SSD

SSDとは

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDD(ハードディスクドライブ)に代わるフラッシュメモリを用いてデータの読み書きを行う記録媒体です。内部にモーターを搭載するHDDと違い物理的な動作を行う部分がなく構造がシンプルなため、HDDと比べて高い耐衝撃性・省電力・軽量などのメリットがあります。

高速な読み書きでイライラ知らず!

HDDより高速な読み書きを実現するSSDは、Windowsやアプリケーションの起動時間を大幅に短縮できます。使用環境にもよりますが、Windowsやアプリケーションの起動時間を1/3以下にすることも可能です。ストレージにマップなどのデータが格納されていることが多いオンラインゲームでは、マップの切り替わり時間の短縮にもなり、一緒にプレイしているプレイヤーを待たせることがありません。起動を待つイライラがないのでプレイに集中しやすくなるでしょう。

また、従来のSSDはHDDと同じS-ATAインターフェースの製品が主流でしたが、最近はより高速なM.2インターフェイス接続のSSDも普及しています。M.2の主な製品にはS-ATA接続とNVMe(Non-Volatile Memory Express)接続があり、S-ATA接続は2.5インチSSDと同じ速度ですが、NVMe接続なら最大13倍にもなり、Windows、アプリケーションの起動や大容量データの読み書きも快適です。

ストレージ Windows 10起動時間(秒)
HDD
50秒
SSD
15秒
SSD(M.2)
10秒

※パソコン工房独自のスコアであり動作を保証するものではありません。

オススメの容量は?

最新のWindows 10は、クリーンインストール後は概ね20~25GBほどの容量となりますが、Windows 10は今後もWindows Updateを経由して新しい機能の実装などが図られるため、システムファイルの容量は増えていきます。その他キャッシュや仮想メモリ、アップデート時のファイル保存用スペースも考えると、さらに多くの容量を確保しておく必要があるでしょう。
また、Officeやその他アプリケーションをインストールすると、5~15GBは必要となります(アプリケーションの種類と数によります)。

そして注目はゲーム容量です。人気オンラインゲームの「FINAL FANTASY XIV 漆黒の反逆者」や「PHANTASY STAR ONLINE 2 エピソード6」は60GB以上、アクションゲームの「DEATH STRANDING」は80GBが必要です。

Windows 10 Office 2019等のアプリ FINAL FANTASY XIV 漆黒の反逆者 DEATH STRANDING
20~25GB+α 5~15GB 60GB~ 80GB

この様に、OS+Office+ゲーム1~2本でもあっという間に100GB以上を使用してしまいます。
「これだけなら240GBあれば大丈夫」と思うかもしれませんが、このSSDをさらに使い続けることを忘れてはいけません。
使い続ける間に、Windowsのアップデート、新たなアプリやゲームのインストール、保存する画像や動画ファイルが加わると、使用量はどんどん膨れ上がります。

また、SSDは容量の大半を使ってしまいますと、作業中のデータを一時保存するキャッシュ機能が効きにくくなり、パソコンのパフォーマンスにも影響が出てきます。 パソコンの使用用途により必要な容量は変わりますが、ゆとりを持って使い続けるためには、480GB以上のSSDがお勧めです。

FINAL FANTASY XIV 漆黒の反逆者 空き容量:https://support.jp.square-enix.com/faqarticle.php?id=5381&la=0&kid=67441#
PHANTASY STAR ONLINE 2 エピソード6 空き容量:http://pso2.jp/players/support/faq/2/
DEATH STRANDING 空き容量:https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1258566.html

表示件数
並び替え

もっと見る