GeForce GTX 1080 | NVIDIA Pascal 価格・性能・比較

NVIDIA GeFroce GTX 1080 「Pascal」

NVIDIAより、新GPU「Pascal(パスカル)」ことGeForce GTX 1080がついに登場! 刷新されたアーキテクチャ、より高速なビデオメモリ「GDDR5X」、さらに向上したワットパフォーマンスなど、「Maxwell」世代のGTX 980/ 980 Tiと比べ、1.4~1.5倍のパフォーマンスアップを実現したモンスター級のグラフィックカードが誕生しました。
DirectX 12への最適化をはじめとし、大幅な性能向上、VRへの対応などから、Windows 10と組み合わせることで最大限のパフォーマンスを発揮できるグラフィックカードです。他にも様々な箇所での改善が図られ、4Kゲーミングでの環境はもちろん、VR環境でも滑らかな描画を実現します。
※本ページに掲載されている画像、写真は全てイメージとなります。

ベンチマーク

3DMark (2013年版)

GPU(CPU) VRAM Fire Strike (Graphics)
NVIDIA Geforce GTX 1080 Single Link SLI(Core i7-6700K) 8GB GDDR5X
41980
NVIDIA Geforce GTX 1080 (Core i7-6700K) 8GB GDDR5X
22161
NVIDIA GeForce GTX 980 Ti (Core i7-6700K) 6GB
18342
NVIDIA GeForce GTX 980 (Core i7-6700K) 4GB
13268

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(Direct X 11/最高画質/フルスクリーン/1920×1080)

GPU(CPU) VRAM 最大消費電力 平均fps SCORE
NVIDIA Geforce GTX 1080 Single Link SLI(Core i7-6700K) 8GB GDDR5X 466W 205.103
23809
NVIDIA Geforce GTX 1080 (Core i7-6700K) 8GB GDDR5X 274W 151.476
19664

Pascalでゲームが変わる! VRが変わる

Pascalでゲームが変わる! VRが変わる

NVIDIA の新しいフラッグシップとなるGeForce GTX 1080は、Pascalアーキテクチャを採用し、空前のパフォーマンス・電力効率・ゲーム体験を実現する事を目的に幾多の改良が施されています。今後発売される複雑かつ高度な描画能力を要求される3Dゲームを高速・快適にプレイするため、必要不可欠となるグラフィックカードです。単にゲームをプレイするだけではなく、ゲーム配信やVRなど、これまでにない要素を取り入れる事で、これまでにないユーザーエクスペリエンスを約束します。

  GeForce GTX 980 Ti GeForce GTX TITAN X GeForce GTX 980 GeForce GTX 1080
アーキテクチャ Maxwell(GM200) Maxwell(GM200) Maxwell(GM204) Pascal(GP104-400)
製造プロセス 28nm 28nm 28nm 16nm
GPU ベースクロック 1,000MHz 1,000MHz 1,126MHz 1,607MHz
GPU ブーストクロック 1,075MHz 1,075MHz 1,216MHz 1,733MHz
CUDAコア数 2,816基 3,072基 2,048基 2,560基
テクスチャユニット 176基 192基 128基 160基
メモリ容量 6GB GDDR5 12GB GDDR5 4GB GDDR5 8GB GDDR5X
メモリクロック 7.0GHz 7.0GHz 7.0GHz 10.0GHz
メモリインターフェイス 384bit 384bit 256bit 256bit
ROPユニット 96基 96基 64基 64基
単精度浮動小数点演算性能 5.63TFLOPS 6.14TFLOPS 4.61TFLOPS 9TFLOPS
TDP 250W 250W 165W 180W

VR READYビデオカード

一般的なパソコンゲームにおける解像度とフレームレートが、1920x1080/30fps(毎秒約 6,000万画素)であるのに対して、より高精細で滑らかな動きが重要となるHMDでのVRでは、3024x1680/90fps(毎秒約4億5,000 万画素)以上が推奨されるなど、一般的なパソコンゲームをはるかに上回る描画性能が要求されます。
これに対して、ビデオカードメーカー各社は、VRに適したビデオカードやシステムに対して、『VR READY』のロゴを付ける取組みを開始しています。この指標によって、ユーザーが迷うことなくVRに最適な製品を選択できるようになりました。

※パソコン工房は、iiyama-PC の LEVEL∞シリーズで、NVIDIA の『GeForce GTX VR READY』パートナープログラムへ公式に参加しています。

新アーキテクチャ「Pascal」

前世代となる「Maxwell」アーキテクチャから製造プロセスが28nm→16nmへとシュリンクされ、チップサイズを大型化することなく総トランジスタ数を約52億個→約72億個へと増やすことに成功。これにより高クロックで動作することが可能となり、公表されているブーストクロックは「Maxwell」世代のGeforceGTX 980/980Tiと比べ1.4~1.5倍に達しており、これによりチップの演算能力(単精度浮動小数点演算性能)は4.61/5.63 TFLOPS→9 TFLOPSとほぼ倍増の性能を実現しています。

また、DirectX 12への対応もより深まり、演算性能の向上と相まってゲームクオリティの向上が図れます。これほどに高い演算能力を持ちながらもチップの消費電力は低く抑えられており、消費電力は180Wに留まっています。GTX980比で約10%増にとどまり、GTX980Ti比では約-30%と大幅な低減となっており、補助電源も8ピン×1で済むことから旧製品からアップグレードされたい方の敷居も低く抑えられています。

これらのアーキテクチャ刷新により、従来よりも2倍近いパフォーマンスを発揮しながらも、省電力にも貢献するという進化を遂げています。

Pascalの性能をフルに発揮する新しいグラフィックメモリ「GDDR5X」

「Pascal」アーキテクチャの高速演算性能を犠牲にしないために、「Maxwell」世代よりも高速なグラフィックメモリとして新たに策定された「GDDR5X」規格メモリをいち早く採用しました。従来の「GDDR5」メモリと比べ約2倍の転送速度を持つことでグラフィックメモリがボトルネックになることを防いでいます。

Pascalアーキテクチャが実現するリアリティの追求

Pascalアーキテクチャが実現するのはゲームのパフォーマンス向上だけではありません。 マルチディスプレイにおける画面歪みの補正「Simultaneous Multi-Projection(SMPP)」や、「VRWorks AUDIO」により実現するより実世界に近い音響効果(壁や物体に反射して耳に届くまで遅延が発生する、等)により、ゲームやVR環境でより没入感を体感できるソリューションとなっています。

Pascalより、さらに拡張されたインターフェイス

GeforceGTX1080のモニタ出力端子は旧来と変更はなく、DVI-D×1 / HDMI×1 / DisplayPort×3 の構成となっています。
しかしながら、3DやVRコンテンツのデータ量増加を見据え、HDMI端子はHDMI2.0bに、DisplayPort端子はDisplayPort1.4に対応させています。

・HDMI2.0b : 4K 60Hzの伝送に対応。HDRフォーマットの伝送に対応
・DisplayPort1.4 : 4K 120Hz並びに8K 60Hzの伝送に対応。

よりなめらかな描画を実現するため、データ転送の幅を広げ、膨大なデータも遅延のない転送の実現を図っています。

文字通り、モンスター級のグラフィックカードとなる「Geforce GTX 1080」を、パソコン工房ではパーツ単体での取り扱いする他、動作検証を経たBTOパソコンとして販売いたします。最新テクノロジーを身にまとった「GeForce GTX 1080」を是非体験してみてください。

© 2016 NVIDIA Corporation.All rights reserved.NVIDIA、NVIDIA ロゴ、GeForce GTX ロゴ、GeForce、NVIDIA Pascal、NVIDIA GameWorks、NVIDIA VRWorks は、NVIDIA Corporation の米国およびその他の国における登録商標および/または商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標である可能性があります。

表示件数
並び替え
表示形式
    検索結果は 0 件です。