FPSゲームにオススメな周辺機器をご紹介!

2016-9-7
どうも皆様、こんにちは!

先週、大人気マルチプレイFPSゲーム「Battlefield(バトルフィールド) 1」のオープンβテストが開始されましたね。

ナンバリングタイトルとしては2013年11月にリリースされた『Battlefield 4』以来となり、
新作を待たれていた方も多いのではないでしょうか。

Battlefieldといえば最大64人でのオンラインマルチプレイ対戦が魅力ですが、
大人数の戦場で生き残るのもプレイヤーの腕前が重要となります。

FPSゲームが苦手という方も扱う周辺機器を変えてみることで上達が見込めるはずです!
それではパソコン工房 秋葉原イイヤマストアより、これらをプレイするのにオススメしたい周辺機器をご紹介致します!

e-Sportsの競技用にも使えるハイエンドワイヤレスゲーミングマウス!

01

ロジクール 「G900 Chaos Spectrum」 18,798円(税込)

ゲーミングマウスといえば操作遅延を考慮し、有線でのプレイが基本とされてきましたが、
その概念を覆す性能を備えたのがこちらの「G900」です。

本機は無線マウスでありながらバッテリーパックを含む重量が107.5gと軽量で、
左右対称のデザインから利き手を選ばず使うことが可能です。

当然ながらスペックに関しても他の有線ゲーミングマウスを凌駕するほどのレスポンスを兼ね備えており、
サイドボタンのカスタマイズや有線としても利用出来ます。

テンキー、マクロキーを排除した小型メカニカルキーボード

03

Razer「BlackWidow X Tournament Edition Chroma」 19,224円(税込)

省スペースを追求したUS英語レイアウトのメカニカルキーボードで、限られたデスクスペースで利用するのに最適。

マウスを大きく動かし、特定のキー入力を行うオンラインゲームにも向いたコチラの商品は、
Razer Chroma機能を搭載し、約1,680万色をすべてのキーで個別に発色でき、好みの色デザインへのカスタマイズが可能です。

視野を広くするウルトラワイドディスプレイ

04

LG「29UM57-P」 26,800円(税込)

HDMI 2系統入力を搭載する、29型IPS液晶モニター。

一般的な24inクラスの液晶モニターでは画面比率が16:9で、解像度が1920×1080ですが、
こちらのウルトラワイド液晶モニターの場合、画面比率が21:9で、解像度が2560×1080となっており、
画面の視野が格段に広くオンラインゲームをプレイした時の臨場感と没入感が圧倒的に違います!
また、シネマスコープサイズの映像コンテンツも画面上下の黒帯がない状態で楽しむことが出来ます。


と、ここまではオススメの周辺機器をご紹介して参りましたが、
パソコン工房 秋葉原イイヤマストアではお得な現品限りのアウトレット商品もございますのでご紹介させていただきます!

お買い得な17インチ ゲーミングノートもあります!

05

iiyama「Lev-17FR079-i5-RE」 122,018円(税込)

OS Windows10、CPUにintel Core i5のマルチコア、メモリがデュアルチャンネルの8GB、HDD 500GBと
グラフィックスコアにGeForce GTX 960M を搭載した17インチゲーミングノート。
推奨スペックが極めて高くないゲームであればほとんどのタイトルが遊べ、
17.3型ワイド液晶ディスプレイの仕様からWeb閲覧、動画鑑賞にも向いてます。
現品限りの商品となりますので、お求めはお早めに!

11.6型小型ノートパソコンが展示処分特価!

06

iiyama「11P1220-C-IR」 34,980円(税込)

OSはWindows10、CPUはCeleronデュアルコアにメモリ2GB、HDD 500GBを搭載した11.6型ノートパソコン。
持ち運びに便利で、外出先でパソコンを必要とする際にも鞄からスッと取り出せて使うことが出来ます。

コチラの商品は展示品現品でのご案内となりますので、キズや汚れの確認など、お気軽にスタッフまでお声がけください。

パソコン工房 秋葉原イイヤマストアではこの他にもお買い得な商品をご用意しておりますので、
秋葉原にお越しの際は是非お立ち寄り下さい!

iiyama PCブログ TOPへ戻る