため、動作クロックが素直に反映されたものと言えます。
またCore i7-7700Kとの比較でも、15%~30%ほど高くなっており、Ryzen 7 の演算能力の高さが確認できます。

「CINEBENCH R15」での比較

CINEBENCH R15でのCPUの演算性能を見てみましょう。(AMD社 提供資料)
CINEBENCH R15で実行するレンダリング処理はマルチスレッド化が進んでおり、マルチスレッド性能に優れたCPUほど高いスコアとなります。

CINEBENCH R15/CPU
Ryzen Threadripper 1950X(16コア/32スレッド)
3018
Ryzen Threadripper 1920X(12コア/24スレッド)
2390
AMD Ryzen 7 1800X(8コア/16スレッド)
1603
AMD Ryzen 7 1700X(8コア/16スレッド)
1535
AMD Ryzen 7 1700(8コア/16スレッド)
1414
AMD Ryzen 5 1600X(6コア/12スレッド)
1234
AMD Ryzen 5 1600(6コア/12スレッド)
1136
AMD Ryzen 5 1500X(4コア/8スレッド)
813
AMD Ryzen 5 1400(4コア/8スレッド)
697
AMD Ryzen 3 1300X(4コア/4スレッド)
545
AMD Ryzen 3 1200(4コア/4スレッド)
470
Intel Core™ i7-6900K(8コア/16スレッド)
1560
Intel Core™ i7-7700K(4コア/8スレッド)
1101
Intel Core™ i5-7600K(4コア/4スレッド)
702
Intel Core™ i5-7500(4コア/4スレッド)
612

マルチスレッド性能を測るCPUスコアでは Ryzen 7 が一段違う性能を見せており、マルチスレッド性能に最適化されている事がうかがえます。
またシングルスレッド性能を測るSingle Coreスコアでも、Ryzen 7 1800XがCore i7-6900Kと同等のスコアを記録しており、シングルコア性能でも底上げされている事が伺えます。

ベンチマークについて詳しい情報はこちら(パソコン実験工房)

Ryzen 機能比較表

Ryzen Threadripper

  Ryzen Threadripper
1950X
Ryzen Threadripper
1920X
Ryzen Threadripper
1900X
コードネーム Threadripper
コア / スレッド 16/32 12/24 8/16
動作クロック 3.4GHz-4.0GHz 3.5GHz-4.0GHz 3.8GHz-4.0GHz
PCI-Express 3.0
対応メモリー DDR4-2667 / 2400 / 2133
TDP 180W
ソケット TR4
チップセット X399

Ryzen 7

Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700X Ryzen 7 1700
コードネーム Summit Ridge
コア/スレッド 8/16
動作クロック 3.8GHz-4.0GHz 3.4GHz-3.8GHz 3.0GHz-3.7GHz
PCI-Express 3.0
対応メモリー DDR4-2667 / 2400 / 2133
TDP 95W 65W
対応ソケット AM4
対応チップセット AMD300シリーズ

Ryzen 5

Ryzen 5 1600X Ryzen 5 1600 Ryzen 5 1500X Ryzen 5 1400
コードネーム Summit Ridge
コア/スレッド 6/12 4/8
動作クロック 3.6GHz-4.0GHz 3.2GHz-3.6GHz 3.5GHz-3.7GHz 3.2GHz-3.4GHz
PCI-Express 3.0
対応メモリー DDR4-2667 / 2400 / 2133
TDP 95W 65W 65W 65W
対応ソケット AM4
対応チップセット AMD300シリーズ

Ryzen 3

Ryzen 3 1300X Ryzen 3 1200
コードネーム Summit Ridge
コア/スレッド 4/4
動作クロック 3.1GHz-3.5GHz 3.4GHz-3.7GHz
PCI-Express 3.0
対応メモリー DDR4-2667 / 2400 / 2133
TDP 65W
対応ソケット AM4
対応チップセット AMD300シリーズ

Ryzen の特徴・機能・比較について詳しい情報はこちら(実験工房資料室)

Ryzen 対応チップセット

チップセットシリーズ AMD 300シリーズ チップセット
X399 X370 B350 B320
ソケット TR4 AM4
対応CPU Ryzen Threadripper AMD Ryzenシリーズ / 第7世代APU Aシリーズ
PCI Express レーンの最大数 8 6 4
PCI-Express 2.0
USB3.1ポートの最大数 2 2 2 1
USB3.0ポートの最大数 5 6 2 2
USB2.0の最大数 6 6 6 6
SATA Expressポートの最大数   2 2 2
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 8 4 2 2
RAID構成 0/1/10
CFX/SLI対応 ×
オーバークロック対応 ×

Ryzen プロセッサーに対応したチップセットとして、X370/B350/A320 がリリースされます。
ソケットにはAM4を採用となり、AMD Ryzenシリーズだけでなく第7世代APU「Bristol Ridge」A9000シリーズもサポートする共通のチップセットとなります。
※実際の対応状況はマザーボードメーカーの仕様によります。

Ryzen チップセットについて詳しい情報はこちら(実験工房資料室)