2020年1月度、iiyama PC「STYLE∞」シリーズよりのノートパソコン売れ筋ランキングやおすすめのノートパソコンをご紹介!

パソコンランキング最終更新日: 20191227

2020年1月 ノートパソコン おすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iiyama PC「STYLE∞」シリーズの12月の売上集計結果を元に、オールラウンドに活躍できる1月のおすすめノートパソコンをランキング形式でご紹介します。 これからノートパソコンのご購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

2020年1月 ノートパソコンおすすめランキング TOP5

ノートパソコン おすすめ第1位にはCore i7-9750Hとストレージに 250GB NVMe対応 M.2 SSDと1TB HDD、メモリ 16GBを搭載した17型ノートパソコンがランクイン!
モバイル向けの強力なCPUや余裕のあるメインメモリ構成により、複数のアプリケーションを起動していても作業を快適にこなせます。また大画面かつフルHD解像度であるため、インターネットや動画鑑賞、資料作成といった様々な用途での快適性が高く性能重視でノートパソコンをお探しの方におすすめです。

BTOカスタマイズでは、約60%の方がSSDの容量をアップグレードしており、アプリケーションや動画、写真等のデータを多く保存する予定のある方におすすめです。またMicrosoft Officeも人気方か高く約58%の方が追加でご選択いただいておりました。学業やビジネスなど使用機会が多いソフトでもありますので、使用の予定がある方はセットでの購入をおすすめします。

ノートパソコン おすすめ第2位にはデスクトップ向けCPUのCore i5-9400とストレージに240GB M.2 SSD、メモリ 8GBを搭載した15型ノートパソコンがランクイン!
ノートPCながらも強力なデスクトップ向けCPUが使用でき、動画編集や画像編集などCPUパワーが必要な作業に最適です。
デスクトップ向けPCの設置スペースに限りがある場合や持ち運びもできる環境を用意しておきたい方におすすめです。

BTOカスタマイズでは、こちらでもSSDの容量アップが人気となり、約48%の方に480GBのSSDをご選択いただいておりました。

ノートパソコン おすすめ第3位には、Core i7-9750Hとストレージに500GB NVMe対応 M.2 SSD、メモリ 16GB、GeForce MX250を搭載した15型ノートパソコンがランクイン!
第1位でご紹介のパソコンと同じハイパフォーマンスCPUと大容量のメモリに加えて、ライトな3Dゲームや3DCGに対応できるGeForce MX250を搭載しており、より幅広い用途に対応できます。

BTOカスタマイズでは約30%の方が追加ストレージとしてHDDの選択をなされていました。パソコン標準構成のSSDと追加のHDDを合わせることで、アプリケーションは高速なSSDで快適に立ち上げ、保存用データはHDDに保存するなど使い分けが可能となりおすすめです。

ノートパソコン おすすめ第4位には、Core i3-8100とストレージに240GB SSD、メモリ 4GBを搭載した15型ノートパソコンがランクイン!
デスクトップ向けのCPUを搭載しているため、同ランク帯のモバイルCPUより高い性能を発揮することができます。価格も据え置きのため、コストパフォーマンスを求める方におすすめのモデルとなっています。

BTOカスタマイズではMicrosoft Officeの選択が人気があり約45%の方が追加をなされていました。ビジネスや学校など幅広く使用されるソフトであるため、新たにパソコンを検討される際は合わせてご購入されることをおすすめします。

ノートパソコン おすすめ第5位には、Core i7-9750Hとストレージに500GB NVMe対応 M.2 SSD、メモリ 16GB、GeForce RTX 2060を搭載した15型ノートパソコンがランクイン!
普段使いで快適なのはもちろん、フルHDでの3Dゲームプレイや3DCGの制作などグラフィックスを利用するアプリケーションの多くに対応することができます。

こちらでもOfficeソフトの選択が人気となり約50%の方が追加の選択をなされていました。またHDDの追加も人気が高く、約48%の方がツインドライブ構成に変更をなされておりました。

【総評】強力なCPU構成のノートがランクイン

1月のランキングでは、モバイル向けCore i7、デスクトップCPUを搭載したノートパソコンなど幅広くランキングを占める結果となりました。
特にCore i5やCore i7を搭載したパソコンはスペックにも余裕があるため、長期的な利用を検討されている方におすすめです。
また今回ランクインのパソコンのメモリ容量はほとんどが8GBのもので、また4GBのモデルでも半数近くの方が8GBにアップグレードされる結果となりました。以前はCeleronやCore i3などのエントリー帯CPUの組み合わせとして、4GBのメモリを選ばれることが多くありましたが、8GBがスタンダードになりつつあるようです。メモリは多めに搭載することで、ブラウザ上で複数のタブ展開やインターネットをしながら音楽再生ソフトの同時使用なども余裕を持って行えるためおすすめです。
また、すべてのモデルで約40%~50%近くの方がMicrosoft Officeを選択されていました。Microsoft Officeを利用する予定のある方は、後から買うよりも断然お得ですので是非ご検討ください。

ぜひ今回の記事を参考に、ノートパソコンをご検討いただければと思います。

ライタープロフィール マーケ担当 1号

最近、歳を感じつつあるパソコン工房のゲーマースタッフ。
孤島に飛び立ってカツドンを食べるゲームやモンスターに狩られたりするのが日課。
使用するゲーミングPCは最強スペックではなく、最高のコスパ(?)を求めるタイプ。

記事を
シェア