CGWORLDコラボ|3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン

3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン デザインビジュアライゼーション向けパソコン

広告・製造業向けのデザインビジュアライゼーションにおいて、3DCADデータの取り込みから編集、レンダリングまでのフォトリアルな3DCG制作のワークフローにて使用される「3ds Max」や「HDR Light Studio」「Rhinoceros」などの編集ツール、「V-ray」などのレンダリングツールが快適に動作する環境を追求すべく、CG・映像専門メディア「CGWORLD」とグラフィックボードメーカーで名高い「ELSA」、そしてクリエイター向けPC「SENSE∞ by iiyama」がタッグを結成!これからモデリング&ライティングを学ぶ学生から、プロフェッショナル向けまで、さまざまなラインナップのコラボモデルが登場!あなたのCG・MOVIE GARAGEの可能性を∞(無限大)に広げよう!

デザインビジュアライゼーション向けパソコン
CGWORLDコラボ|3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン

ELSA製 GeForce・Quadroグラフィックボード搭載 / 最新インテル製CPU搭載 / 大容量メモリ搭載 / Windows 10搭載

3ds Max・V-ray3Substance Painter・MARI・Photoshop
CGWORLD

CG制作、動画編集は特にPCのスペックが要求される分野です。しかし、どのパーツをどのグレードまで引き上げるべきなのかわかりづらいのが実情ではないでしょうか。そんな中で、徹底的なパフォーマンス検証を行った上で、必要十分なスペックを見極め、予算の中で組み上げようとするパソコン工房さんの姿勢は頼りになります!今後の様々なアプリケーションを用いた検証に期待です。
CG・映像の専門情報サイト CGWORLD.jp

株式会社パーチ 長尾健作氏監修
3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン

3DCGフォトグラファーとして活躍される長尾健作氏に監修いただき、 3DCADデータの取り込みから編集、レンダリングまでのワークフローにて使用される「3ds Max」や「HDR Light Studio」「Rhinoceros」などの編集ツールや「V-ray」などのレンダリングツールが快適に動作するようスペックを調整しました。

作業効率と堅牢性を重視し2基の「インテル Xeon Gold 6146 プロセッサー」や「Quadro」、「ECC対応メモリ」、高耐久「Optane SSD」を搭載し400万ポリゴン以上のCADデータも扱えるプロモデル。作業効率を重視しつつもコストを抑えた「インテル Core X プロセッサー」、「ELSA GeForce」、高耐久「Optane SSD」を搭載するアドバンスモデル。コストパフォーマンスを重視し、編集作業に特化した「インテル Core i7プロセッサー」、「ELSA GeForce」を搭載するスタンダードモデル。長尾氏のワークフローに合わせ、外出先でデモや作業をするなど場所を選ばない持ち運びを重視した「Quadro P4000」を搭載した15.6型ノートパソコンをラインナップしました。

スタンダードモデルA、スタンダードモデルB、アドバンスモデル

※3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコンは、最新のプラットホームに合わせスペックを随時更新していきます。

    SENSE-R03A-LCi7K-RNS-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:631176

    [CG・MOVIE GARAGE]3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン・スタンダードモデル

    iiyama

    Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
    Core i7-8700K
    インテル Z370 Express [ASUS PRIME Z370-A]
    16GB(8GB×2)
    480GB Serial-ATA SSD
    光学ドライブ非搭載
    GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 [ELSA S.A.C]
    ミドルタワー / ATX
    500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

    通常価格

    174,980円(税別) ~
    SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:631163

    [CG・MOVIE GARAGE]3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン・ノートモデル

    iiyama

    Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
    Core i7-7700HQ
    モバイル インテル HM175
    32GB(16GB×2)
    480GB Serial-ATA SSD
    光学ドライブ非搭載
    Quadro P4000 8GB GDDR5
    15.6型(非光沢カラー液晶)
    フルHD(1920×1080ドット)

    通常価格

    296,980円(税別) ~
    SENSE-R42A-LCi9SX-RNKI-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:631165

    [CG・MOVIE GARAGE]3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン・アドバンスモデル

    iiyama

    Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
    Core i9-7960X
    インテル X299 Express [ASUS X299-A]
    32GB(8GB×4)
    480GB [インテル Optane SSD 900P] NVMe対応 PCI Express3.0x4 SSD
    光学ドライブ非搭載
    GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 [ELSA S.A.C]
    ミドルタワー / ATX
    850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

    通常価格

    449,980円(税別) ~
    SENSE-RLXN-XeG6-QVKI-CMG [CG MOVIE GARAGE]
    商品ID:631293

    [CG・MOVIE GARAGE]3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコン・プロモデル

    iiyama

    Windows 10 Pro 64ビット [DSP版]
    Xeon Gold 6146 ×2
    インテル C621 [SUPERMICRO X11DAi-N]
    96GB(8GB×12)
    480GB [インテル Optane SSD 900P] NVMe対応 PCI Express3.0x4 SSD
    光学ドライブ非搭載
    Quadro P4000 8GB GDDR5
    ワークステーション / E-ATX
    850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

    通常価格

    1,423,980円(税別) ~

3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコンのスペックポイント

「3ds Max」や「HDR Light Studio」「Rhinoceros」などの編集ツールや「V-ray」などのレンダリングツールでの様々なシチュエーションを想定し、パソコンに搭載するパーツを厳選いたしました。
今回搭載するパーツについて、まとめておりますのでぜひご確認ください!

プロセッサー

クリエイター作業で優れた処理能力を発揮するインテル製プロセッサーを搭載

長尾健作氏のワークフローにおいてリアルタイムレンダリングを活用するため、CPUのコア数を重視し、すべてのモデルでCore i7以上のプロセッサーを搭載しました。V-Rayによるレンダリングでは速度が最も重視され、プロセッサーのコア数が多いほど作業が快適になります。また、3DCG編集作業を実施する場合は、プロセッサーの動作クロックが高いほど快適になり、制作用途に合わせてプロセッサーを選択することでパフォーマンスの向上に繋がります。

グラフィックボード

多数のポリゴンを含んだ3DCADデータの作成に最適なELSA製グラフィックボード

数万ポリゴンに及ぶデータを読み込み編集を行うにあたり、パフォーマンスに拘りながら「安定性」や「信頼性」を重視する場合、Quadroグラフィックスボードの搭載がおすすめです。また「3ds Max」における編集においてパフォーマンスを重視する場合はGeForceブラフィックスボードの搭載がおすすめであり、導入コストを抑えることができます。

3DCAD/3ds Max対応 デザインビジュアライゼーション向けパソコンでは、全数検査よる品質と長期保証による高い信頼性を備えた「ELSA」製グラフィックボードを採用しています。

メモリ

大容量メモリ搭載

作業難度に合わせたメモリ容量を搭載することで編集中の動作速度の低下を防ぎ、安定かつ軽快に創作活動に取り組むことができます。3ds Maxだけでなく、様々なソフトウェアを同時に扱う場合のメモリ容量は32GB以上あると安心です。さらに、4Kや8Kの高解像度テクスチャを扱う場合には、メモリ容量を64GB以上にカスタマイズすることをおすすめします。

SSD

高速SSD搭載であらゆる作業をスピードアップ

プロの現場で要求される高速性を重視し、データの読み書きが高速なSSDをメインドライブとして搭載しました。大容量の作品データはNASや外付けHDDで共有、管理することができるため、編集用パソコンでは作業時に必要なデータのみを高速に扱えるSSDが最適な選択となります。

さらにメンテナンスフリーや信頼性を重視する場合、インテル Optane SSD 900Pシリーズがおすすめです。3D Xpointテクノロジーを採用するOptane SSDは、一般的なNAND SSDと比べ6倍以上の書き込み耐久性と、10分の1以下のレイテンシーにより、高速かつ高耐久の編集作業に集中することができます。

INTERVIEW / 3DCGフォトグラファー 長尾健作×パソコン工房

長尾健作

広告・製造業向けデザインビジュアライゼーション 超効率・メンテナンスフリーの 制作体制を実現

3DCGフォトグラファー 長尾健作氏にインタビュー!

長尾健作さんのインタビューを見る

長尾健作
グラフィックデザイナー・レタッチャーを経てアマナに入社し、3DCG制作などの事業立ち上げを経てパーチを設立。広告業界・製造業界向けに3DCGによる新しい広告制作手法の導入サポートを行いつつ、自身も3DCGフォトグラファーとして活躍している。

株式会社パーチ

その他 CG・MOVIE GARAGEモデル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。