SandyBridge-E(第2世代インテルCoreプロセッサー)関連パーツ

SandyBridge-E, X79マザーボード販売開始!


■Intel CPUのラインナップ中、ハイエンドクラスに位置付けられるSandy Bridge-E
増強されたキャッシュメモリや拡張命令セット『Intel AVX』で、理論上は従来の命令セットと比較して最大2倍のパフォーマンスを発揮します。
また、Core i7ブランドで最高峰に位置する『Extreme Edition』をフォロー。
さらなる上位スペックを求める、ハイエンドユーザー向けのプロセッサーです。
■新プラットフォームとなるX79チップセット
Sandy Bridge-Eに対応したハイエンド向けプラットフォームとして刷新されるチップセット『インテル X79 Express』
前世代となるX58 Expressチップセットの後継モデルとなります。
SandyBridge-Eの対応に伴い、従来からのLGA1356/1155から『LGA2011』に刷新されました。
ピンの数が増大し、各命令系統の高効率化や高速化を図っています。
強化されたメモリ周り
メモリが従来のデュアル/トリプルチャンネルから「クアッドチャンネル」に対応。
メモリの大容量化が可能になった点に加え、4枚のメモリを同期させることで、これまで以上に効率良くメモリの性能を引き出し、
パフォーマンスの大幅向上に寄与します。

Core i7 3960X / Core i7 3930K SandyBridge-E Core i7プロセッサースペック比較

  i7-3960X i7-3930K i7-2700K i7-990X i7-870
製品名 i7-3960X i7-3930K i7-2700K i7-990X i7-870
アーキテクチャ SandyBridge-E SandyBridge Gulftown Lynnfield
プロセス 32nm 45nm
ソケット LGA2011 LGA1155 LGA1366 LGA1156
コア数/スレッド数 6/12 4/8 6/12 4/8
動作クロック 3.30GHz(TB3.9GHz) 3.20GHz(TB3.8GHz) 3.50GHz(TB3.9GHz) 3.46GHz 2.93GHz
キャッシュ L3:15MB L3:12MB L2:256KB x4 / L3:8MB L2:256KB x6 / L3:12MB L2:256KB x4 / L3:8MB
Intel HD Graphics - HD3000 -
TDP 130W 95W 130W 95W
対応チップセット Intel 7 シリーズ Intel 6 シリーズ Intel 5 シリーズ

※各プロセッサの仕様詳細は、2011年11月14日時点での情報となります。


SandyBridge-E関連パーツは下記をご確認下さい。
表示件数
並び替え
検索結果は 0 件です。
このページをシェアする