パソコン工房通販トップ > サポート・総合案内 > よくあるご質問 > メモリを選択する場合、8GB×1枚と4GB×2枚ではどういう違いがあるのですか?
件名

メモリを選択する場合、8GB×1枚と4GB×2枚ではどういう違いがあるのですか?

回答

選択するメモリが8GB×1枚と4GB×2枚では、メモリ容量は同じ8GBですが、メモリの枚数とメモリのチャンネル数が異なります。4GB×2枚は8GB×1枚と比べて、理論値として2倍のデータ転送が可能となり、一度により多くのデータ転送ができるので、ゲームプレイや高解像度データの加工など大量のデータを扱う方におすすめです。

詳しい理由については以下で説明します。

■メモリのチャンネル数について

まずメモリのチャンネル数には2つの種類があり、メモリ1枚で動作するシングルチャンネルと複数枚のメモリを組み合わせて動作させるマルチチャンネルがあります。

マルチチャンネルはメモリの組み合わせ枚数によりさらに種類が分かれ、メモリ2枚1組で動作するデュアルチャンネルや、3枚1組で動作するトリプルチャンネル、4枚1組で動作するクアッドチャンネルなどが存在します。※

つまり、今回のご質問の場合では8GB×1枚はシングルチャンネル、4GB×2枚はデュアルチャンネルということになります。

※マルチチャンネルへの対応はCPUとマザーボードの仕様により異なります


■メモリチャンネル数の違いによる影響について

次に、メモリチャンネル数の違いによる影響ですが、メモリチャンネル数が増えるほど大量のデータ転送が可能になります。この理由について、DDR4-2400 (PC4-19200)のメモリを1枚(シングルチャンネル)から2枚(デュアルチャンネル)に増やした場合として説明します。

DDR4-2400 (PC4-19200)のメモリ1枚(シングルチャンネル)でデータを転送する場合、メモリ規格上では1秒間に19200 MB(19.2 GB/s)のデータを転送することができます。このデータ転送量の多さを帯域幅と言い、この幅が広いほど大量のデータ転送ができる仕組みです。メモリ2枚(デュアルチャンネル)となった場合は、2倍の帯域幅を確保できるため1秒間に38400 MB/s(38.4GB/s)の転送が可能となります。

帯域幅については、車と車線数を例にするとイメージがしやすいです。下のイメージは、転送されるデータを車の交通量、帯域幅を車線数に例えています。一定の速度(仮に時速40km固定とします)の車を1車線で複数台走らせる場合と2車線で走らせる場合では、2車線の方が道幅に余裕ができるためより多くの車を通行させることができます。

しかし車が1台しか通行しない場合は当然、車線数の影響はなく、何車線であっても1台の車が40kmで通過するだけとなります。

パソコン上においてもデータのやり取りは同じとなり、チャンネル数(車線数)が増えて帯域幅が広くなるほどデータ転送量は向上し、大容量のデータを頻繁に扱う場面において、チャンネル数の多さによる恩恵が得られます。

一方でメモリ自体の速度(車で例えた時速40km)が向上するわけではありませんので、小容量のデータを扱うのが中心の場合には恩恵が少なくなります。


■メモリチャンネル数によるCPU内蔵グラフィックスの影響について

パソコン画面を映し出すために、CPU内蔵グラフィックスを使用する場合、マルチチャンネルを利用した方が映像性能は向上します。これはCPU内蔵グラフィックスがメモリと連動して処理を行なう際、データ転送を多く行うため、帯域幅の広いデュアルチャンネルが映像出力に対して有効に作用します。CPU内蔵グラフィックスでゲームや高解像度の動画再生などを楽しみたい方にはマルチチャンネルの選択がおすすめです。

■実際のメモリ選択として

性能面としてはチャンネル数が多い方がもちろん良いのですが、パソコンの空きスロット数には限りがありますので、ご自身の使用方法から後の増設要否も見越してのメモリ容量とメモリ本数選択をおすすめいたします。


■新たにパソコン購入を検討中の方はこちら

パソコン工房で販売している「iiyama PC」では、お客様の必要なパソコン性能に合わせて、自由にカスタマイズできるBTOパソコンを取り扱っています。

・BTOパソコンご紹介ページ
https://www.pc-koubou.jp/bto.php


■iiyama PCご購入時のメモリカスタマイズ方法について

iiyama PC でメモリのカスタマイズを希望される場合、以下を参考にご選択ください。


■iiyama PCのメモリ空きスロット数の確認方法について

iiyama PCのメモリ空きスロット数の確認方法については以下よりご覧ください。
例の赤枠内に記載されている「メモリ枚数(空きスロット)」より、メモリの最大搭載枚数が4枚であり、残り3枚搭載できることが確認できます。

■お手持ちのパソコン用にメモリ単品パーツをお探しの場合はこちら

パソコン工房では、デスクトップ用やノート用のメモリを豊富に取り扱っております。お手持ちのパソコンに合ったメモリをお探しの場合は、以下より商品をご覧ください。
※お手持ちのパソコンのメモリ構成を変更される場合、パソコンに付属している取り扱い説明書やメーカーサイトでメモリ空きスロット数とお客様での変更可否をご確認の上、実施ください。

・メモリ商品一覧ページ
https://www.pc-koubou.jp/category/040202.html


またパソコン工房では、パソコンパーツ同士の相性でうまく動作しなかった場合に、わずかな費用で交換・返品ができる「WEB安心交換保証」をご用意しております。一度開封し組込みをした後でも、買い直しができる大変お得なサービスですので、ぜひこちらもご検討ください。

・WEB安心交換保証について
https://www.pc-koubou.jp/shop_guide/warranty.php

参考になりましたか?