臨場感を増すウルトラワイドゲーミングモニターをご紹介

2016-10-21

皆様、こんにちは。

先日よりプレイ開始となった大人気FPSゲームの最新作『バトルフィールド 1』。
正式リリースは21日からとなりますが、先行志願者向けの「Deluxe Edition」と、
すべての特典が手に入る「Ultimate Edition」を購入した方達は既に戦場で熱き戦いを繰り広げています。

戦場で生き残るためには「広い視野」と「一瞬の相手の動き」を見逃さない事が大切です!

パソコン工房 秋葉原イイヤマストアでは、その環境を整える液晶モニターをご用意しております。

発売から大人気のウルトラワイドゲーミングモニター 『34UC79G-B』

01

LG 『34UC79G-B』 79,980円(税込)

先週発売されたばかりの144Hz駆動対応34型AH-IPSパネルを採用したアスペクト比21:9の曲面型ウルトラワイドゲーミングモニター。

16:9(1,920×1,080)のワイドモニターでは表示しきれなかった範囲を補える
21:9(2,560×1,080)のウルトラワイドモニターで没入感を高める曲面型、高視野角・高精細なIPSパネルを採用し、
映像の動きを細かく表示できる高リフレッシュレート144hz駆動に対応した世界初の商品。

その他の特長としては、激しい動きの場面で描画がずれてしまう「ティアリング」や描画の同期に遅延が発生し、
カクつきが生まれる「スタッタリング」を抑えるAMDのディスプレイ同期技術「FreeSync」にも対応。

また、LG独自のスケーラチップを経由せずに直接映像を表示して表示遅延を低減する技術「Dynamic Action Syncモード」も搭載。
さらに、フレーム間に黒を挿入して残像感を低減する新機能「1ms Motion Blur Reduction」も搭載と描画処理に関して至れり尽くせり。

ゲームを有利にする機能として、暗いシーンの暗部を持ち上げて視認性を高める「ブラックスタビライザー」や、
画面中央にクロスヘアを常時表示する「Closshair」も搭載し、ライバルに差をつけること間違い無し!

シネコンサイズの横長画面はちらつきを抑える「フリッカーセーフ」とブルーライトを抑える「ブルーライト低減モード」、
低解像度の映像を映像処理で高精細にして楽しめる「SUPER Resolutioon+」といった機能も備えているので
映像コンテンツを楽しむにも向いています。

ウルトラワイドの広大なデスクトップ領域を活用し、画面を最大4つに分割することができる
「Screen split」機能でマルチモニター的な利用も可能です。

店頭では他社のウルトラワイドモニターと並べて展示しておりますので、気になった方は是非その目で見比べてみてください!

ゲーミングノートの長時間プレイでも安心なノートブッククーラー 『SF-19 V2』

CoolerMaster 『SF-19 V2』 15,638円(税込)

こちらも先週発売した19インチまでのノートブックに対応した
大口径135mmファン2基搭載のゲーミングノートパソコンに最適なノートブッククーラー。

本体側面にファンコントロール及びLEDライティング用のコントローラを装備し、
ファン回転速度を用途に合わせて調整可能なほか、LEDライティングは7色のマルチカラーに対応、
気分に合わせてライティングが選べます。

本体は6段階で自由な角度調整が可能で、側面に4ポートのUSB 3.0ハブを装備。
ノートブックからのUSBバスパワーでの駆動にも対応しています。

天面には広い冷却面のメッシュパネルを備えており、高温化したノートブックに強力な風を吹き付けることで
高い冷却性能を発揮、135mmのファン2基は発熱源に合わせた位置調整が可能です。

本体の裏面カバーを開けることでファンの着脱が出来ます。

その他の周辺機器も数多く取り揃えておりますので、秋葉原にお越しの際は
パソコン工房 秋葉原イイヤマストアに是非お立ち寄り下さいませ!

iiyama PCブログ TOPへ戻る