第9世代インテル® Core™ プロセッサー | 価格・性能・比較

最大8コア/16スレッドに到達。第9世代インテル Core プロセッサー 登場

第9世代インテル Core プロセッサーについて

第9世代インテル Coreプロセッサーは、マルチタスク処理が重要となるトレンドに合わせて作られた新プロセッサーです。メインストリーム向けとして初の最大8コア/16スレッド、動作クロック5.0GHzとなるインテル Core i9-9900Kをはじめ、Core i7-9700K、Core i5-9600Kの3モデルが登場し、内蔵グラフィックスを搭載しない型番末尾に「F」がつくCore i5-9400Fもラインナップに追加となっています。前世代から大幅な強化がなされ、DirectX 12に対応するゲームプレイやプレイ動画の配信、VRコンテンツの動作時において、より快適な動作が可能となります。

パソコン工房では、第9世代インテル Core プロセッサー搭載BTOパソコンや単品パーツ・パーツセットを販売中です。

※本ページに掲載されている画像、写真は全てイメージとなります。

第9世代インテル Core プロセッサー ベンチマーク情報

「PassMark」での比較

PassMark / CPU Mark
Core i9-9900K (8コア/16スレッド)
20746
Core i7-9700K (8コア/8スレッド)
18201
Core i7-8700K (6コア/12スレッド)
16294
Core i5-9600K (6コア/6スレッド)
14444
Core i5-8600K (6コア/6スレッド)
13372
Core i5-9400F (6コア/6スレッド)
12823

「3D Mark Fire Strike Physics Score」での比較

3D Mark Fire Strike / Physics
Core i9-9900K (8コア/16スレッド)
23726
Core i7-9700K (8コア/8スレッド)
18329
Core i7-8700K (6コア/12スレッド)
19258
Core i5-9600K (6コア/6スレッド)
13841
Core i5-8600K (6コア/6スレッド)
13200
Core i5-9400F (6コア/6スレッド)
12676

※パソコン工房独自の測定による

第9世代インテル Core プロセッサー スペック早見表

第9世代インテル Core プロセッサーは、Core i5以上の「K」シリーズプロセッサーにおいて、コアとヒートスプレッダ間の熱伝導素材をソルダリング(STIM)へと変更することで冷却力を高め、TDPは据え置きのまま、コア数や動作クロックの向上と、より高いオーバークロック対応を可能にしました。また、型番末尾に「F」がつく「内蔵グラフィックスを搭載しない」モデルもラインナップに追加となり、ゲームプレイやクリエイターの作品制作など、幅広い分野での活躍が見込まれます。

  第9世代
インテル Core i9-9900K
プロセッサー
第9世代
インテル Core i7-9700K
プロセッサー
第8世代
インテル Core i7-8700K
プロセッサー
コア / スレッド数 8 / 16 8 / 8 6 / 12
キャッシュ 16MB 12MB 12MB
動作クロック 3.6GHz 3.6GHz 3.7GHz
ブーストクロック 5.0GHz 4.9GHz 4.7GHz
メモリチャンネル数 2 2 2
メモリ対応 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666
TDP 95W 95W 95W
内蔵グラフィックス インテル UHD Graphics 630 インテル UHD Graphics 630 インテル UHD Graphics 630
  第9世代
インテル Core i5-9600K
プロセッサー
第9世代
インテル Core i5-9400F
プロセッサー
第8世代
インテル Core i5-8600K
プロセッサー
コア / スレッド数 6 / 6 6 / 6 6 / 6
キャッシュ 9MB 9MB 9MB
動作クロック 3.7GHz 2.9GHz 3.6GHz
ブーストクロック 4.6GHz 4.1GHz 4.3GHz
メモリチャンネル数 2 2 2
メモリ対応 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666
TDP 95W 65W 95W
内蔵グラフィックス インテル UHD Graphics 630 なし インテル UHD Graphics 630

※オーバークロックにつきまして弊社サポート対象外となります。故障及び損傷が生じた際、保証対象外となりますのでご注意ください

第9世代インテル Core プロセッサー 対応チップセット

第9世代インテル Core プロセッサーは、第8世代から引き続きLGA1151ソケットに対応し、インテル300シリーズチップセットが対応となります。

また、第9世代インテル Core プロセッサーの発売に合わせて、インテルZ390チップセットが登場しました。最大10Gbpsのデータ転送が可能なUSB 3.1 Gen2をチップセットレベルでサポートしており、高速デバイスへの接続が容易に行なえます。

チップセットシリーズ
チップセット Z390 Z370 H370 B360 H310
ソケット LGA 1151 LGA 1151 LGA 1151 LGA 1151 LGA 1151
PCI Express レーンの最大数 24 24 20 12 6
USB3.1ポートの最大数 6 0 4 4 0
USB3.0ポートの最大数 10 10 8 6 4
USB2.0の最大数 14 14 14 12 10
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数 6 6 6 6 4
PCI-Express 3.0 3.0 3.0 3.0 2.0
サポートされるプロセッサー PCI Express ポートの構成 1x16, 2x8, 1x8+2x4 1x16, 2x8, 1x8+2x4 1x16 1x16 1x16
オーバークロック対応 × × ×
インテルOptane™テクノロジー ×

※第9世代インテル Coreプロセッサーの対応につきましてはBIOSのアップデートが必要になる場合がありますので、マザーボードメーカーの対応表をご確認ください。
※型番末尾に「F」が付くCPUは内蔵グラフィックスが非搭載となりますので別途グラフィックスカードが必要です。マザーボードについている映像出力端子からは映像が出ません。

第9世代インテル Core プロセッサー 関連情報

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。