1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコン

1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコンについて

1kgを切る軽さと19mm*という薄さに、最新の第10世代Core プロセッサーを搭載、マルチタスクも快適にこなせる高い処理能力を実現します。デイリーユースはもちろんオフィスワークにも最適です。
さらに180度開閉可能なスリムベゼルデザインの14インチフルHD液晶パネルを採用、豊富な入出力端子を備え、さらに最新のWi-Fi規格(Wi-Fi6)やUSB PD(PowerDelivery)による充電に対応するノートパソコンです。

※ゴム足部分を含む

1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコンCPU/GPUベンチマーク

Passmark CPUMark


低消費電力版の第10世代Coreプロセッサーを搭載。 最大動作クロックが向上しメモリもDDR4-2666に高速化されるなど、パフォーマンスが向上しました。全コア動作時の動作クロックは前世代のCPUと同等となるため、全コアの動作で比べるベンチマーク等ではパフォーマンスはほぼ同等の性能を発揮します。

    
CPU CPU Score
第10世代 Core i7-10510U
近日発売予定
10380
第8世代 Core i7-8565U
9762
第8世代 Core i5-8265U
9163
第10世代 Core i5-10210U
8851
第8世代 Core i3-8145U
6099
第10世代 Core i3-10110U
近日発売予定
6055

※第8世代 インテル Core プロセッサー(14型 スリムコンパクトノートパソコン)と第10世代 インテル Core プロセッサー(1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコン)との比較
※ スコアは自社測定による参考値です。カスタマイズ内容、使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動します。

3D Mark FireStrike Graphics

Intel UHD Graphicsは、第10世代CoreプロセッサーのCPUコアのワットパフォーマンスの改善やメモリ動作クロックの向上により、GPUの最大性能で動作する時間が伸びた結果、相対的にパフォーマンスの向上となりました。動画視聴など普段使いにおいては十分なグラフィック性能です。

    
GPU GPU Score
Intel UHD Graphics (第10世代Core i7-10510U)
1356
Intel UHD Graphics 620 (第8世代 Core i7-8565U)
1196

※第8世代 インテル Core プロセッサー(14型 スリムコンパクトノートパソコン)と第10世代 インテル Core プロセッサー(1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコン)との比較
※ スコアは自社測定による参考値です。カスタマイズ内容、使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動します。

1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコン ラインナップ

1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコンおすすめポイント

1kgを切る軽量ノート

1kgを切る軽量ノート

マグネシウムとアルミニウムの合金をボディに採用、強靭性と軽量性を同時に実現しました。1Kgを切る軽さと19mm*という薄さを実現しています。

※ゴム足部分を含む

スタミナバッテリー搭載

スタミナバッテリー搭載

最大9時間動作可能なスタミナバッテリーを搭載。急速充電に対応しており、30分の充電でバッテリー残量を0%から50%へ、最大で5時間使用できるようになります。また、USB PD(PowerDelivery)対応のUSB3.1Type-Cコネクタを搭載しているので、ACアダプターがなくてもバッテリーを充電できます。

スリムベゼルデザインの14型液晶パネル

180度開閉可能なスリムベゼルデザインの14型液晶パネル

ベゼル幅5.7mmのスリムベゼル14型液晶パネルを採用、従来の14型液晶パネル搭載機よりも横幅と奥行きのサイズが8mmほどコンパクトになりました(※1)。液晶パネルは180度開閉可能で、フルフラットな状態にして使用することもできます。映り込みが少なく視野角の広いノングレアWVAパネルなので、フルフラット状態でも快適に液晶画面を視認する事ができます。

14型スリムコンパクトノートパソコン14FH055シリーズとの比較(14FH056(1kg以下):幅321mm×奥行き216.5mm、14FH055:幅330mm×奥行き226mm)

第10世代インテルCoreプロセッサー搭載

第10世代インテルCoreプロセッサー搭載

低消費電力版の第10世代Coreプロセッサーを搭載。 最大動作クロックの向上や、対応メモリがDDR4-2400からDDR4-2666に高速化されるなど、全体的にパフォーマンスが向上しました。消費電力とパフォーマンスを高いレベルでバランスしており、オフィスユースやデイリーユースに最適なマルチタスク性能を提供します。

最新のWi-Fi6に対応

最新のWi-Fi6に対応

最新のWi-Fi規格であるWi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応。従前のWi-Fi5(IEEE802.11ac)に比べて、最大で1.4倍(※)の高速通信が可能となります。また、通信の遅延を低減させる技術により、複数台からの同時接続による通信効率を大幅に向上させています。

※理論上の最大通信速度(Wi-Fi6:9.6Gbps、Wi-Fi5:6.93Gbps)による比較です。

MIL-STD-810G準拠の厳しい基準をクリアした堅牢性

MIL-STD-810G

米国国防総省調達基準「MIL-STD-810G」(MIL規格:ミルスタンダード)が定めた厳しい基準試験を通過したモデルは、過酷な環境でも動作する信頼性と品質を実証しています。
長くお使い頂ける事はパソコンを選ぶ上でも重要な要素です。特に日頃から持ち運ぶノートPCには多様なシーンで故障せずに動作する堅牢性が求められます。 屋内での使用はもちろん、屋外に持ち出した際に想定される持ち運び時の衝撃や、乗り物の振動、真夏の車内などのさまざまな状況にも耐えうる堅牢性で、ビジネスからホームユースまで安心してお使い頂けます。

  テスト項目 テスト内容
1 塩水噴霧テスト
Salt Fog
塩水噴霧環境と常温を想定した環境での乾燥を繰り返すテストで、船上や海辺を想定しています。
2 粉塵テスト
Sund and Dust
粉塵を散布するテストで、浜辺や工作機器などが設置された屋内などを想定しています。
3 高地(低圧)テスト
Low Presuer
高度約4500m相当まで減圧、 一定時間維持の後に高度約2500m相当にまで加圧し高い場所を想定しています。
4 衝撃テスト
Shock
梱包状態で一定の高さから多方向へ落下させ、輸送中の落下を想定しています。
3軸各方向に合計16回衝撃を加え、日常のぶつけるような衝撃を想定しています。
5 温度差テスト
Temperature Shock
繰り返し低温環境と高温環境間を移動させることで、屋内から屋外などの温度差を想定しています。
6 湿度テスト
Humidity
高温多湿の環境に何日も置くテストで、梅雨時期などの屋内などを想定しています。
7 振動テスト
Vibration
ランダムな振動を与えるテストで、持ち歩いた時やちょっとした衝撃などを想定しています。
8 低温テスト
Low Temperature
冷凍環境に置くテストで、北国や冬の車内や屋内などを想定しています。
9 高温テスト
High Temperature
高い温度に晒すテストで、南国や夏の車内や屋内などを想定しています。
10 輸送振動テスト
Mechanical Vibration of Shipboard and Equipment
一定の振動を与え続けるテストで、車や飛行機、船内などの細かく揺れ続ける環境を想定しています。

※テストはMIL規格に基づき第三者機関が厳格な管理の下、実施いたしておりますが、当社が実際に同様の条件での動作や非破壊、非故障を保証するものではございません。故障、破損に関しましては当社の保証規定に準拠いたします。

おすすめノートパソコン特集

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。