GeForce RTX 2060の発売が開始されました!さらにGeForce RTX 20 シリーズに加え、GeForce GTX 10 シリーズとスペック比較を行ってみました。今後もベンチマークなど情報を更新していきます。

ITトレンド最終更新日: 20190131

GeForce RTX 2060 速攻ベンチマークレビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Turing」アーキテクチャのミドルレンジモデルGeForce RTX 2060が入手できましたのでベンチマークテストを試してみました。先に登場していたGeForce RTX 2070が1ランク上のGeForce GTX 1080をも凌駕する性能を示していただけに、GeForce RTX 2060でもGeForce GTX 1070に引けを取らない性能を示すことが期待されます。なお、今回入手できたカードは、ZOTAC製「GeForce RTX 2060 6GB GDDR6」となります。

GeForce RTX 2060 の特徴

GeForce RTX 2060は、上位モデルGeForce RTX 2070と同じGPUコアを採用しており、スペック的にはGeForce RTX 2070の6分の5となっています。機能面ではGeForce RTX 2070と同等となっており、ミドルレンジ向けながらも「リアルタイムレイトレーシング(Ray Tracing)」の処理を専門に行う「RTコア」と、「AI処理」による画質向上の効果をゲームに低負荷で適用することを可能にする「Tensorコア」を搭載しています。なお、GeForce RTX 2070とは異なり、VirtualLink対応のUSB Type-C出力端子は無くなっています。

VirtualLink対応のUSB Type-C出力端子が無くなっていますVirtualLink対応のUSB Type-C出力端子が無くなっています

その他のGeForce RTX 2060の特徴は、
■12nmプロセスの採用
■ビデオメモリにGDDR6を採用
■Display Port 1.4aのサポートにより8K出力がケーブル1本で可能
などが有ります。

電源コネクタは、8Pin のみとなっています電源コネクタは、8Pin のみとなっています

NV Link用のパターンは基板上に有るが、NV Linkコネクタは有りませんNV Link用のパターンは基板上に有るが、NV Linkコネクタは有りません

GeForce RTX 2060 スペック比較

GeForce RTX 2060スペックは下表のとおりとなります。

  GeForce RTX
2080 Ti
GeForce RTX
2080
GeForce RTX
2070
GeForce RTX
2060
GeForce GTX
1070
GeForce GTX
1060 6G
GeForce GTX
1060 3G
アーキテクチャ Turing Pascal
GPUコア TU102 TU104 TU106 TU106 GP104 GP106 GP106
製造プロセス 12nm 16nm
CUDAコア 4352基 2944基 2304基 1920基 1920基 1280基 1152基
RTコア 68基 46基 36基 30基
Tensorコア 544基 368基 288基 240基
定格クロック 1350MHz 1515MHz 1410MHz 1365MHz 1506MHz 1506MHz 1506MHz
ブーストクロック 1545MHz 1710MHz 1620MHz 1680MHz 1683MHz 1708MHz 1708MHz
レイトレーシング 10G Ray/s 8G Ray/s 6G Ray/s 5G Ray/s
メモリタイプ GDDR6 GDDR5
メモリ容量 11GB 8GB 8GB 6GB 8GB 6GB 3GB
メモリ転送レート 14Gbps 8.0Gbps
メモリバス幅 352bit 256bit 256bit 192bit 256bit 192bit 192bit
メモリバス帯域幅 616GB/s 448GB/s 448GB/s 336GB/s 256GB/s 192GB/s 192GB/s
NVLink ○(2リンク) ○(1リンク) ×
G-SYNC
TDP 250W 215W 185W 160W 150W 120W 120W
補助電源 8pin + 8pin 8pin + 6pin 8Pin 8Pin 8pin 6pin 6pin
推奨電源 650W 550W 500W 400W

GeForce RTX 20 シリーズ、GeForce GTX 10 シリーズスペック比較

それでは実際の性能はどれほどになるのか、ベンチマークを見ていきたいと思います。

GeForce RTX 2060 ベンチマークテスト

比較対象として、直接の後継となるGeForce GTX 1060 6GB と GeForce GTX 1070 を、またAMDのハイエンドモデルであるRadeon RX 590を用意しました。テスト解像度はフルHD(1920x1080)、WQHD(2560x1440)、4K(3840x2160) の解像度のいずれかにて行っています。

3D Mark「Fire Strike」

まずは、Direct X11 の代表的ベンチマークとして、3D Mark 「Fire Strike」 のGraphics Score を見てみましょう。テスト解像度は、WQHD のFire Strike Extremeと4KのFire Strike Ultraとなります。

3D Mark 「Fire Strike」3D Mark 「Fire Strike」

GeForce RTX 2060とGeForce GTX 1070が僅差で競り合い、一段落ちでRadeon RX 590続いています。GeForce RTX 2070 と比べると80%強のスコアと、CUDAコア数通りの性能となっています。

3D Mark「Time Spy」

次いで、Direct X12の代表的ベンチマークとして、3D Mark 「Time Spy」 のGraphics Score を見てみましょう。テスト解像度は、WQHDのTime Spyと4KのTime Spy Extremeとなります。

3D Mark「Time Spy」3D Mark「Time Spy」

Direct X12に対しては、Turingアーキテクチャの強みが表れている結果となっています。 Fire Strikeでは僅差だったGeForce RTX 2060とGeForce GTX 1070に25%以上のスコア差が表れ、GeForce RTX 2070 ・GeForce RTX 2060・GeForce GTX 1070が綺麗に階段状に並びました。対GeForce RTX 2070 では80%強のスコアと、Fire Strikeと同じ傾向となっています。

FINAL FANTASY XV

続いて、FINAL FANTASY XVです。テスト環境設定は高品質・フルスクリーンで、テスト解像度はフルHDと4Kになります。なお、比較の為、Turing特有の機能になるDLSSの設定は無効にしております。

FINAL FANTASY XVFINAL FANTASY XV

綺麗に階段状に並んでいます。3D Markと同様、GeForce RTX 2060 のスコアはGeForce RTX 2070の80%強となっています。GeForce GTX 1070 との比較では15%程度の差が付いており、3D Mark Time Spy と同じ傾向が見られます。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

最後に、ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーターです。テスト環境設定は最高品質・DirectX11・フルスクリーン、テスト解像度はWQHDと4Kとなります。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーターファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

FINAL FANTASY XVよりはややバラツキが有りますが、全体的には階段状に並んでいます。GeForce GTX 1070 との比較ではスコアの差がおよそ10%に縮まっていますが、GeForce RTX 2060が優位を保っています。

4KにおいてGeForce RTX 2060がGeForce GTX 1070よりスコアがわずかに高く出ていますが、今回測定したベンチマークの中では、比較的描画負荷の低いものとなり、VRAMの帯域差やクロックが高めで稼働するためと予想されます。

RTX2060は最新ゲームとリアルタムレイトレーシングを楽しめるグラフィックスカード

ミドルレンジ向けGeForce RTX 20シリーズ「GeForce RTX 2060」は、上位モデルであるGeForce RTX 2070の80%強の性能となっており、見事にCUDAコア数通りの結果となっています。一方、GeForce GTX 10 シリーズとの比較では、GeForce GTX 1070を上回る性能を示していますが、3D Mark Fire Strikeの様に僅差の事も有れば、3D Mark Time Spyの様に25%以上引き離す事も有るなど、それぞれに得手不得手が有るようです。

3D Mark Time SpyやFINAL FANTASY XVの様に、Direct X12に対応する比較的新しいタイトルではGeForce RTX 20シリーズに、3D Mark Fire StrikeやFINAL FANTASY XIVのようにやや古めのタイトルではGeForce GTX 10 シリーズ に分がある様に見受けられます。とはいえ、今後のドライバのアップデートにより差が広がる可能性もあります。

現時点では、GeForce RTX 2060の価格は5万円前後からとなっていて、ミドルレンジとしてはやや高価な印象を受けますが、性能的にはGeForce GTX 1070を上回っており価格相応とも言えます。

GeForce RTX 2060 はGeForce RTX 2070と同じGPUコアを採用しており、GeForce GTX 1060などの様にミドルレンジ向けに用意されたモデルと言うよりは、ハイエンドの中の末端モデルであり、リアルタムレイトレーシングを楽しめるエントリーモデルであるという見方の方が正しいのかも知れません。

今後、リアルタイムレイトレーシングやDLSSなどの新機能に対応したゲームタイトルがリリースされてくると、GeForce RTX 2060は美麗で快適なゲーミングに必須のアイテムとなっていくのだと思われます。

検証構成

CPU Core i9-9900K (3.6-5.0GHz/8コア・16スレッド/キャッシュ16MB/TDP95W)
マザーボード MSI Z390-S01 (Z390チップセット)
メインメモリ DDR4-2666 16GB (8GB x2)
ビデオカード GeForce RTX 2080 VENTUS 8G (ビデオメモリ 8GB)
GeForce RTX 2070 AERO 8G (ビデオメモリ 8GB)
GeForce RTX 2060 6GB DDR6 (ビデオメモリ 6GB)
GeForce GTX 1070 Founders Edition (ビデオメモリ 8GB)
GeForce GTX 1060 6G Founders Edition (ビデオメモリ 6GB)
Radeon RX 590 リファレンスカード (ビデオメモリ 8GB)
ストレージ WesternDigital  WDS500G2X0C (WD Black NVMe 500GB)
電源 Seasonic SSR-850FX (80PLUS Gold、850W)
OS Windows 10 Home 64bit (バージョン:1803)
ビデオドライバ GeForce Game Ready Driver 417.71
Radeon Software Adrenalin Edition Graphics Driver 18.11.1

検証構成

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ]編集部アイコン画像
ライタープロフィール パソコン工房NEXMAG [ネクスマグ] 編集部

パソコンでできるこんなことやあんなこと、便利な使い方など、様々なパソコン活用方法が「わかる!」「みつかる!」記事を書いています。

記事を
シェア